ツリガネニンジン 釣鐘人参

mark

Flora of Mikawa

キキョウ科 Campanulaceae ツリガネニンジン属

学 名 Adenophora triphylla (Thub.) A.DC. var. japonica (Regel) H.Hara
Adenophora triphylla (Thunb.) A.DC. subsp. aperticampanulata Kitam.
ツリガネニンジンの花4
ツリガネニンジンの花1
ツリガネニンジンの花2
ツリガネニンジンの花3
ツリガネニンジン萼
ツリガネニンジン茎葉
ツリガネニンジン対生の茎葉
ツリガネニンジン根生葉
ツリガネニンジン柄の長い根生葉
ツリガネニンジン
ツリガネニンジンの果実
ツリガネニンジンの果実拡大
ツリガネニンジンの種子
花 期 8~10月
高 さ 40~100㎝
生活型 多年草
生育場所 山野に普通
分 布 在来種 北海道、本州、四国、九州、千島、サハリン
撮 影 蒲郡市柏原町 05.5.28
春の若芽は「ととき」と呼ばれ山菜として食される。普通は秋に開花するが、春に咲くこともよくある。茎は白毛が生え、切ると乳液が出る。茎葉は(2)3~4個が輪生し、長さ4~8㎝の卵状楕円形~披針形。葉の先が尖り、縁に粗い鋸歯があり、短い柄がある。葉の幅には変化が多く、一定しない。根生葉は長柄があり、ほぼ円形、基部は心形、普通、花期にはない。花は互生又は輪生し、細い小柄の先に釣り下がって下向きに咲く。花冠は変化が多く、長さ15~20㎜のやや膨らんだ鐘形が多く、まれに膨らまないものもあり、先が5裂する。花柱は花冠から普通、長く突き出る。ただし、花柱が短いものもある。萼裂片は線形、縁にまばらに小さな鋸歯がある。果実は蒴果、冬にわら色になり、釣り下がって残り、上側が裂開して種子を少しずつ落とす。種子は長さ約1.5㎜、片側に狭い翼がある。2n=34
 白花品はシロバナツリガネニンジン form. albiflora という。
 ハクサンシャジン var. hakusanensis は北海道、本州(中部地方以北)に分布する、高山型。草高がやや低く、花序の花柄が短く、花が密集してつき、花冠が広鐘形。
 サイヨウシャジン var. triphylla は本州(中国地方以西)、九州、沖縄、中国に分布する。Flora of China ではAdenophora tetraphyllaを採用し、中国名は轮叶沙参 (lun ye sha shen) 。花冠は小さく、長さ7~10㎜、幅2.5~7㎜、花冠の幅が狭く、先がやや狭まる筒形(壺形)~狭鐘形。萼裂片は線形、全縁。花柱は長さ14~20㎜、花冠から長く突き出る。2n=34。
 フクシマシャジン Adenophora divaricata は本州(中部地方以北)、朝鮮、中国、ロシアに分布する。中国名は展枝沙参(zhan zhi sha shen)。 葉が3個、輪生する。花は輪生せず、花冠は長さ15~22㎜の広鐘形、裂片は筒部の1/3~2/3の長さ。萼裂片は幅がやや広く、全縁。2n=34

ツリガネニンジン属

  family  Campanulaceae - genus  Adenophora

 多年草。根は普通、太くなり、形は様々、人参形、ほとんどが肉質。てい幹(caudex)はしばしば短く、ときに長く、分枝する。茎は直立、頻繁ではないが斜上する。根生葉はしばしばロゼットになり、普通、長い葉柄があり、心形。茎葉はほとんど互生し、まれに対生又は輪生する。花は集散花序につき、集散花序はときに1本の枝になり、1個の頂生の花と1個~数個の苞をもち、ときに団散花序になり、円錐花序をつくる。咢は子房上(epigynous,)、まれに半子房上(semi-epigynous)、咢筒は形が様々、咢片は5個、全縁又は歯がある。花冠は常に子房上、鐘形、漏斗形、又は筒状、5浅裂又は5中裂。雄しべは5本。花糸はかなり幅比六、基部で薄板(lamella)になり、薄板は密に絨毛の縁毛があり、敷石状、花盤を包み込む。葯は長い。花盤は普通、筒状、まれに環状。子房は下位、3室。胚珠は多数。花柱は花粉受容の毛(pollen-receiving hairs)をもつ。柱頭は3裂、裂片は狭く、反曲する。蒴果は3孔開、下部に宿存する咢片をもつ。種子は多数、楕円形、1角(かど)がある。
 世界に約60種あり、東アジア~南アジアに分布し、1種がヨーロッパに広がる。

