オグルマ  小車
[中国名] 旋覆花 xuan fu hua
[学名] Inula japonica Thunb.
Inula britannica L. subsp. japonica (Thunb.) Kitam.
Inula britannica L. var. chinensis (Rupr) Regel
キク科 Asteraceae  オグルマ属
三河の植物観察
オグルマ花
総苞
オグルマ茎と葉の基部
点状鋸歯
葉裏の毛
オグルマ
オグルマの葉
オグルマの葉裏
 花期には根生葉は無い。地下茎で横に広がる。茎は緑色、直立し、枝分かれは少ない。葉は長さ5~10㎝、幅1~3㎝の広披針形~惰円形、基部は茎を抱く。葉は柔らかく、縁には点状鋸歯がある。葉裏は葉脈がはっきり隆起し、白色の伏毛が密生し、白色の腺点がまばらにある。頭花は直径3~4㎝。総苞は高さ7~8㎜。総苞片は5列、幅が狭く、先が尖る。舌状花は1列。小舌は長さ16~19㎜、幅1.5~2㎜。筒状花の円盤は直径1.5~1.7㎝。筒状花の花冠は長さ約3㎜。花柄は直径約2㎜、上向きの長い白毛が密生する。痩果は長さ約1㎜、有毛。冠毛は長さ約5㎜。2n=16,24
 オグルマとホソバオグルマの自然交雑種と考えられているサクラオグルマは、葉の幅がやや狭く、基部はわずかに茎を抱く程度。
 カセンソウはやや乾いた土手に生え、葉の質が厚く、総苞片の幅が広い。痩果はやや大きく、無毛。
[花期] 7~10月
[高さ] 20~60㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 湿った草地
[分布] 在来種  北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、ロシア、モンゴル
[撮影] 幡豆町  09.9.12
  オグルマ属
  family Asteraceae - genus Inula

 多年草または1年草。茎は翼が無く、ときに沿下する葉をもち、樹脂道は有又はしばしば無。葉は根生葉と茎葉、互生、単葉、普通、無柄、ときにロゼットになり、縁は普通、鋸歯~歯状、ときに全縁。頭花は異形配偶の(heterogamous)放射状頭花(radiate:中心小花は両性、舌状小花は1列又はそれ以上 )~小型放射状頭花、円盤型頭花(disciform:中心小花は両性又は機能が雄性、周辺の筒状小花は雌性)、 又は中心小花頭花(discoid:同性の筒状小花だけ) 、単生又は開いた散房花序につく。総苞は半球形又は鐘形、直径 [5~]10~40㎜。総苞片は宿存し 4~7+列につく。花托は平ら又は凸面、平滑又はハチの巣状、パラエは無い。周辺小花は(15~)50~150+個、雌性、稔性。花冠は黄色~橙色、小舌は長さ10~30+㎜。中心小花は両性、主に(50~)100~250+個つく。花冠は黄色、裂片は5個、表皮は真っすぐな細胞壁をもち、針状の結晶をもたない。葯は距がなく、分枝する尾をもつ。内皮組織は放射状。葯台(antheropodium)の細胞は一般に、長さが幅より長い。花粉の刺は空洞をもつ。花柱の枝は鋭い弧状の毛をもち、分岐に届かない。痩果は楕円形又は円筒形、うねがあり、表皮に長い結晶をもつ。冠毛は宿存し、基部が合着し、剛毛状の毛又は剛毛状の鱗片である、普通、1列につく。x = 8, 9, 10。
 世界に約100主あり、アフリカ、アジア、ヨーロッパに分布する。
 一部の種はペンタネマ属(Pentanema)に含める説もある。
 オグルマ属 の主な種と園芸品種
 1  Inula britannica L
    synonym Pentanema britannicum (L.) D. Gut. Larr. et al. [GRIN , Kewscience]
 中国、ロシア、タジキスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタン、ヨーロッパ原産。中国名は欧亚旋覆花 ou ya xuan fu hua 。英名はBritish elecampane , meadow-fleabane 。道端、荒地、野原、砂地に生える。
 多年草、高さ10~40(~75)㎝。茎は直立、絨毛がある。葉は無柄。根生葉の葉身は長さ (3~)6~7 ㎝×幅8~20(~30)㎜。茎葉の葉身は披針状楕円形~披針状線形、長さ2~5+㎝×幅5~12(~20)㎜、下面は普通、密に絨毛と腺があり、上面はまばらに小剛毛があるか、ほぼ無毛、基部は心形又は耳状、苞茎、縁は全縁又は小鋸歯縁。頭花は1~8個つき、直径2.2~5㎝。花序柄は長さ1~4㎝、密に絨毛がある。総苞は直径 (7~)15~22㎜。総苞片は4~5列につく。外総苞片は披針状線形、長さ4~6㎜×幅0.5~0.8㎜、基部に絹毛がある。内総苞片も似ているがより薄膜質。周辺小花は40~70+個つく。小舌は長さ10~15(~20)㎜。中心小花の花冠は長さ4~6㎜、5裂する。痩果は円筒形、長さ1~1.2㎜、微軟毛がある。冠毛は白色、分離又は基部が合着した20~25本の剛毛であり、長さ4~6㎜。花期は6~9月。 2n = 16, 32。
1-1 Inula britannica var. angustifolia Beck
 中国、ロシア、ヨーロッパ原産。中国名は狭叶欧亚旋覆花 xia ye ou ya xuan fu hua。
 葉は狭線形、長さ3~10㎝×幅0.3~1㎝。頭花は密につく。
1-2 Inula britannica L. subsp. britannica  カラフトオグルマ
    synonym Inula britannica L. var. sublanata Kom.
 中国、ロシア、ヨーロッパ原産。中国名は欧亚旋覆花 ou ya xuan fu hua 。
 頭花は普通、まばらにつく。
1-3 Inula britannica var. ramosissima Ledebour
 中国、ロシア原産。中国名は多枝欧亚旋覆花 duo zhi ou ya xuan fu hua
 茎は上部で強く分枝する。葉は幅1㎝より広く、両面に軟毛があり、又は下面だけにある。頭花は多数つき、小さく、直径2~3㎝、普通、密につく。総苞は直径7~10㎜。、
&emsp1-4&emsp Inula britannica var. sublanata Komarov
 中国、ロシア原産。中国名は棉毛欧亚旋覆花 mian mao ou ya xuan fu hua
 茎、花序柄、葉の下面、総苞に密に羊毛状の絨毛がある。

