ノミノフスマ  蚤の衾
[中国名] 雀舌草 que she cao
[英名] bog chickweed, bog starwort
[学名] Stellaria uliginosa Murray var. undulata (Thunb.) Fenzl
Stellaria alsine Grimm var. undulata (Thunb.) Ohwi
Stellaria uliginosa Murray 広義
ナデシコ科 Caryophyllaceae  ハコベ属
三河の植物観察
ノミノフスマの花
ノミノフスマの花横
ノミノフスマ直径12㎜の花の萼
ノミノフスマの萼片が花弁より長い花
ノミノフスマベの果実
ノミノフスマベの裂開した果実
ノミノフスマベの托葉
ノミノフスマ
ノミノフスマ種子
ノミノフスマの葉
 和名は小さな葉をノミの襖(ふすま=建具)にたとえたもの。
 茎は細く、無毛、紫色を帯び、株立ちする。全体に無毛。葉は対生し、粉白色を帯び無毛、長さ1~1.5㎝の長楕円形、無柄。花序の苞は葉より小さく、膜質。花は直径5~12㎜(実測して確認)。花弁は白色、5個の花弁が基部まで裂け、10個の花弁のように見える。雄しべ5(~7)個。萼片は縁が狭い膜状になり、先が鋭く尖り、普通、花弁より明らかに短く、特に花が大きい場合は差が大きくなる。花が小さい場合は萼片の長さが花弁よりやや長くなることもある。果実は萼とほぼ同長、熟すと先が6裂して開く。種子は長さ0.58~0.7㎜の円盤形、突起は低い三角状。2n=24
 ミドリハコベコハコベウシハコベは茎や萼片などに毛があり、下部の葉に柄がある。
 小さくてよく似たノミノツヅリは短毛が生え、花弁が5個で裂けない。
 北アメリカ、ヨーロッパ原産のノミノコブスマはノミノフスマの母種 var. uliginosa にあたり、南アメリカなどに帰化し、日本でも帰化が知られている。花が直径約6㎜。萼片が花弁より明らかに長く、種子の長さが0.3~0.4㎜。
 しかし、Flora of China では萼片が花弁より長い Stellaria alsine var.alsineを掲載し、 Stellaria uliginosa var. undulata を同義語とし、日本やヨーロッパも分布域に入れている。U.S.D.A.ではStellaria alsine(Stellaria uliginosa)を広義に用いている。
[花期] 4~10月
[草丈] 5~30㎝
[生活型] 1・2年草
[生育場所] 畑、荒地などのやや湿った場所
[分布] 在来種 日本全土、朝鮮、中国、インド、ブータン、ネパール、パキスタン、ベトナム
[撮影] 蒲郡市形原町 01.3.21
TOP Back