ヤチカワズスゲ 谷地蛙菅

mark

Flora of Mikawa

カヤツリグサ科 Cyperaceae スゲ属

中国名 星穗薹草 xing sui tai cao
学 名 Carex omiana Franch. et Sav. var. omiana
ヤチカワズスゲ花穂
ヤチカワズスゲ鱗片
ヤチカワズスゲ花穂2
ヤチカワズスゲ
ヤチカワズスゲ鱗片、果胞、痩果
果 期 5~7月
高 さ 30~60㎝
生活型 多年草
生育場所 湿原、湿地
分 布 在来種 北海道、本州、四国、九州、中国
撮 影 豊田市  13.5.24
和名の由来はカエルの住むような湿地に生えることから。葉は幅1.5~2.5㎜、花茎より短い。茎頂部に3~5個の小穂をつける。小穂は雌雄性で、長さ6~15㎜、褐色~緑色。果胞は長さ4~5㎜、下部が海綿質で、厚く丸くなり、先は次第に細くなって長い嘴となり、上面が平ら、下面は丸く、脈がある。果胞が熟すと褐色になり、開出する。鱗片は果胞より短く、褐色、鋭頭。痩果は長さ約2㎜、下部だけにときにやや三稜があるレンズ形の卵状披針形。柱頭2岐。
 高山型がカワズスゲであり、よく似ていて全体に小型である。
 ミタケスゲは苞が葉状で長く、雌小穂が細長く果胞も大きい。