スズメノヒエ  雀の稗
[中国名] 雀稗 que bai
[英名] Japanese paspalum
[学名] Paspalum thunbergii Kunth ex Steud.
イネ科  Poaceae  スズメノヒエ属
三河の植物観察
スズメノヒエの穂の葯と柱頭
スズメノヒエの穂の基部
スズメノヒエの葉鞘
スズメノヒエの小花
スズメノヒエの果実
スズメノヒエ
スズメノヒエ小穂
スズメノヒエ葉
 スズメノヒエ属の在来種で、外来種のシマスズメノヒエタチスズメノヒエが増え、これらに比べあまり見られなくなっている。
 地下茎は無い。葉鞘や葉の両面に毛があり、葉舌は膜状。花序の総(花序の枝)は3~6個、総の基部に長毛が生えることが多く、無いこともある。小穂は2列(まれに3~4列もある。)につき、長さ約3㎜の楕円状円形、縁に微毛が生える程度でほとんど無毛。葯は黄色、柱頭は黒紫色。小花は2個。第1小花は退化して護頴(第3頴)だけになっている。第1苞頴は無いかあっても小さい。第2小花の表面は革質で、半球形状の護頴(第4頴)の縁が、内頴の縁を包み込むように覆い、熟すと淡黄褐色になる。
 類似のスズメノコビエは総が2~10個と幅があり、同じように小穂が楕円状円形だが、長さ約2.2㎜と小さく、小花が熟すと褐色になる。葉鞘も無毛。2n= 20, 40
 最も多く、普通に見られるシマスズメノヒエの小穂の先はとがり、葯と柱頭ともに濃紫色で、黒っぽく見えることでスズメノヒエと区別できる。タチスズメノヒエは草丈がススキのように高い。アメリカスズメノヒエキシュウスズメノヒエは総が少なく2~3個である。チクゴスズメノヒエは、第1苞頴が湾曲した披針形で大きい。
[花期] 8~10月
[草丈] 40~90㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 日当たりのよい草地、道端、荒地
[分布] 本州、四国、九州、沖縄、朝鮮、中国、台湾、インド、ブータン
[撮影] 蒲郡市形原町  06.7.22
TOP Back