イヌガヤ 犬榧

mark

Flora of Mikawa

イヌガヤ科 Cephalotaxaceae イヌガヤ属

別 名 ヘダマ、ヒノキダマ
英名] Harrington's cephalotaxus
学 名 Cephalotaxus harringtonia (Knight ex Forbes) K.Koch var. harringtonia
Cephalotaxus drupacea Siebold et Zucc. var. pedunculata (Sieb. et Zucc.) Miq.
イヌガヤ雄花
イヌガヤ雄花2
イヌガヤ葉表
イヌガヤ幹
イヌガヤ
カヤ葉裏
花 期 3~4月
高 さ 5~15m
生活型 常緑低木~小高木
生育場所 林内
分 布 在来種 本州(岩手県以南)、四国、九州
撮 影 新城市(旧鳳来町)  10.4..8
和名はカヤに似ているが、あまり有用でないから。樹形はまとまりがなく、枝がややまばら。樹皮は暗褐色、縦に粗く裂け、短冊状に剥がれ落ちる。葉はやや柔らかい革質、長さ2~4㎝、幅3~4㎜の扁平な線形、螺旋状に互生し、基部で捻じれてほぼ2列に並ぶ。葉表の主脈が明瞭、葉先が尖る。ごく短い葉柄があり、目立たない葉枕に続く。葉表は濃緑色、葉裏は気孔帯が幅広であり、白色の2本線が目立つ。雌雄別株まれに同株。前年枝の葉腋に雄花序を多数つける。雄花序は直径約1㎝の球形、淡黄色の雄花が5~10個、集まってつく。雌花は枝先につき、緑色。果実でなく、種子が裸出し、肉質の外種皮に包まれた核果状の種子ができる。種子は長さ約2.5㎝の卵形~惰円形、紅紫色に熟す。外種皮を取った内種皮の長さ約12㎜、褐色。
 イチイ科のカヤやイチイも種子がよく似て核果状であるが、果肉のような部分は胚珠がついている胚柄が発達して肉質になったもので、仮種皮という。イヌガヤの場合は外種皮である。
 ハイイヌガヤ var. nanaは幹が這う変種。多雪地帯に見られる。
 チョウセンマキ 'Fastigiata' は栽培品種で広く栽培されている。
 コウライイヌガヤ subsp. koreana は朝鮮、中国に分布する。
 カヤは高木。葉の長さが短く、葉幅が約3㎜と狭い。葉表の主脈がほとんど見えず、葉質はイヌガヤより硬く、触ると痛い。葉裏の気孔帯の白色の幅が狭い。種子は熟しても仮種皮が緑色。
 イチイは葉が短く、幅も約2㎜と狭い。葉裏の気孔帯の幅が同様に広いが、淡緑色で、あまり目立たない。イヌガヤより葉質が柔らかい。熟すと仮種皮が紅色になる。
 モミツガはマツ科であり、球果である。葉先が円く、先端に小さい凹みがある。モミは若枝の葉先が2裂し、針状に尖り、球果が大きい。ツガは球果が小さい。

イヌガヤ属

  family  Cephalotaxaceae - genus Cephalotaxus

 常緑低木、小高木、高さ1~10m(まれに20mになる高木)。葉はシュートに螺旋状につくが、基部が捻じれ、平らな2列に並ぶ(直立する先導のシュートを除く)。葉は線形、長さ4~12㎝×幅3~4㎜、手触りは柔らかく、先は鈍く、これが類似の属からの判別の手助けとなる。カヤ属(Torreya)は葉先に刺がある。雌雄同株又は雌雄異株。雌雄同株のとき、雄錘(male cone)と雌錘(female cone)はしばしば異なる枝につく。雄錘(花粉錘 pollen cone)は長さ5~8㎜、シュートの下側に沿って線状に集まる。雌錘(胚珠錐=球花 seed cone)は単生又はシュートの茎に2~15個が集まってつき、初め小さく、約18ヶ月で熟し、核果状の構造になる。種子は1個で大きな堅果状、長さ1.5~4㎝、肉質の外種皮に完全に覆われ、完熟すると緑色~紫色になる。自然の散布はリスによって助けられていると考えられている。冬の食糧として種子を埋め、いくつかの種子は食べられずに残り、発芽する。
 世界に11種あり、アジア東部に分布する。

