ナガバノウナギツカミ  長葉の鰻攫

mark

Flora of Mikawa

タデ科 Polygonaceae イヌタデ属

別 名 ナガバノウナギヅル 長葉の鰻蔓
中国名 长箭叶蓼 chang jian ye liao
学 名 Persicaria hastatosagittata (Makino) Nakai
Polygonum hastatosagittatum Makino
ナガバノウナギツカミの花
ナガバノウナギツカミの腺毛
ナガバノウナギツカミの茎
ナガバノウナギツカミの托葉鞘
ナガバノウナギツカミ
ナガバノウナギツカミ花序
ナガバノウナギツカミ葉
ナガバノウナギツカミ葉2
花 期 9~10月
高 さ 30~80㎝
生活型 1年草
生育場所 水辺
分 布 在来種 本州、四国、九州、中国、台湾、ロシア
撮 影 田原市  06.10.21
茎には下向きの短い刺がまばらに生える。葉は長さ5~10㎝、幅1~2(4)㎝の線状惰円形~卵状長楕円形で、中部以下の葉には約1㎝、長いものは3㎝の柄がつき、基部は小さく3裂又はほぼ切形。托葉鞘は1~3㎝と長く。先は切形、短い縁毛がある。短い総状花序に密に花をつける。花は淡紅色、花被片は長さ3~4㎜。雄しべ7個。花序の柄には密に赤色~暗褐色の腺毛があり、小苞や小梗((小花柄)にも赤色の腺毛がある。果実は明瞭な稜のある3稜形、光沢があり、褐色。2n=22
 類似種にホソバノウナギツカミ、ナガバノヤノネグサがある。ホソバノウナギツカミは花の数が少なく、花柄の腺毛が少なく、葉柄が上部ではほとんどない。
 愛知県絶滅危惧ⅠB類のナガバノヤノネグサは葉の幅がやや広く、葉柄が短く、托葉鞘が長さ3~4㎜と短い。花数も少ない。
 アキノウナギツカミは普通に見られるが、ホソバノウナギツカミ、ナガバノウナギツカミは少なく、ナガバノヤノネグサはほとんど見られない。
 ヤノネグサは葉幅が広く、小苞の先だけ赤く、小梗が短い。