ヒメカンアオイ  姫寒葵
[学名] Heterotropa takaoi (F. Maek.) F. Maek
Asarum fauriei Franch. var. takaoi (F.Maek.) T.Sugaw
ウマノスズクサ科  Aristolochiaceae  カンアオイ属
三河の植物観察
ヒメカンアオイの花
ヒメカンアオイの花2
ヒメカンアオイの花横
ヒメカンアオイの雄しべ
ヒメカンアオイの花網目
ヒメカンアオイ
ヒメカンアオイ
ヒメカンアオイ
 三河で最も多く見られるカンアオイ属の1つ。葉は長さ5~8㎝、幅4~7㎝の卵円形~腎円形で、先端は丸いものが多く、尖るものもある。葉柄は紫褐色を帯びる。花は淡緑色~暗紫褐色で直径約1.5㎝。萼筒は長さ7~9㎜。萼筒内面の網目の隆起線は縦18~21本、横4~6本。葉や萼には変化が多く、主に萼筒内部の隆起線の数で判断する。
 イワタカンアオイの網目の隆起線は縦約30、横約10本。
 スズカカンアオイは縦約10本、横2~4本。
 カンアオイは縦9~12本、横4~6本。
 ゼニバサイシンはヒメカンアオイの変種で、葉が小型で円形のもの。
[花期] 3~5月
[草丈] 地をはう
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の林内
[分布] 在来種(日本固有種)  本州、四国
[撮影] 葦毛湿原付近 04.4.24
TOP Back