ヤブラン  藪蘭
[中国名] 阔叶山麦冬 kuo ye shan mai dong
[学名] Liriope muscari (Decne.) L.H.Bailey
Liriope platyphylla F.T.Wang et Ts.Tang
キジカクシ科 Asparagaceae  ヤブラン属
三河の植物観察
ヤブランの花序
ヤブランの花序2
ヤブラン花の葯
ヤブラン花
ヤブランの葉と実
ヤブラン
ヤブラン種子
ヤブランの葉
ヤブランの葉裏
 キジカクシ科は旧分類のユリ科から分割された。
 庭や公園に良く植えられている。葡枝は出さない。根はときに肉質、先端の近くで管状に太くなる。葉は長さ25~65㎝、幅0.8~2㎝、曲がらなく硬い。葉脈は(5)9~11本。.花茎(scape)は長さ (12)45~100 ㎝。花序は長さ (2)8~45㎝の総状花序、淡紫色の花を多数つける。苞は剛毛状、長さ3~4㎜。小苞は卵形。花は (3 )4~8個束生する。小花柄は長さ(2)4~5㎜、中央のものが明瞭。花被片は6個、紫色~ライラック紫色、まれに、白花のものもあり、長さ3.5~4 ㎜、幅1.5~1.8㎜の長楕円形~惰円形。 雄しべ6個。花糸は長さ約1.5㎜。葯は花糸とほぼ同長、葯の先は円い。花柱は長さ約2㎜。柱頭は小さく、わずかに3裂する。果実は早い段階で破れて、若い種子が露出して成長する。果実のように見えるのは種子で、種子は直径6~7㎜の球形、黒紫色に熟す。種子であるため、花柱の跡がない。中の種子に見えるのは胚乳。n=36,72。
 類似種のヒメヤブランは小型で、日当たりの良い場所を好む。
[花期] 8~10月
[草丈] 30~100㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山野の木陰
[分布] 在来種 本州、四国、九州、沖縄、中国
[撮影] 豊橋市    11.9.5
TOP Back