ミズキ  水木
[別名] クルマミズキ
[中国名] 灯台树 deng tai shu
[英名] giant dogwood
[学名] Cornus controversa Hemsley.
ミズキ科  Cornaceae  ミズキ属
三河の植物観察
ミズキ花序
ミズキ花序横
ミズキ花弁4
ミズキ花弁3
ミズキ花裏
ミズキの果実2
ミズキの核
ミズキ
ミズキの果実
ミズキ葉表
ミズキ葉裏
ミズキ葉裏の毛
 和名の由来は枝を切ると樹液が水のように出ることから。高木で、枝の上が平らに広がると段になっているように見える。これが別名の由来のようである。幹は灰褐色~灰黒色、樹皮に浅い縦溝がある。葉は互生し、長さ6~15㎝の広卵形~広惰円形、枝先に集まってつく。葉脈が深く、脈が目立つ。葉表は無毛、裏面にはT字形の伏した毛状突起があり、粉白色。花は上向きに出る散房花序に多数つく。花弁は白色、4又は3個つき、長さ5~6㎜。核果は直径6~7㎜、紫黒色~黒色に熟し、先端が少し凹む。核は直径6~7㎜、浅い縦溝があり、先端に不規則な欠けたような深い窪みがある。2n=20
 クマノミズキは葉が対生し、両面にT字形の伏した毛状突起がある。果実は先端が窪まない。核は直径3~4㎜、平滑、先端は窪まない。
[花期] 5~6月
[樹高] 10~20m
[生活型] 落葉高木
[生育場所] 丘陵、山地、水辺
[分布] 在来種  北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、台湾、インド、ネパール、ブータン、ミャンマー
[撮影] 面の木 05.6.12
TOP Back