オオバジャノヒゲ 大葉蛇の髭

mark

Flora of Mikawa

キジカクシ科 Asparagaceae ジャノヒゲ属

英 名 black mondo
学 名 Ophiopogon planiscapus Nakai
オオバジャノヒゲ花
オオバジャノヒゲ雄しべ、雌しべ
オオバジャノヒゲ葉
オオバジャノヒゲ
花 期 6~7月
高 さ 15~25㎝
生活型 多年草
生育場所 山野の林内
分 布 在来種(日本固有種)  本州、四国、九州
撮 影 設楽町  03.7.5
栽培され、栽培品種もある。キジカクシ科は旧分類のユリ科から分割された。
 匐枝を伸ばし、叢生する。根の先がところどころ紡錘状に太くなる。葉は長さ15~30㎝、幅4~7㎜、厚みがある。花茎は長さ15~25㎝、幅太く、しっかり立ちあがってつき、花を下向きにつける。花は数個ずつ、束生する。花は直径6~7㎜。花被片は6個、長さ6~7㎜、淡紫色~白色。雄しべ6個、花糸はごく短い。葯は黄色、細長く、先が尖る。花柱は円柱状、柱頭はわずかに3裂する。種子は直径8~9㎜、灰緑黒色に熟す。
 ジャノヒゲは葉幅が狭く、種子は深青色。
 ノシランも園芸種としてよく植えられている。オオバジャノヒゲより大型で、高さは30~80㎝あり、葉の幅が10~15㎜。開花がやや遅く8月頃。苞が披針形。種子はコバルト色、倒卵形~楕円形。
 ヤブランは種子が黒紫色。花糸が明らかにあり、葯の先が尖らない。