ジャノヒゲ  蛇の髭
[別名] リュウノヒゲ
[中国名] 麦冬 mai dong
[英名] mondo grass , dowarf lily-turf
[学名] Ophiopogon japonicus (L. fil.) Ker Gawl.
キジカクシ科 Asparagaceae  ジャノヒゲ属
三河の植物観察
ジャノヒゲ花序
ジャノヒゲ花
ジャノヒゲ花裏
ジャノヒゲ葯
ジャノヒゲ種子
ジャノヒゲ種子拡大
ジャノヒゲ葉裏
ジャノヒゲ
ジャノヒゲ葉の表裏
ジャノヒゲ種子と胚乳
 キジカクシ科は旧分類のユリ科から分割された。根を薬用にするため、中国では広く栽培され、庭園用に世界中で栽培されている。
 和名は細い葉を竜の髭にたとえたもの。匐枝を地中で横に長く伸ばす。根は中間や先端で管状に太くなる。葉は房状に基部につき、無柄、長さ10~20㎝、幅2~4㎜とオオバジャノヒゲより細く、硬く、縁がざらつく。葉脈は3~7本。花茎は 長さ6~15(27)㎝、葉よりかなり短い。花序は長さ2~5㎝、不完全な小さな円錐花序、数個~10個以上の花をつけ、曲がり気味になる。苞は披針形、基部のものは長さ7~8㎜。花は単生~双生し、普通、下向きになる。小花柄は長さ3~4㎜、中間で明瞭。花被片は白色~帯紫色、披針形、長さ約5㎜、幅約2㎜。花糸がごく短い。葯は長さ2.5~3㎜、先が尖る。花柱はいくぶん狭円錐形、長さ約4㎜、基部の幅が広くなる。果実のように見えるの種子であり、果皮は破れ、種子が露出して大きくなり、コバルト色(コバルトブルー)に熟す。種子であるため、花柱の跡がない。種子は直径7~8㎜の球形。中の種子に見えるのは胚乳。2n=34,36,67,68,72,108、2n=70。
 白花品はシロバナジャノヒゲという。よく庭に植えられているタマリュウは葉が短い園芸品種である。
 変種のナガバジャノヒゲは匐枝を長く出さず、株立ちとなり、草丈が高い。葉が幅1.5~2.5㎜と細長い。
 オオバジャノヒゲは林内に生え、全体に大きい。匍匐を伸ばし、葉が幅4~8㎜。
 ノシランも園芸種としてよく植えられている。オオバジャノヒゲより大型で、高さは30~80㎝あり、葉の幅が10~15㎜。開花がやや遅く8月頃。苞が披針形。種子はコバルト色、倒卵形。
 ヤブラン属のヒメヤブランヤブランは種子が黒紫色。花糸が明らかにあり、葯の先が尖らない。
[花期] 6~7月
[草丈] 10~20㎝(花茎の高さ)
[生活型] 多年草
[生育場所] 林内、林縁、草地
[分布] 在来種  北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、台湾
[撮影] 蒲郡市  09.6.29
TOP Back