チチコグサ 父子草

mark

Flora of Mikawa

キク科 Asteraceae  チチコグサ属

中国名 细叶鼠麴草 xi ye shu qu cao
英 名 Japanese cudweed ,father-and-child plant
学 名 Euchiton japonicus (Thunb.) Holub
Gnaphalium japonicum Thunb.
チチコグサの紅色の強い花序
チチコグサの花序
チチコグサの花
チチコグサの花
チチコグサの総苞
チチコグサ果実の冠毛
チチコグサ茎
チチコグサ
チチコグサ根生葉
チチコグサ根生葉裏
チチコグサ根生葉のロゼット
チチコグサ根生葉の葉表が白いロゼット
チチコグサ痩果
花 期 5~10月
高 さ 5~30㎝
生活型 多年草
生育場所 道端、草地、荒地
分 布 在来種 日本全土、朝鮮、中国、台湾、インドネシア、フィリピン、パプアニューギニア
撮 影 幸田町  12.5.24
和名はハハコグサに対してつけられた。ハハコグサ属からチチコグサ属 Euchiton に分離された。
 葡枝を出して、増える。茎は細く、曲がってしまうことが多く、綿毛がある。根生葉は花期にも残り、長さ2.5~10㎝の線状披針形、葉表には綿毛が生え、葉裏には綿毛が密生する。葉表の毛の量は多いものと少ないものがある。茎葉は線形で2~4個、上部ほど小さい。頭花は花序の柄が短く、茎の先に頭状に丸く固まってつく。披針形の苞葉が花序の下に接して放射状に3~4個つく。頭花の中央部は数個の両性花、周囲には多数の雌花が並び、ともに結実する。花冠は先が紅紫色を帯び、葯は黄色。総苞は細長い。総苞片は膜質、若いときは紅紫色~淡褐色、後に褐色を帯び、先は鈍形。痩果は長く、長さ0.8~1.0㎜、表面に乳頭状突起があり、長さ約3㎜の冠毛が1列につく。冠毛の基部は離性。2n=28
 類似の外来種には、チチコグサモドキウラジロチチコグサウスベニチチコグサタチチチコグサなどがあり、同じような場所によく生え、混生するのはウラジロチチコグサである。ウラジロチチコグサは葉の幅が広い。

チチコグサ属

  family  Asteraceae - genus  Euchiton
 
 1年草又は多年草、しばしばロゼットになり、匍匐枝を出すし、腺の無い綿毛をもつ。葉は根生葉と茎葉、互生し、葉柄は無又は偽葉柄があるり、全縁。頭花は円盤型頭花(disciform)、ほぼ鐘形、まれに狭い卵形、単生又は頂部に束生し、ときに下部に腋生の密散花序(束生)する。総苞片は2~5列につき、長さは外から内に増加し、総苞片の下部は草質、縁は透明、中間部分はときに着色する。小花は全て筒状、外側の小花は糸状、雌性、花冠が3~4裂する。内側の小花は両性、普通、雌性小花よりはるかに少なく(Euchiton umbricolaを除いて)、花冠に帯紫色の5裂片をもつ。葯には短い尾がある。花柱の枝は線形、先は切形。痩果は扁平な楕円形、長さ0.6~1.5㎜、普通、多数のごく微細な対のパピラをもち、ときに短毛がある。冠毛は全縁又は基部に短い縁毛があり、小グループで個々に落ち、又は1単位として落ちる。x=14。
 世界に約17種があり、オーストラリア、ニュージーランド、ニューギニア、東南アジアに分布する。
 旧ハハコグア属(Gnaphalium)のGnaphalium sect. Euchiton (Cass.) DC.から属として独立した。
 旧ハハコグサ属(Gnaphalium)約200種はヒメチチコグサ属(Gnaphalium)49種、ハハコグサ属( Pseudognaphalium)86種、チチコグサ属(Euchiton) 17種、ウスベニチチコグサ属(Gamochaeta)48種、オマロテカ属(Omalotheca)4種に分けられた。.

チチコグサ属の主な種

1 Euchiton involucratus (G.Forst.) Anderb.  ニイタカチチコグサ
  synonym Gnaphalium involucratum G.Forst.
  synonym Euchiton pulchellus Cass.  モリチチコグサ
  synonym  Gnaphalium involucratum G.Forst. var. ramosum DC.  モリチチコグサ
 台湾、インドネシア、マレーシア、フィリピン、オーストラリア、太平洋諸島原産。中国名は星芒鼠麴草 xing mang shu qu cao

2 Euchiton japonicus (Thunb.) Anderb.  チチコグサ 父子草
  synonym Gnaphalium japonicum Thunb
 日本全土、朝鮮、中国、台湾、インドネシア、フィリピン、パプアニューギニア原産。中国名は细叶鼠麴草 xi ye shu qu cao 。英名はJapanese cudweed ,father-and-child plant

 多年草。高さ5~30㎝。葡枝を出して、増える。茎は細く、曲がってしまうことが多く、綿毛がある。根生葉は花期にも残り、長さ2.5~10㎝の線状披針形、葉表には綿毛が生え、葉裏には綿毛が密生する。葉表の毛の量は多いものと少ないものがある。茎葉は線形で2~4個、上部ほど小さい。頭花は花序の柄が短く、茎の先に頭状に丸く固まってつく。披針形の苞葉が花序の下に接して放射状に3~4個つく。頭花の中央部は数個の両性花、周囲には多数の雌花が並び、ともに結実する。花冠は先が紅紫色を帯び、葯は黄色。総苞は細長い。総苞片は膜質、若いときは紅紫色~淡褐色、後に褐色を帯び、先は鈍形。痩果は長く、長さ0.8~1.0㎜、表面に乳頭状突起があり、長さ約3㎜の冠毛が1列につく。冠毛の基部は離性。2n=28。花期は5~10月。