 2  Inula ciliaris (Miq.) Maxim. ミズギク 水菊
 日本固有種(本州の近畿地方以西、九州)。山地の湿地に生える。
 多年草。高さ25~50㎝。茎は暗紫色で、あまり枝分かれしない。茎、葉など全体に毛が多い。根生葉は花期にも残り、長さ4~10㎝、幅0.8~1.5㎝のへら形、全縁。茎葉は互生し、小さく、卵状披針形、基部はやや茎を抱く。頭花は茎頂に上向きに1個つき、黄色、直径3~4㎝。総苞は半円球形~皿形、総苞片は4~5列。総苞、茎、葉などに白毛が生える。痩果は長さ約1.5㎜、表面に毛が散生し、冠毛がある。花期は6~10月。
2-1 Inula ciliaris (Miq.) Maxim. var. glandulosa Kitam.  オゼミズギク
2-2 Inula ciliaris (Miq.) Maxim. var. pubescens Sugim.  オクノミズギク

 3  Inula ensifolia L.
    synonym Pentanema ensifolium (L.) D. Gut. Larr. et al. [GRIN]
 ロシア、トルコ、ヨーロッパ原産。
品種) 'Compacta' , 'Gold Star' , 'Mediterranean Sun'

 4  Inula helenium L.  オオグルマ
 ヨーロッパ、中央アジア、西アジア、コーカサス原産。英名はelecampane , scabwort , velvet-dock , elecampane 。
品種) 'Goliath' , 'Nana'

 5  Inula hookeri C. B. Clarke
 中国、ブータン、ネパール、ミャンマー原産。英名はHooker's-fleabane
品種) 'Mude'

 6  Inula japonica Thunb..  オグルマ 小車
    synonym Inula britannica L. subsp. japonica (Thunb.) Kitam
    synonym Inula britannica L. var. japonica (Thunb.) Franch. et Sav.
    synonym Inula britannica L. var. chinensis (Rupr.) Regel 
 日本()北海道、本州、四国、九州)、朝鮮、中国、ロシア、モンゴル原産。中国名旋覆花 xuan fu hua。
 多年草。高s20~60㎝。花期には根生葉は無い。地下茎で横に広がる。茎は緑色、直立し、枝分かれは少ない。葉は長さ5~10㎝、幅1~3㎝の広披針形~惰円形、基部は茎を抱く。葉は柔らかく、縁には点状鋸歯がある。葉裏は葉脈がはっきり隆起し、白色の伏毛が密生し、白色の腺点がまばらにある。頭花は直径3~4㎝。総苞は高さ7~8㎜。総苞片は5列、幅が狭く、先が尖る。舌状花は1列。小舌は長さ16~19㎜、幅1.5~2㎜。筒状花の円盤は直径1.5~1.7㎝。筒状花の花冠は長さ約3㎜。花柄は直径約2㎜、上向きの長い白毛が密生する。痩果は長さ約1㎜、有毛。冠毛は長さ約5㎜。2n=16,24。花期は7~10月。
6-1 Inula britannica L. subsp. japonica (Thunb.) Kitam. f. antiplena (Honda) H.Hara  マルザキオグルマ
6-2 Inula japonica Thunb. var. plena (Makino) Makino  ヤエオグルマ
    synonym Inula britannica L. subsp. japonica (Thunb.) Kitam. f. plena Makino
6-3 Inula japonica Thunb. var. ramosa (Kom.) C.Y.Li  エダウチオグルマ
    synonym  Inula britannica L. subsp. japonica (Thunb.) Kitam. var. ramosa Kom.