ツリガネニンジン属の主な種と園芸品種

1 Adenophora capillaris Hemsl.
 中国原産。中国名は丝裂沙参 si lie sha shen

1-1 Adenophora capillaris Hemsl. subsp. paniculata (Nannf.) D.Y.Hong et S.Ge  ウスイロシャジン
  synonym Adenophora paniculata Nannf.
 中国原産。中国名は细叶沙参 xi ye sha shen

2 Adenophora divaricata Franch. et Sav.  フクシマシャジン  福島沙参
  synonym Adenophora divaricata Franch. et Sav. f. angustifolia Hiyama 
  synonym Adenophora divaricata Franch. et Sav. var. manshurica Kitag.
 日本(本州中部以北)、朝鮮、中国、ロシア原産。中国名は展枝沙参 zhan zhi sha shen
2-1 Adenophora divaricata Franch. et Sav. f. albiflora Hayashi  シロバナフクシマシャジン

3 Adenophora gmelinii (Biehler) Fisch  マンシュウナガバシャジン
  synonym Adenophora coronopifolia (Fisch. ex Roem. et Schult.) Fisch.  ヤナギバシャジン
 韓国、中国、モンゴル、ロシア原産。中国名は狭叶沙参 xia ye sha shen

4 Adenophora grandiflora Nakai  キキョウソバナ
 朝鮮原産。

5 Adenophora hatsushimae Kitam.  ツクシイワシャジン  筑紫岩沙参
 日本固有種(宮崎県、熊本県)

6 Adenophora maximowicziana Makino  ヒナシャジン  雛沙参
 日本固有種(四国の愛媛県、高知県)。石灰岩地に生える。
 多年草。高さ40~60㎝。茎は細く、崖から垂れ下がり、又は草地では斜上する。 葉は互生し、根生葉は長い葉柄があり、卵形。茎葉は互生し、線状披針形、長さ8~20㎝。 花序は頂生、長さ3~6㎝、やや疎らに数個~多数の花を下向きにつける。花柄は細くて長い。花は白色、狭い釣鐘形。花柱は花冠から長く突き出る。花期は8~9月。

7 Adenophora morrisonensis Hayata
 台湾原産。中国名は台湾沙参 tai wan sha shen
7-1 Adenophora morrisonensis Hayata subsp. morrisonensis  ニイタカシャジン 
7-2 Adenophora morrisonensis Hayata subsp. ueharae (Yamam.) Lammers  タイザンイワギキョウ
  synonym Adenophora ueharae Yamam. 
 中国名は玉山沙参 yu shan sha shen

8 Adenophora nikoensis Franch. et Sav. ヒメシャジン 姫沙参
 日本固有種(本州の東北地方南部~中部地方)。亜高山、高山の岩場に生える。
 多年草。高さ10~40㎝。葉は普通、互生し、対生する場合もあり、長さ3~7㎝、幅0.5~2㎝の披針形、葉縁に細かい鋸歯があり、先が尖る。花冠は長さ1.5~2.5㎝の鐘形、先が5裂する。雌しべの先は花冠とほぼ同じ長さ~やや突き出る。萼片は幅が狭く、線形、鋸歯がある。2n=34。花期は7~9月。

8-1-1 Adenophora nikoensis Franch. et Sav. var. nikoensis f. nikoensis ヒメシャジン 姫沙参
  synonym Adenophora nikoensis Franch. et Sav. f. linearifolia Takeda
8-1-2 Adenophora nikoensis Franch. et Sav. var. nikoensis f. globiflora Hiyama  マリシャジン
8-1-3 Adenophora nikoensis Franch. et Sav. var. nikoensis f. hispidula T.Shimizu  ケヒメシャジン

