ムクノキ 椋の木

mark

Flora of Mikawa

アサ科 Cannabaceae ムクノキ属

別 名 ムク、ムクエノキ、モク
中国名 糙叶树 cao ye shu
英 名 mukutree
学 名 Aphananthe aspera (Thunb.) Planch.
ムクノキの枝先
ムクノキ果実
ムクノキの果期
ムクノキの果実2
ムクノキ核
ムクノキの幹
ムクノキ
ムクノキ紅葉
ムクノキ葉
ムクノキ葉表の短毛
ムクノキ葉脈
花 期 4~5月
果 期 10月
高 さ 15~20m
生活型 落葉高木
生育場所 平地、丘陵などの日当たりのよい場所
分 布 在来種 本州(関東地方以西)、四国、九州、沖縄、台湾、中国、ベトナム
撮 影 竹島   06.5.27
巨木になり、銘木に指定されているものも多い。エノキと同様に民家近くに生え、温暖な地域ではどこでも見られる。。ニレ科 Ulmaceae からアサ科に変更された。
 幹は灰褐色。葉身は長さ4~10㎝、幅2~6㎝、先端が長く尖った長楕円形、基部は左右不相称、広い楔形~円形で心形にならない。両面に短毛が生えざらつく。葉脈は葉先に達し、基部から3脈が伸びる。葉柄は長さ約1㎝。雌雄同株。小さい淡緑色の花が葉の展開と同時に開花する。雄花は新枝の下部に集まってつき、花被片5個、雄しべ5個。雌花は上部の葉脇につき、花柱が2裂し、柱頭に白毛が密生して目立ち、花被片5個は果実の初期に残る。果柄は長さ5~10㎜。果実は直径7~12㎜の球形~惰円形の核果、秋に紫黒色に熟す。果実は甘いが、臭いや果肉の色はよくない。核(種子)は長さ7~8㎜。
 エノキは葉先がムクノキほど尖らず、葉先にだけ鋸歯があり、葉脈が葉先に達しない。果実は橙褐色に熟す。
 ケヤキはムクノキに葉がよく似ているが、基部が心形、果実がゆがんだ扁平球である。

ムクノキ属

  family Cannabaceae - genus Aphananthe

 高木又は低木、落葉又は半常緑、雌雄異株。小枝は刺が無く、コルク状にならず、翼もない。托葉は2個、離生、早落性、葉の基部の両側に短い横の葉痕を残す。葉は互生し、2列又は数列につき、紙質~革質、縁は鋸歯縁又は全縁。花は葉の展開と同時に生じ、単性の雄花序は集散花序。雌花序は花が1個。雄花は花被が4~5深裂し、花被片は覆瓦状。子房は無く又は不明瞭で毛状。雄しべは花被片の数と同数。花糸は直立、又は先が内側に曲がる。葯は長円形。雌花は花被が4~5深裂、花被片は狭く、±覆瓦状。核果は卵形~ほぼ球形、外果皮は±肉質。内果皮は骨質。種子は胚乳が薄く又は無く、胚は内巻き。子葉は狭い。
 世界に約5種あり、東アジア、マダガスカル、メキシコ、太平洋諸島の熱帯、亜熱帯に分布する。

ムクノキ属の主な種と園芸品種

1 Aphananthe aspera (Thunb.) Planch.  ムクノキ 椋の木
 日本本州(関東地方以西)、四国、九州、沖縄、台湾、中国、ベトナム原産。
英名はmukutree 。中国名は糙叶树 cao ye shu。別名はムク、ムクエノキ、モク
 落葉高木、高さ15~20m。幹は灰褐色。葉身は長さ4~10㎝、幅2~6㎝、先端が長く尖った長楕円形、基部は左右不相称、広い楔形~円形で心形にならない。両面に短毛が生えざらつく。葉脈は葉先に達し、基部から3脈が伸びる。葉柄は長さ約1㎝。雌雄同株。小さい淡緑色の花が葉の展開と同時に開花する。雄花は新枝の下部に集まってつき、花被片5個、雄しべ5個。雌花は上部の葉脇につき、花柱が2裂し、柱頭に白毛が密生して目立ち、花被片5個は果実の初期に残る。果柄は長さ5~10㎜。果実は直径7~12㎜の球形~惰円形の核果、秋に紫黒色に熟す。果実は甘いが、臭いや果肉の色はよくない。核(種子)は長さ7~8㎜。花期は4~5月。果期は10月。

参考

1) Flora of China
 Aphananthe
 http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=102187
2) Plants of the World Online | Kew Science
 Aphananthe
 http://www.plantsoftheworldonline.org/taxon/urn:lsid:ipni.org:names:331355-2
3) Flora of North America
 GRIN
 https://npgsweb.ars-grin.gov/gringlobal/taxonomygenus.aspx?id=820