イヌガヤ属の主な種と園芸品種

1 Cephalotaxus fortunei Hook.  トウイヌガヤ 唐犬榧
 中国、ミャンマー原産。中国名は三尖杉 san jian shan 英名はChinese plum-yew。
 高木又は低木、高さ20m以下、幹は胸高直径20㎝以下又はそれ以上。樹皮は赤褐色、ひも状に剥離する。小枝は葉がつき、外形が倒卵形、倒三角形、又はほぼ四角形、平ら、長さ(4~)5~21㎝×幅 (3~)7~20㎝。葉は小枝の腋に30~110°でつき、 葉柄は長さ0.5~2㎜。葉身は上面が緑色で光沢があり、線状披針形、上部は次第に漸尖(葉身の下部1/3から)し、かま形又はほぼ真っすぐ、平ら、長さ(1.5~)3.5~12.5㎝×幅(1.5~)3.2~5㎜、革質だがやや柔らかく、しなやか、下面の中脈は幅 0.2~0.5㎜、気孔帯は幅(0.8~)1.2~2.1㎜、普通、気孔が(13~)17~24 列に並び、中脈の幅の2~5倍あり、縁の帯の幅は0.1~0.4㎜、基部はくさび形又は短く漸尖し、非対称、縁は平ら又は乾くとごく狭く外巻きし、先は尖頭形、尖頭は長さ0.5~2㎜、しばしば折れて取れる。花粉錘の頭状花序は6~14個の花粉錘がつき、花序柄があり(花序柄は長さ2~5㎜)又は無柄~ほぼ無柄(花序柄は長さ0~2㎜)、球形、直径6~10㎜。苞は卵形、最も大きいものは約・長さ2㎜×幅2.5㎜、縁はほぼ全縁又はギザギザになり、先は鋭形。小胞子葉(microsporophylls)は6~16個、各々、3~4個の胞子嚢をもつ。種子錘 (seed cone)は3~6個集合してつき、花序柄は長さ3~12㎜、種子の鱗片は長さ約1.5㎜。外種皮は初め、黄色又は緑色、熟すと紫色になり、長さ1.4~2.5㎝×幅0.9~1.5㎝、多数の不明瞭な条線又は明瞭な縦のうねがあり、先端はごく短い微突形。種子は楕円形、長さ1.3~2.4㎝×幅0.7~1.4㎝。花粉期は4~5月。種子の熟すのは6~10月。
品種) 'Brevifolia' , 'Dragon's Plume' , 'Grandis' (f) , 'Lions Plume' , 'Longifolia' , 'Longifolia' (m) , 'Pendula' , 'Prostrata , 'Prostrate Spreader' , 'Robusta'
1-1 Cephalotaxus fortunei var. alpina H. L. Li,
 中国名は高山三尖杉 gao shan san jian shan
 葉葉幅1.5~3.2(~3.5)㎜。花粉錘は無柄~ほぼ無柄、花序柄は長さ0~2㎜。 外種皮は明瞭な縦のうねがある。2n = 24。.