8-1-4 Adenophora nikoensis Franch. et Sav. var. nikoensis f. nipponica (Kitam.) H.Hara  ミヤマシャジン
  synonym Adenophora nikoensis Franch. et Sav. var. stenophylla (Kitam.) Ohwi 
  synonym Adenophora nipponica Kitam. 
  synonym Adenophora nikoensis Franch. et Sav. f. stenophylla (Kitam.) H.Hara
8-2 Adenophora nikoensis Franch. et Sav. var. persicaria Ohwi ex T.Shimizu et J.Okazaki  ヒメイワシャジン
8-3 Adenophora nikoensis Franch. et Sav. var. petrophila (H.Hara) H.Hara  ミョウギシャジン
  synonym Adenophora pereskiifolia (Fisch. ex Roem. et Schult.) Fisch. ex G.Don var. moiwana (Nakai) H.Hara f. petrophila (H.Hara) T.Shimizu 
  synonym Adenophora pereskiifolia (Fisch. ex Roem. et Schult.) Fisch. ex G.Don var. moiwana (Nakai) H.Hara f. linearifolia T.Shimizu 
  synonym Adenophora petrophila (H.Hara) H.Hara
  synonym Adenophora pereskiifolia (Fisch. ex Roem. et Schu

8-4 Adenophora nikoensis Franch. et Sav. var. teramotoi (Hurus. ex T.Yamaz.) J.Okazaki et T.Shimizu  シライワシャジン
  synonym Adenophora teramotoi Hurus. ex T.Yamaz. 

8-4-1 Adenophora nikoensis Franch. et Sav. var. teramotoi (Hurus. et T.Yamaz.) J.Okazaki et T.Shimizu f. hispidula (T.Shimizu) Yonek.  ケシライワシャジン
  synonym Adenophora teramotoi Hurus. et T.Yamaz. var. hispidula T.Shimizu 

9 Adenophora palustris Kom.  ヤチシャジン 谷地沙参
 日本(岐阜県、岡山県、広島県)、韓国、中国原産。中国名は沼沙参 zhao sha shen 。愛知県では設楽町西部で1か所で確認されていたが絶滅した。
 多年生草本。茎は直立し、高さ60~100㎝、紫色を帯び、無毛。茎葉は互生し、無柄。葉身は楕円形~長楕円形、長さ3~6㎝、やや厚く、鋸歯縁。茎の先端に数個の花を下向きにつける。花柄はごく短く、基部に卵形~広披針形の小苞がある。咢片は5 個、卵形、長さ3~4㎜、全縁で開出しない。花冠は漏斗状鐘形、淡紫色、長さ1~1.5㎝、先は5裂する。花柱はやや突出する。花期は8月。(レッドデータブック愛知)
9-1 Adenophora palustris Kom. f. nivea K.Torii et Asai  シロバナヤチシャジン

10 Adenophora pereskiifolia (Fisch. ex Roem. et Schult.) Fisch. ex G.Don  モイワシャジン 藻岩沙参
  synonym Adenophora pereskiifolia (Fisch. ex Roem. et Schult.) Fisch. ex G.Don var. moiwana (Nakai) H.Hara
  synonym Adenophora pereskiifolia (Fisch. ex Roem. et Schult.) Fisch. ex G.Don var. heterotricha (Nakai ex H.Hara) H.Hara 
  synonym Adenophora pereskiifolia (Fisch. ex Roem. et Schult.) Fisch. ex G.Don var. curvidens (Nakai) Kitag.
  synonym Adenophora moiwana Nakai 
  synonym Adenophora curvidens Nakai
  synonym Adenophora pereskiifolia (Fisch. ex Roem. et Schult.) Fisch. ex G.Don subsp. subulata (Kom.) Vorosch.
  synonym Adenophora subulata Kom. 
  synonym Adenophora koreana Kitam.  コウライシャジン
  synonym Adenophora kayasanensis Kitam.  カヤサンシャジン
 日本(北海道、本州の東北地方)、韓国、中国、モンゴル、ロシア原産。中国名は长白沙参 chang bai sha shen。 牧草地、草地、林縁などに生える。
 変化が多く、多形であり、多くの異名がある。日本産は根出葉が腎形又は卵心形で長い柄がある。花序は総状花序。花冠は広鐘形、淡紫色又は白色、花柱は花冠から少し突き出る。萼片は披針形鋸歯がない。花期は7~9月。本州東北地方~北海道に分布する。花が総状に付き広い鐘形、萼裂片が披針形、全縁。
 根はニンジン形、長さ6~9㎝×幅1.5~1.9㎝。茎は1本、高さ1m以下、単純、無毛、頻度は低いが、後ろ向きの小剛毛がある。茎葉は(全て又は少数)、3~5輪生又はほぼ輪生し、まれに互生又はほぼ互生、無柄又は短柄がある。葉身は楕円形、卵形、披針形、又は狭披針形、長さ3.5~16㎝×幅0.6~4.2㎝、両面とも無毛、基部はくさび形又は鈍形、縁は粗い鋸歯、先は鋭形又は腺鋭形。花序はピラミッド形、互生する集散花序をもち、短く、ほぼ直立、あるいは花がときに比較的、少なく、偽総状花序(pseudoraceme)を作る。花托筒は倒卵形、倒円錐形、又は楕円形、無毛又はいぼ状。咢片は披針形又は狭三角形、長さ3~6㎜×幅0.8~2㎜。花冠は青紫色又は青色、漏斗形状鐘形、長さ1.3~2㎝。花冠裂片はデルタ形又は扁三角形、長さ3~8㎜×幅6~7.5㎜。花盤は環状~短い筒状、長さ 0.5~1.5㎜。花柱は長さ1.5~2.4㎝、±突き出る。蒴果は倒卵形、楕円形、又はほぼ球形、長さ6~8㎜×幅4~5㎜。種子は暗褐色、光沢があり、楕円形、わずかに扁平、長さ1.8~2㎜、平滑。花期は7~8月。果期は8~9月。 2n = 34, 68, 72。.
品種) 'Alba' , 'White Blaze'