 7  Inula linariifolia Turcz.  ホソバオグルマ
    synonym Inula britannica L. var. linariifolia (Turcz.) Regel 
    synonym Inula britannica L. subsp. linariifolia (Turcz.) Kitam.
 日本、朝鮮、中国、モンゴル、ロシア原産。
 葉の幅がやや狭く、基部はわずかに茎を抱く程度。総苞片が細く、先が尖る。

 8  Inula magnifica Lipsky
 コーカサス東部原産。英名はgiant fleabane
品種) 'Sonnenstrahl'[AGM]

 9  Inula orientalis Lam. [The Plan List]
    synonym Pentanema orientale (Lam.) D. Gut. Larr. et al.  [GRIN]
 インド、パキスタン、コーカサス、トルコ原産。
品種) 'Grandiflora'

 10  Inula racemosa J. D. Hooker
    synonym Inula royleana C. B. Clarke.
 中国、アフガニスタン、カザフスタン、ネパール、パキスタン原産。中国名は总状土木香 zong zhuang tu mu xiang。英名はIndian elecampane 。
品種)  'Sonnenspeer'

 11  Inula salicina L.
 日本、朝鮮、中国、ウズベキスタン、アゼルバイジャン、ジョージア、レバノン、シリア、トルコ、ヨーロッパ原産。

11-1 Inula salicina L. var. asiatica Kitam.  カセンソウ 歌仙草
    synonym Inula salicina L. subsp. asiatica (Kitam.) Kitag.
    synonym Inula kitamurana Tatew.
    synonym Inula salicina auct. non L. 
 北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、ロシア、モンゴル原産。中国名は柳叶旋覆花 liu ye xuan fu hua 。当たりのよい水路の土手などの草地に生える。
 多年草。高さ20~80㎝。地下茎で横に広がる。茎は細くて硬く、やや密に毛が生え、葉が密につき、間隔は1~2.5㎝、直立し、上部で枝分かれする。根生葉は長さ2~6㎝、幅5~15(30)㎜の被針形、花期には無い。茎葉は互生し、無柄、長さ(3)5~8㎝、幅1~2㎝の広楕円形~披針形、先は尖り、基部は茎を抱く。葉は洋紙質、やや硬く、縁には小歯牙がある。葉裏は葉脈がはっきり隆起し、無毛~有毛。頭花は枝先に1個ずつ上向きにつき、直径3.5~4㎝。総苞より下部に葉状の苞が多数、取り囲んでつく。総苞は直径10~15(20)㎜の半球形。総苞片は4~5列、ほぼ同長。外総苞片は長さ 5~7㎜、幅1.5~2.5㎜、披針形~へら状楕円形、先が鋭頭~鈍頭。内総苞片は紫褐色を帯びる。周辺花(舌状花)は35~70個。小舌は長さ10~15㎜。痩果は長さ1.5~2㎜、無毛、褐色~暗褐色。冠毛は長さ7~8㎜、褐色を帯びる。2n=16。花期は6~10月。

 12  Inula salsoloides (Turcz.) Ostenf.  スナジオグルマ
    synonym Inula ammophila Bunge ex Candolle
 中国、モンゴル、ロシア、アフガニスタン原産。中国名は蓼子朴 liao zi pu

 13  Inula x yosezatoana Makino, nom. nud.  サクラオグルマ 佐倉小車
 本州(千葉県、神奈川県)に分布。
 オグルマとホソバオグルマの自然交雑種と考えられている。牧野富太郎博士が千葉県佐倉市で発見し、この名が付けられた。まだ、正式な学名が認められていない。
 多年草。高さ20~80㎝。夏の花期に根生葉がある。茎は上部で分枝して直立し、赤褐色を帯びる。茎葉の幅はホソバオグルマ(5~10㎜)より広く、長さ約12㎝の長楕円形で、基部はわずかに茎を抱く。葉の質はやや厚く、葉縁は裏面に巻き込み、全縁又は低い歯状鋸歯。葉裏の脈は低く隆起し、長い伏毛がまばらに生え、黄褐色の腺点がまばらにつく。枝先にホソバオグルマ(1.0~2.8㎝)より大きい直径3.0~3.5㎝の頭花を1個ずつつける。花柄は直径約1㎜、縮毛がある。花期は7~10月。

