ホソバノウナギツカミ 細葉の鰻攫

mark

Flora of Mikawa

タデ科 Polygonaceae イヌタデ属

中国名 疏蓼 shu liao
英 名 spotted knotweed
学 名 Persicaria praetermissa (Hook.f.) H.Hara
Persicaria hastato-auriculata (Makino) Nakai
Polygonum hastato-auriculatum Makino ex Nakai
Polygonum praetermissum Hook.f.
ホソバノウナギツカミ花序
ホソバノウナギツカミの花
ホソバノウナギツカミ花柄の腺毛
ホソバノウナギツカミの托葉鞘
ホソバノウナギツカミ
ホソバノウナギツカミ果実
ホソバノウナギツカミ葉表
ホソバノウナギツカミ葉裏
花 期 6~9月
高 さ 30~80㎝(這う)
生活型 1年草
生育場所 田の畔、水辺
分 布 在来種  本州(関東以西)、四国、九州、朝鮮、中国、台湾、インド、ネパール、ブータン、スリランカ、フィリピン、オーストラリア、タスマニア島
撮 影 幸田町  05.7.23
 茎には下向きの刺が生える。葉は互生し、長さ4~8㎝の披針形~長披針形。柄は短く、基部は左右が細く突き出し、茎を抱く。托葉鞘は膜状、長さ0.8~2㎝。花は3~5個がまとまってつく程度のまばらな花序。花被は5深裂し、先が淡紅色又は白色。花柄にはまばらに腺毛がある。痩果は長さ約2㎜の丸みのある3稜形。
 類似のアキノウナギツカミナガバノウナギツカミは花の数が多数、固まってつく。ナガバノウナギツカミは葉柄が長いのが特徴である。