14 Adenophora potaninii Korshinsky ヤブツリガネニンジン 藪釣鐘人参
 中国原産。中国名は泡沙参 pao sha shen 。英名はbush ladybells
品種) 'Alba' , 'Lilacina Flora Plena'

15 Adenophora polyantha Nakai  ハナシャジン
 韓国、中国原産。中国名は石沙参 shi sha shen
15-1 Adenophora polyantha Nakai var. glabricalyx Kitag.  コハナシャジン
  synonym Adenophora obovata Kitam.

16 Adenophora remotidens Hemsl.   
 朝鮮原産。

17 Adenophora remotiflora (Siebold et Zucc.) Miq. ソバナ 岨菜
 日本(本州、四国、九州)、韓国、中国、ロシア原産。中国名は薄叶荠苨 bao ye ji ni 。山地の林縁、崖などに生える。
 多年草。高さ50~100㎝。茎は直立又は斜上する。普通は無毛、ときに毛が生える。葉は互生し、長さ5~10㎝、幅3~8㎝の卵形~広披針形、粗い鋸歯があり、長い柄がある。頂部の円錐花序にまばらに花をつけ、花は垂れ下がり、下向きに咲く。花冠は淡紫色、長さ2~3㎝、先端が広がった鐘形、先が5裂する。雄しべ5個。花柱は花冠より突き出ないことが多いが、突き出ることもある。柱頭は3裂する。萼裂片は披針形、鋸歯は無い。2n=34,36。花期は8~9月。


17-1 Adenophora remotiflora (Siebold et Zucc.) Miq. f. angustifolia Makino  ホソバソバナ
17-2 Adenophora remotiflora (Siebold et Zucc.) Miq. f. hirsuta (Honda) Sugim. ex Yonek.  ケソバナ
  synonym Adenophora remotiflora (Siebold et Zucc.) Miq. var. hirsuta Honda 
17-3 Adenophora remotiflora (Siebold et Zucc.) Miq. f. leucantha Honda  シロソバナ
  synonym Adenophora remotiflora (Siebold et Zucc.) Miq. f. albiflora Y.N.Lee 

18 Adenophora stenanthina (Ledeb.) Kitag.  ナガバモウコシャジン
 中国、モンゴル、ロシア原産。中国名は长柱沙参 chang zhu sha shen

19 Adenophora stenophylla Hemsl.  イトバシャジン
 中国、モンゴル原産。中国名は扫帚沙参 sao zhou sha shen

20 Adenophora stricta Miq.  トウシャジン  唐沙参
 韓国、中国原産。中国名は沙参 sha shen 。別名はマルバノニンジン。日本へは薬用として中国から渡来した。野生化したものは見られない。
 茎は高さ約1m。根生葉は葉柄が長く、腎状円形。茎葉は互生し、無柄、広卵形、鋸歯縁。秋に直立して分枝し、紫色の5裂する鐘状花を下向きにつける。花柄はごく短い。咢片は幅が広い。雄しべ5本。雌しべ1個。子房下位。
20-1 Adenophora stricta Miq. f. albiflora Migo  シロバナトウシャジン
20-2 Adenophora stricta Miq. var. lancifolia Honda  ナガバノニンジン