 14  その他ハイブリッド
品種) 'Finnish Feathers' , 'Golden Beauty' , 'Oriental Star'

  ペンタネマ属
  family Asteraceae - genus Pentanema

 亜低木又は1年草。茎は翼が無く、樹脂道が無い。葉は互生、長円形~披針形、全縁~鋸歯縁、しばしば絨毛がある。頭花は普通、異形配偶の(heterogamous)放射状頭花(radiate)、ときに円盤型頭花(disciform)、中心小花頭花(discoid )。低木性の種ではしばしば若い頭花が冬眠する。花托はパレアが無く、平滑。周辺小花は雌性、花冠は黄色、放射状、小型の放射状又は±筒状 、表皮はとさかが無い。中心小花は両性。花冠は黄色、真っすぐな細胞壁をもち、針状の結晶をもつ。花冠裂片は短く、平滑。葯は距が無く、分枝した尾をもつ。内皮の組織は放射状。葯台の細胞は幅が長さより広い。花粉の刺は空洞をもつ。花柱の枝は鋭い弧状の毛をもち、分岐に届かない。痩果は長い結晶をもつ。剛毛状の冠毛は毛管状の剛毛が1列につく。 x = 9。
 世界に約18種あり、アフリカ、アジア中央~南部~南東部に分布する。[Flora of China]
又は世界に約33種あり、ユーラシア、アフリカ、エチオピアに分布する。[Kewscience]
【ペンタネマ属の種
Pentanema alanyense H.Duman & Anderb. Pentanema aschersonianum (Janka) D.Gut.Larr.
Pentanema asperum (Poir.) G.V.Boiko & Korniy. Pentanema auriculatum (Boiss. & Balansa) D.Gut.Larr.
Pentanema bifrons (L.) D.Gut.Larr.
Pentanema britannicum (L.) D.Gut.Larr.
Pentanema caspicum (F.K.Blum ex Ledeb.) G.V.Boiko, Korniy. & Mosyakin Pentanema confertiflorum (A.Rich.) D.Gut.Larr.
Pentanema conyzae (Griess.) D.Gut.Larr.
Pentanema ensifolium (L.) D.Gut.Larr.
Pentanema flexuosum (Boiss. & Hausskn.) Rech.f. Pentanema germanicum (L.) D.Gut.Larr.
Pentanema gracile (Gilli) Rech.f.
Pentanema helenioides (DC.) D.Gut.Larr.
Pentanema helveticum (Weber) D.Gut.Larr.
Pentanema hirtum (L.) D.Gut.Larr.
Pentanema inuloides (Fisch. & C.A.Mey.) D.Gut.Larr.
Pentanema kurdistanicum Maroofi & Ghaderi
Pentanema langeanum (Beck) D.Gut.Larr.
Pentanema maletii (Maire) D.Gut.Larr.
Pentanema mariae (Bordz.) D.Gut.Larr.
. Pentanema × medium (M.Bieb.) G.V.Boiko & Korniy.
Pentanema montanum (L.) D.Gut.Larr.
Pentanema nematolepis Rech.f.
Pentanema oculus-christi (L.) D.Gut.Larr.
Pentanema orientale (Lam.) D.Gut.Larr.
Pentanema persicum (DC.) D.Gut.Larr.
Pentanema prasinurum Rech.f.
Pentanema pulicariiforme (DC.) Jaub. & Spach
Pentanema pygmaeum (Gilli) Rech.f.
Pentanema sabuletorum (Czern. ex Lavrenko) G.V.Boiko & Korniy.
Pentanema salicinum (L.) D.Gut.Larr.
Pentanema spiraeifolium (L.) D.Gut.Larr.
Pentanema verbascifolium (Willd.) D.Gut.Larr.

 参考
1) Flora of China
 Inula
 http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=116442
1) GRIN
 Inula
 https://npgsweb.ars-grin.gov/gringlobal/taxonomygenus.aspx?id=6048
2) Flora of Noth America
 Inula
 http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=1&taxon_id=116442
 Inula britannica , Inula helenium , Inula salicinaの解説
3)Plants of the World Online | Kew Science
 Inula japonica Thunb.
 http://www.plantsoftheworldonline.org/taxon/urn:lsid:ipni.org:names:927450-1
 Pentanema
 http://powo.science.kew.org/taxon/urn:lsid:ipni.org:names:10422-1

TOP Back