ヒメチチコグサ属

  family  Asteraceae - genus   Gnaphalium

 1年草 [2年草又は多年草]、高さ (1~)3~30㎝、普通、直根があり、ときにひげ根をもつ。茎は普通、1本、直立 (しばしば、基部から傾伏~斜上する枝をもち、羊毛状の綿毛があり、腺は無い)。葉はほとんどが茎葉、互生し、ほぼ無柄。葉身は倒披針形~へら形~線形、基部は±楔形、全縁、面は同色、灰色、綿毛がある。頭花は円盤型頭花(disciform :中心小花は両性又は機能が雄性、周辺の筒状小花は雌性)、普通、束生(葉腋又は苞腋に)し、ときに穂状花序状の団散花序(glomerules.)につく。総苞は狭鐘形~広鐘形、長さ2.5~4㎜。総苞片は3~5列につき、普通、白色~黄褐色~褐色(不透明又は透明、しばしば光沢があり、機械組織は普通、上部に腺がある)、ほぼ等長~不等長、先は紙質 (内総苞片は狭長円形、普通、先が白色、上部~外側に突き出る).。花托は平ら、平滑、パレアは無い。 周辺(雌性)称花は40~80個 (両性小花より多数)、花冠は帯紫色又は帯白色。内側の(両性)称花は4~7個。花冠は帯紫色又は帯白色。痩果は長円形、面は普通、無毛、ときに微細なパピラがある。冠毛はすぐに落ち、8~12本の分離したひげ状の剛毛であり、1列につく。x = 7
 世界に約49種[Flora of North America:38]あり、北アメリカ、メキシコ、南アメリカ、アジア、アフリカ、オーストラリアに分布する。

ヒメチチコグサ属の主な種

1 Gnaphalium polycaulon Pers.  インドチチコグサ 印度父子草
  synonym Gnaphalium multicaule Willd.
  synonym Gnaphalium niliacum Raddi ex Spreng.
  synonym Gnaphalium strictum Roxb
 日本、中国、台湾、インド、パキスタン、タイ、アフリカ(エジプト)、熱帯アメリカ、オーストラリア原産。中国名は多茎鼠麴草 duo jing shu qu cao

2 Gnaphalium tranzschelii Kirp.  ホウキハハコグサ
  synonym Filaginella tranzschelii (Kirp.) Holub
 中国名は湿生鼠麴草。Flora of ChinaではGnaphalium uliginosumに含めている。

3 Gnaphalium uliginosum L.  ヒメチチコグサ 姫父子草
  synonym Gnaphalium mandshuricum Kirp.
  synonym Gnaphalium tranzschelii auct. non Kirp.
 日本(北海道、本州北部)、朝鮮、中国、台湾、モンゴル、ロシア、カザフスタン、パキスタン、ヨーロッパ、北アメリカ原産。中国名は湿生鼠麴草 shi sheng shu qu cao 。英名はcudweed , low cudweed , marsh cudweed , mouse-ear , low cudweed。
 1年草。茎は直位立、高さ12~35㎝、普通、基部から分枝し、ときに単純、密~緩く白色の羊毛状の毛がある。葉は根生葉と茎葉、白色の羊毛状の毛がある。根生葉と下部の茎葉は花時前に枯れる。中間の茎葉は多数、線形~倒披針形、長さ2~5㎝×幅1.5~3(~5)㎜、基部は漸尖形、無柄、先は鈍形。団散花序(glomerules.)状の頭花は多数、束生し、腋生及び枝先につき、基部につく葉を超える。総苞はほぼ球形、直径2~4㎜。総苞片は帯褐色又は緑色、先がしばしば淡色になる。外総苞片は鈍形。周辺小花は雌性、花冠は糸状、長さ約1.5㎜。中心小花は長さ約1.5㎜。痩果は長円形、長さ0.5~0.7㎜、パピラがあるか又は無毛。冠毛は目立つ、細管状の剛毛、白色、ばらばらに落ちる。花期は7~10月。2n = 14, 56。

参考

1) GRIN
 Gnaphalium  
https://npgsweb.ars-grin.gov/gringlobal/taxonomygenus.aspx?id=5040
2) Kewscience
 Gnaphalium  
http://powo.science.kew.org/taxon/urn:lsid:ipni.org:names:981299-1
 Erechtites hieraciifolius (L.) Raf. ex DC.  
http://www.plantsoftheworldonline.org/taxon/urn:lsid:ipni.org:names:1152557-2
3) Flora of North America
 Gnaphalium  
http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=1&taxon_id=113778
4)Flora of China
 Gnaphalium  
http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=113778
5)Flora of Pakistan
 Gnaphalium  
http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=5&taxon_id=113778
6)Flora of Victoria
 Euchiton  
https://vicflora.rbg.vic.gov.au/flora/taxon/2c69edfb-0e7e-4f09-a5ee-d1c3ca13e550