ママコノシリヌグイ 継子の尻拭

mark

Flora of Mikawa

タデ科 Polygonaceae イヌタデ属

別 名 トゲソバ
中国名 刺蓼 ci liao
学 名 Persicaria senticosa (Meisn.) H. Gross
Polygonum senticosum (Meisn.) Franch. et Sav.
ママコノシリヌグイの花
ママコノシリヌグイの果実
ママコノシリヌグイの托葉
ママコノシリヌグイの葉
ママコノシリヌグイの茎
ママコノシリヌグイ
ママコノシリヌグイ枝の刺
ママコノシリヌグイ果実
ママコノシリヌグイ葉裏
花 期 5~10月
高 さ つる状(1~2m)
生活型 1年草
生育場所 道端、林縁
分 布 在来種 日本全土、朝鮮、中国、台湾、ロシア
撮 影 三ヶ根山  01.6.4
茎はよく分枝し、赤色を帯び、茎や葉柄に下向きの刺(逆刺)と細毛がある。葉は三角形、全縁、葉柄は葉縁につき、長い。托葉鞘は膜質で短く、上部は葉質、腎形で、茎を抱く。花はミゾソバにそっくりの頭状花序で、花は直径約4㎜、約10個つく。花序の下には腺毛がある。春に咲き始め、秋まで咲いている。花被は5深裂し、雌しべは1個、雄しべは8個。花被は大きくなって果実を包む。果実は上端がやや尖り、長さ約3㎜、黒色。2n=24
 別名をトゲソバといい、白花をシロバナトゲソバという。
 イシミカワも茎に逆刺があり葉が三角形である。葉の三角の先がやや丸く、葉柄が葉縁でなくやや内側につく。