21 Adenophora takedae Makino  イワシャジン  岩沙参
 日本固有種(本州中部~東海地方)。別名はイワツリガネソウ。岩場に生える。よく栽培されている。
 多年草。高さ20~70㎝。根茎は太い。 根生葉は長い葉柄があり、卵形。茎葉は互生し、狭披針形~広線形、長さ7~15㎝、縁には鋸歯がある。総状花序は頂生し、花が約10個、下向きにつく。花柄は細く、長さ2~5㎝。萼片は5個、長さ5~8㎜、線形、微細な突起がある。花冠は放射相称、青紫色、まれに白色、長さ1.5~2.5㎝、直径1.5~2.5㎝釣鐘形、先が5浅裂する。雄しべは5本。子房は下位、3室。花柱は花冠から突き出ない。柱頭は3裂。 果実は蒴果。花期は8~10月。 
21-1 Adenophora takedae Makino var. howozana (Takeda) Sugim. ex J.Okazaki  ホウオウシャジン

22 Adenophora tashiroi (Makino et Nakai) Makino et Nakai  シマシャジン 島沙参
 日本(長崎県平戸、五島列島)、朝鮮(済州島)原産。海岸近くの岩場、草地に生える。
 多年草。高さ10~30㎝。茎の基部はしばしば倒伏する。葉は互生し、卵形~広卵形、質がやや厚く、光沢があり、長さ2~3㎝、縁には鋸歯がある。花は単生あるいは総状花序又は複総状花序につく。 萼片は披針形、全縁。花冠は青紫色~淡紫色、鐘形。花柱は花冠から突き出ず、突き出てもほぼ同長かわずかに突き出る程度。花期は8~11月。

23 Adenophora trachelioides Maxim.  アツバソバナ
 中国原産。中国名は荠苨 ji ni

24 Adenophora tricuspidata (Fisch. ex Roem. et Schult.) A.DC.  コウアンシャジン
 中国、ロシア原産。中国名は锯齿沙参 ju chi sha shen

25 Adenophora triphylla (Thunb.) A.DC.
25-1 Adenophora triphylla (Thunb.) A.DC. var. triphylla  サイヨウシャジン
  synonym Adenophora tetraphylla (Thunberg) Fischer
 本州(中国地方以西)、九州、沖縄、中国に分布する。Flora of China ではAdenophora tetraphyllaを採用し、中国名は轮叶沙参 (lun ye sha shen) 。花冠は小さく、長さ7~10㎜、幅2.5~7㎜、花冠の幅が狭く、先がやや狭まる筒形(壺形)~狭鐘形。萼裂片は線形、全縁。花柱は長さ14~20㎜、花冠から長く突き出る。2n=34。

25-1-1 Adenophora triphylla (Thunb.) A.DC. var. triphylla f. alba Hatus.  シロバナリュウキュウシャジン
25-2 Adenophora triphylla (Thunb.) A.DC. var. japonica (Regel) H.Hara  ツリガネニンジン 釣鐘人参
  synonym Adenophora triphylla (Thunb.) A.DC. subsp. aperticampanulata Kitam.
  synonym Adenophora izuensis H.Ohba et S.Watan.
 北海道、本州、四国、九州、千島、サハリンに分布。
茎は白毛が生え、切ると乳液が出る。茎葉は(2)3~4個が輪生し、長さ4~8㎝の卵状楕円形~披針形。葉の先が尖り、縁に粗い鋸歯があり、短い柄がある。葉の幅には変化が多く、一定しない。根生葉は長柄があり、ほぼ円形、基部は心形、普通、花期にはない。花は互生又は輪生し、細い小柄の先に釣り下がって下向きに咲く。花冠は変化が多く、長さ15~20㎜のやや膨らんだ鐘形が多く、まれに膨らまないものもあり、先が5裂する。花柱は花冠から普通、長く突き出る。ただし、花柱が短いものもある。萼裂片は線形、縁にまばらに小さな鋸歯がある。果実は蒴果、冬にわら色になり、釣り下がって残り、上側が裂開して種子を少しずつ落とす。種子は長さ約1.5㎜、片側に狭い翼がある。2n=34
品種) 'Alba'
25-2-1 Adenophora triphylla (Thunb.) A.DC. var. japonica (Regel) H.Hara f. albiflora (Tatew.) H.Hara  シロバナツリガネニンジン 白花釣鐘人参 (シロバナハクサンシャジン )
 白花品種。葉や茎の緑色が母種よりやや薄い。花冠は白色、先が5裂し、裂片の内側が緑色を帯びる。

