イシミカワ 石見川、石膠

mark

Flora of Mikawa

タデ科 Polygonaceae  イヌタデ属

中国名 杠板归 gang ban gui
英 名 Asiatic tearthumb, mile-a-minute weed, Chinese tearthumb, devil's-tail
学 名 Persicaria perfoliata (L.) H. Gross.
イシミカワの花
イシミカワの果実
イシミカワの托葉
イシミカワの葉柄の基部
イシミカワ
イシミカワ葉
花 期 6~10月
高 さ つる性
生活型 1年草
生育場所 道端、田のあぜ、草地
分 布 在来種 日本全土、世界全域(雑草)
撮 影 渥美半島  06.11.1
茎には下向きの鋭い刺(逆刺)がある。葉は三角形、白緑色で、葉柄は葉縁でなく、葉身下部の縁寄りに楯状(T字状)につき、刺がある。托葉鞘は膜質で短く、上部は円形の葉のように広がり茎を取り囲む。枝先の丸い葉のような苞の上に花が10~20個の小さな花序をつける。花は淡緑色で小さく、花被は5中裂する。丸い苞の上に花被に包まれた丸い果実が多数乗り、秋には果実の花被の色は青~紫色に変わり目立つようになる。花被の中の果実は黒紫色、直径約3㎜の球形。1日に15cm成長し、7m以上になり、英名のMile-a-minute weedはこの特徴をよく表している。2n=24
 三角の葉で刺がよく似ているママコノシリヌグイは葉先が尖り、葉柄が葉縁につき、花、実が全く異なる。