ナワシログミ  苗代茱萸
[別名] トキワグミ
[中国名] 胡颓子 hu tui zi
[英名] spiny oleaster
[学名] Elaeagnus pungens Thunb.
グミ科 Elaeagnaceae  グミ属
三河の植物観察
ナワシログミの枝先
ナワシログミの未熟な果実
ナワシログミの葉
ナワシログミの枝
ナワシログミ
ナワシログミ葉表・葉裏
ナワシログミ鱗状毛表表と葉裏
 和名は苗代を作る頃に果実が稔ることから。
 枝は多数分枝して密になるため、公園などの生垣によく植栽されている。葉は互生し、長さ5~10㎝の楕円形、縁はほぼ全縁で波状になる。葉は革質、硬く、葉の表面は星状毛が少なく、光沢がある。葉の表面の鱗状毛はほぼ白色、直径約0.5㎜。葉の裏面は白く、直径約0.2㎜の銀色の鱗状毛が敷き詰められ、直径約0.5㎜の褐色の鱗状毛が点々と混じる。花は淡黄褐色。萼筒は円筒形。果実は長さ1.2~1.5㎝の楕円状卵形、赤く熟す。
[花期] 10~11月
[果期] 5~6月
[樹高] 2~3m
[生活型] 常緑低木
[生育場所] 暖地の海岸付近、丘陵地
[分布] 在来種 本州(関東地方以西)、四国、九州、中国
[撮影] 田原市 06.8.6
TOP Back