イヌビエ 犬稗

mark

Flora of Mikawa

イネ科 Poaceae イヌビエ属

中国名 稗 bai
英 名 barnyardgrass ,cockspur grass ,Japanese millet
学 名 Echinochloa crus-galli (L.) P.Beauv. var. crus-galli
Echinochloa crus-galli (L.) P.Beauv.
Echinochloa crus-galli (L.) P.Beauv. var. caudata auct. non (Roshev.) Kitag.
イヌビエ穂
イヌビエ穂2
イヌビエ葉
ケイヌビエとの中間
イヌビエ
イヌビエの小穂
花 期 7~10月
高 さ 60~120㎝
生活型 1年草
生育場所 水田、道端、草地、荒地、湿地
分 布 在来種 北海道、本州、四国、九州、沖縄、朝鮮、台湾、世界の温帯~熱帯に広く分布
撮 影 幸田町  09.7.22
和名の由来は食用にならないヒエという意味から。アメリカ、オーストラリアなどで野生化し、世界に広く分布している。
 葉は長さ30~50㎝、幅1~2㎝。葉の形や色については変化が多く、葉縁が白色で肥厚するものや、縁が紫色になるものがある。葉舌は無い。円錐花序は8~30㎝、枝の長さ5㎝以下。小穂の長さは3~4㎜。芒の長さは不定で、ほとんど無いものを狭義のイヌビエ、芒が特に長いものをケイヌビエと区別していたが、中間型が様々あり、区別しないことが多くなっている。第1苞頴は小さく、鈍三角形。第1小花の護頴は膨らまない(腹が平ら)。2n=54
 ヒメイヌビエは全体に小型の変種で、小穂の長さは2.5~3㎜、芒はほとんど無い。
 タイヌビエは第1小花の護頴が膨らみ、小穂が大きい。
 タイヌビエのように、第1小花の護頴が膨らむ小型の変種をヒメタイヌビエという。
 このイヌビエ、ヒメイヌビエ、タイヌビエ、ヒメタイヌビエの4種は総称してノビエと呼ばれる。
 ヒエ Echinochloa esculenta (Echinochloa utilis)はイヌビエから改良された穀物の栽培種。茎が太く、花穂が太く、屈曲する。小穂は球形に近い。中国名は紫穗稗(zi sui bai )。
 ワセビエ Echinochloa colona は熱帯に広く分布する。小穂は芒がなく、長さ2~3㎜。第1苞頴は小穂の約1/2。