イヨカズラ  伊予葛
[別名] スズメノオゴケ
[学名] Cynanchum japonicum C.Morren et Decne.
Vincetoxicum japonicum (C.Morren et Decne.) Decne.
キョウチクトウ科 Apocynaceae  カモメヅル属
三河の植物観察
イヨカズラの花序
イヨカズラの花序2
イヨカズラの花
イヨカズラの葉裏
イヨカズラ
イヨカズラの葉
 旧ガガイモ科はキョウチクトウ科に含められた。
 茎は直立し、普通、枝分かれしない。先がつる状になることもある。葉は対生し、短い葉柄があり、長さ3~10㎝、幅3~7㎝の楕円形、先が尖る。葉質は厚く、毛がなく、表面には光沢がある。花冠は淡黄白色で、5裂し、直径約8㎜。花柱の周りに5個並んでいるのは、副花冠。袋果は長さ4~6㎝、幅1~1.5㎝、無毛。
 類似種にはクサタチバナ、タチガシワや、花の色が暗紫色のフナバラソウ、ツルガシワがある。
[花期] 5~7月
[草丈] 30~80㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 海岸の草地
[分布] 在来種 本州、四国、九州、朝鮮
[撮影] 伊良湖岬  07.6.4
TOP Back