ノミノツヅリ  蚤の綴り
[中国名] 无心菜 wu xin cai
[英名] thymeleaf sandwort, thyme-leaved sandwort
[学名] Arenaria serpyllifolia L.
Arenaria serpyllifolia L. var.serpyllifolia
Arenaria serpyllifolia L. var. tenuior auct. non Mert. et W.D.J.Koch
ナデシコ科 Caryophyllaceae  ノミノツヅリ属
三河の植物観察
ノミノツヅリの花
ノミノツヅリの萼
ノミノツヅリの果実
ノミノツヅリの葉
ノミノツヅリの茎
ノミノツヅリ
ノミノツヅリ種子
 和名は小さな葉をノミの綴(つづり=綴織物の衣服)にたとえたもの。
 小形で全体に短毛が生える。茎はよく分枝して枝が多い。葉は対生し、長さ3~7㎜、幅1~5㎜の卵形、無柄。花は直径約5㎜の白色の5弁、花弁の先は切れ込まない。雄しべ10個。萼片は5個で、長さ2.5~3㎜(var.serpyllifolia 果時に大きくなる)、花弁よりやや長く、細毛がある。花弁は長さ0.6~2.7㎜。果実(蒴果)は長さ3~3.5㎜の卵形、熟すと先端が浅く6裂し、種子を落とす。種子は長さ0.3~0.5(var.serpyllifolia 0.5~0.6)㎜、暗褐色、円盤形。全体に腺毛があるものをネバリノミノツヅリといい、変種扱いする。腺毛のないものとあるものが混生することもあり、近年、在来種と帰化したものとが混生するのではないかといわれている。日本の在来種のノミノツヅリは腺毛が全くなく、アメリカに帰化している2変種のvar.serpyllifoliaと var. tenuiorのどちらにも合致しない部分がある。日本のノミノツヅリの染色体数は2n=40であり、2n=20の var. tenuior ではなく、var.serpyllifolia とされている。
 類似のハコベ類は5個の花弁が基部まで切れ込み、10個の花弁のように見える。畦道のような湿った場所で見られるノミノフスマはハコベ属であり、花弁が10個のように見え、無毛。
[花期] 3~6月
[草丈] 10~30㎝
[生活型] 1・2年草
[生育場所] 道端、畑、荒地
[分布] 在来種 日本全土
帰化種 アジア、アフリカ、ヨーロッパ
[撮影] 岡崎市 13.4.4
TOP Back