2 Cephalotaxus harringtonia (Knight ex Forbes) K.Koch  犬榧
 日本、朝鮮原産。英名はJapanese plum-yew , Harrington's cephalotaxus , cowtail pine , plume yew。別名はヘビノキ(蛇の木)、ヘダマ(屁玉)、ヒノキダマ(檜玉)。
 中国にCephalotaxus harringtoniaがあるとされるが、 C. latifolia 又は C. sinensisのいずれかの誤りである。Cephalotaxus harringtoniaの葉先は比較的、長く尖る(C. sinensisと同様に)が、たまに短い微突形に変化する葉がある。これらの変化は C. latifolia や C. mannii (C. hainanensis)と同様であり、これらの分類学的位置と、C. latifolia と C. sinensisとの相関は調査が必要であるとされている(Floraof China)。KewscienceではCephalotaxus harringtoniaは東アジアに広く分布し、C. sinensis、C. wilsoniana、C. mannii をsynonymとしている。
 常緑低木~小高木。高さ5~15m。樹形はまとまりがなく、枝がややまばら。樹皮は暗褐色、縦に粗く裂け、短冊状に剥がれ落ちる。葉はやや柔らかい革質、長さ2~4㎝、幅3~4㎜の扁平な線形、螺旋状に互生し、基部で捻じれてほぼ2列に並ぶ。葉表の主脈が明瞭、葉先が尖る。ごく短い葉柄があり、目立たない葉枕に続く。葉表は濃緑色、葉裏は気孔帯が幅広であり、白色の2本線が目立つ。雌雄別株まれに同株。前年枝の葉腋に雄花序を多数つける。雄花序は直径約1㎝の球形、淡黄色の雄花が5~10個、集まってつく。雌花は枝先につき、緑色。果実でなく、種子が裸出し、肉質の外種皮に包まれた核果状の種子ができる。種子は長さ約2.5㎝の卵形~惰円形、紅紫色に熟す。外種皮を取った内種皮の長さ約12㎜、褐色。花期は3~4月。
品種) 'Duke Gardens' , 'Fastigiata' , 'Gimborn's Pillow' , 'Gnome' , 'Korean Gold' , 'Nana' , 'Prostrata' , 'Duke Gardens' , 'Fastigiata' , 'Fastigiata Aurea' , 'Fastigiata Aureovariegata' , 'Fritz Huber' , 'Fujinami Yellow' , 'Gimborn’s Pillow' , 'Gnome' , 'Kools' , 'Korean Gold' , 'Lad' , 'Ogon Chosen Maki' , 'Prostrata' , 'Sphaeralis'

2-1 Cephalotaxus harringtonia (Knight ex Forbes) K.Koch var. harringtonia  イヌガヤ
2-2 Cephalotaxus harringtonia (Knight ex Forbes) K.Koch f. drupacea (Siebold et Zucc. ex Miq.) Kitam.  イヌガヤ 狭義
  synonym Cephalotaxus harringtonia (Knight ex Forbes) K.Koch subsp. drupacea (Siebold et Zucc. ex Miq.) Silba
  synonym Cephalotaxus harringtonia (Knight ex Forbes) K.Koch var. drupacea (Siebold et Zucc. ex Miq.) Koidz.
  synonym Cephalotaxus drupacea Siebold et Zucc. ex Miq.

2-3 Cephalotaxus harringtonia (Knight ex Forbes) K.Koch subsp. koreana (Nakai) Silba  コウライイヌガヤ
  synonym Cephalotaxus koreana Nakai
 日本、朝鮮原産。英名はKorean plum yew
 The Plant ListやKewscienceではCephalotaxus harringtoniaに含め、別種や亜種としない。
2-4 Cephalotaxus harringtonia (Knight ex Forbes) K.Koch var. nana (Nakai) Rehder  ハイイヌガヤ
  synonym Cephalotaxus harringtonia (Knight ex Forbes) K.Koch subsp. hokkaidoensis Silba
2-5 Cephalotaxus harringtonia (Knight ex Forbes) K.Koch 'Fastigiata'  チョウセンマキ
  synonym Cephalotaxus harringtonia (Knight ex Forbes) K.Koch var. fastigiata (Carriere) C.S.Schneid
  synonym Cephalotaxus harringtonia (Knight ex Forbes) K.Koch f. fastigiata (Carriere) Rehder

3 Cephalotaxus wilsoniana Hayata  タイワンイヌガヤ
  synonym Cephalotaxus sinensis (Rehder et E.H.Wilson) H.L.Li var. wilsoniana (Hayata) L.K.Fu et Nan Li
  synonym Cephalotaxus sinensis (Rehder et E.H.Wilson) H.L.Li subsp. wilsoniana (Hayata) Silba [Flora of China]
  synonym Cephalotaxus harringtonia (Knight ex Forbes) K.Koch var. wilsoniana (Hayata) Kitam.
 台湾原産。英名はTaiwan plum yew , Taiwan cow's-tail pine , Wilson plum yew
 KewscienceではCephalotaxus harringtoniaに含めている。

参考

1) Flora of China
 Cephalotaxus
 http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=106119
2) Plants of the World Online | Kew Science
 Cephalotaxus
 http://www.plantsoftheworldonline.org/taxon/urn:lsid:ipni.org:names:11657-1
3)GRIN
 Cephalotaxus
 https://npgsweb.ars-grin.gov/gringlobal/taxonomygenus.aspx?id=2281
>