25-2-2 Adenophora triphylla (Thunb.) A.DC. var. japonica (Regel) H.Hara f. canescens (Franch. et Sav.) Kitam.  シラゲシャジン
25-2-3 Adenophora triphylla (Thunb.) A.DC. var. japonica (Regel) H.Hara f. leucantha H.Hara  シロバナツリガネニンジン
25-2-4 Adenophora triphylla (Thunb.) A.DC. var. japonica (Regel) H.Hara f. procumbens T.Shimizu  ハイツリガネニンジン
25-2-5 Adenophora triphylla (Thunb.) A.DC. var. japonica (Regel) H.Hara f. rotundifolia Hiyama  マルバノハマシャジン
25-2-6 Adenophora triphylla (Thunb.) A.DC. var. japonica (Regel) H.Hara form. violacea (H.Hara) T.Shimizu ハクサンシャジン 白山沙参
  高山型。別名はタカネツリガネニンジン。最近は品種としない。
 葉は鋸歯が鋭く尖る。花冠の幅が広い広鐘形で、花序の花柄が短く、花が密集してつく。花柱は花冠から長く突き出る。
25-3 Adenophora triphylla (Thunb.) A.DC. var. insularis (Kitam.) Kitam.  リュウキュウシャジン
 変種として認めない(The Plant List)。

25-4 Adenophora triphylla (Thunb.) A.DC. var. puellaris (Honda) H.Hara  オトメシャジン
 変種として認めない(The Plant List)。
25-5 Adenophora triphylla (Thunb.) A.DC. var. sasamotoi Sugim.  シキネシャジン

25-6 Adenophora triphylla (Thunb.) A.DC. var. verticillata (Fisch.)  ニオイシャジン
  synonym Adenophora triphylla (Thunb.) A.DC. var. angustifolia (Regel) Kitam.
  synonym Adenophora verticillata Fisch. 
  synonym Adenophora triphylla auct. non (Thunb.) A.DC.
  synonym Adenophora tetraphylla auct. non (Thunb.) Fisch.

25-6-1 Adenophora triphylla (Thunb.) A.DC. var. verticillata (Fisch.) f. hirsuta (F.Schmidt) Kitam.  ケニオイシャジン(temp.)

26 Adenophora uryuensis Miyabe et Tatew.  シラトリシャジン
  synonym Adenophora pereskiifolia (Fisch. ex Roem. et Schult.) Fisch. ex G.Don var. uryuensis (Miyabe et Tatew.) Toyok. et S.Nosaka 
 日本固有種(北海道西部、雨竜地方)
 モイワシャジンの 変種ともされる。

27 Adenophora wawreana A.Zahlbr.  エダウチシャジン
  synonym Adenophora potaninii subsp. wawreana (Zahlbruckner) S. Ge & D. Y. Hong
 中国原産。中国名は多歧沙参 duo qi sha shen

28 Adenophora wulingshanica D.Y.Hong  ムレイシャジン
 中国原産。中国名は雾灵沙参 wu ling sha shen

19 その他ハイブリッド
品種) 'Afterglow' , 'Amethyst' , 'Gaudi Violet'

参考

1) Flora of China
 Adenophora
 http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=100573
2) Plants of the World Online | Kew Science
 Adenophora
 http://www.plantsoftheworldonline.org/taxon/urn:lsid:ipni.org:names:39598-1
3)GRIN
 Adenophora
 https://npgsweb.ars-grin.gov/gringlobal/taxon/taxonomysimple
4)Flora of North America
 Adenophora
 http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=1&taxon_id=105521