クロバイ  黒灰
[別名] トチシバ、ソメシバ
[学名] Symplocos prunifolia Sieb. et Zucc.
Symplocos sumuntia auct. non Buch.-Ham. ex D.Don
ハイノキ科 Symplocaceae  ハイノキ属
三河の植物観察
クロバイの花序
クロバイの花
クロバイの果実
クロバイの葉芽
クロバイの枝
クロバイの幹
クロバイ
クロバイの花序
クロバイの核
クロバイ葉表
クロバイ葉裏
 和名の由来は木灰を媒染に用い、葉の色が濃く黒っぽく見えることに由来する。
 幹は黒褐色、皮目が多い。葉は互生し、長さ3~7㎝の長楕円形、先は尾状に尖り、基部は楔形、縁には浅鋸歯がある。葉表は光沢があり、無毛。葉柄は長さ約1㎝。花は長さ約5cmの総状花序を多数つける。花冠は白色、5深裂し、雄しべは花冠より長く、多数。葯は黄色。雌しべ1個。花は甘い香りがする。果実は長さ6~7㎜の楕円形の核果で、秋から冬に黒く熟す。果汁は青色。核は長さ5~6㎜の狭長楕円形、褐色。
[花期] 4~5月
[樹高] 5~10m
[生活型] 常緑高木
[生育場所] 丘陵、低山地
[分布] 在来種 本州(関東南部以西)、四国、九州、沖縄、済洲島
[撮影] 西尾市  13.4.20
TOP Back