ゴゼンタチバナ  御前橘
[中国名] 草茱萸 cao zhu yu
[英名] bunchberry dogwood
[学名] Cornus canadensis L.
Chamaepericlymenum canadense (L.) Aschers. et Graebn.
ミズキ科  Cornaceae  ミズキ属
三河の植物観察
ゴゼンタチバナの花
ゴゼンタチバナの実
ゴゼンタチバナの葉
ゴゼンタチバナ
 ゴゼンタチバナ属 Chamaepericlymenumに分類されることもある。
 和名は白山の最高峰の御前峰に由来する。花のつく葉は5~6個が輪生し、花のつかない葉は4個輪生。葉は長さ3.5~4.8㎝、幅1.5~2.5㎝、 脈が目立ち、倒卵形~菱形。花弁に見えるのは4個の白色の苞(総苞片)。頭状花序には10~25個の花がつく。花は4個の花弁、4個の雄しべ、黒紫色の雌しべからなる。果実は直径5~8㎜、2個の種子を入れ、秋に真っ赤に熟す。2n=44
[花期] 6~8月
[草丈] 5~15㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 亜高山の林内
[分布] 在来種  北海道、本州(中部地方以北、奈良県)、四国、朝鮮、中国、ロシア、北アメリカ
[撮影] 志賀高原 05.8.1
TOP Back