アズマカモメヅル  東鴎蔓
[学名] Cynanchum sublanceolatum (Miq.) Matsum. form. albiflorum (Frasnch. et Sav.) T.Yamaz.
Vincetoxicum sublanceolatum (Miq.) Maxim. var. albiflorum (Franch. et Sav.) Kitag.
キョウチクトウ科 Apocynaceae  カモメヅル属
三河の植物観察
アズマカモメヅル花
アズマカモメヅル花2
アズマカモメヅル萼
アズマカモメヅル裂片が4個の花
アズマカモメヅル副花冠
アズマカモメヅル葯室
アズマカモメヅル花粉塊
アズマカモメヅル果実
アズマカモメヅル
アズマカモメヅル副花冠・小球
アズマカモメヅル花冠の表面の白毛
アズマカモメヅル未熟な種子
アズマカモメヅル葉
アズマカモメヅル基部が心形の葉
 コバノカモメヅルの白花品種であり、花が黄白色。 旧ガガイモ科はキョウチクトウ科に含められた。
 茎は蔓状、よく分枝して伸び、他の木や草に巻きつく。葉は対生し、長さ4~5㎝(実測 長さ3~5㎝ 幅1.5~2.5㎝)の披針形~広披針形で、先が尖り、基部は浅い心形~切形。葉縁は全縁、葉柄は長さ1~2㎝(実測約1.5㎝)。花は直径7~15(7~9)㎜(実測 12~16㎜、稀に10㎜)、黄白色。花冠は星形に5裂し、裂片は細長く、先が明瞭に捻じれる。この写真のものは花冠に扁平な毛がまばらにあった。ガガイモ科の特徴である副花冠は環状、5裂し、裂片は雄しべの真下にあり三角状卵形、基部が丸みを帯びて張り出し、表面は平滑。雄しべは雌しべを囲んで短筒状に合着し、肉柱体(ずい柱)を形成する。葯には膜質の付属体がある。花粉は花粉粒が集合し、黄色の塊状の花粉塊(惰円形)を作る。花粉塊は長さ約0.23㎜、葯室の中にあり、外からは見えない。隣の葯との付属体の間にある長さ約0.2㎜の紫褐色の小球(捕捉体)に2個ずつぶら下がってつく。袋果は長さ5~7㎝(実測したもの4㎝)。種子は扁平、長い毛(種髪)があり、風で散布される。
 コバノカモメヅルの変種であるシロバナカモメヅル var. macranthu も花が白くて似ている。葉が長さ6~12㎝の三角状狭卵形~三角状披針形、先が尾状に尖る。花は黄白色、直径12~20㎜と大きい。
 コカモメヅルは小球が淡褐色の球形で、小さい。
[花期] 7~9月
[草丈] つる性
[生活型] 多年草
[生育場所] 湿地、草地、休耕田
[分布] 在来種  本州(関東地方~近畿地方の太平洋岸)
[撮影] 新城市 11.9.8
TOP Back