ナツグミ  夏茱萸
[中国名] 木半夏 mu ban xia
[英名] cherry silverberry
[学名] Elaeagnus multiflora Thunb.
Elaeagnus multiflora Thunb. var. multiflora
グミ科 Elaeagnaceae  グミ属
三河の植物観察
ナツグミの花横
ナツグミの花
ナツグミの花2
ナツグミの果期
ナツグミの果実
ナツグミの幹
ナツグミ
ナツグミの葉
ナツグミの葉
ナツグミの葉表の鱗状毛
ナツグミの葉裏の鱗状毛
 品種に分ける場合はマルバナツグミ form. orbiculata とホソバナツグミ var. multiflora form. multifloraである。
 幹は黒褐色、老木は樹皮が縦に細長く剥がれる。葉は互生し、長さ3~10㎝の楕円形~長楕円形、先は短く尖る。葉表は鱗状毛(鱗状部のある星状毛)で覆われ、葉裏は鱗状毛(鱗状部のある星状毛)が密生し、赤褐色の鱗状毛が混ざる。花は淡黄色、4個の萼片が筒部より長い。萼筒は長さ7~8 (5~6.5 )㎜。雄しべと雌しべは萼筒とほぼ同長で上に突き出ない。果実は長さ1.2~1.7㎝の広楕円形の偽果、赤く熟すと美味しい。種子は長さ約1.2㎝の卵状長楕円形。
 Flora of Chinaでは萼筒の長さと雄しべ、雌しべの突き出方で変種に分けている。var. multifloraは萼筒の長さ5~6.5㎜、雄しべと雌しべは萼筒とほぼ同長。var. tenuipes は中国だけにあり、萼筒が5~6.5㎜、雄しべと雌しべが突き出る。 var. obovoidea は中国だけにあり、萼筒が5~6.5㎜、雄しべと雌しべが萼筒より短い。var. siphonantha は萼筒が8~10㎜、中国、日本、朝鮮に分布する。
 トウグミは葉の表面に鱗状毛でなく、星状毛のある変種である。
[花期] 4~5月
[果期] 5~7月
[樹高] 2~4m
[生活型] 落葉低木~落葉小高木
[生育場所] 平地、丘陵地
[分布] 在来種  本州(福島県~静岡県の太平洋岸)、中国
[撮影] 新城市   13.5.13
TOP Back