コウヤボウキ 高野箒

mark

Flora of Mikawa

キク科 Asteraceae コウヤボウキ属

中国名 长花帚菊
学 名 Pertya scandens (Thunb.) Schultz-Bip.
Pertya ovata Maximovicz
コウヤボウキの花
コウヤボウキの総苞
コウヤボウキの果実
コウヤボウキの冠毛
コウヤボウキの開いて残った総苞
コウヤボウキの1年目枝の葉
コウヤボウキ
コウヤボウキの2年目枝の葉
コウヤボウキの冬
コウヤボウキ冠毛を取った果実
花 期 9~10月
高 さ 60~100㎝
生活型 小低木
生育場所 林縁
分 布 在来種  本州(関東地方以西)、四国、九州、中国
撮 影 吉良町  11.11.2
三河の山には多く、普通に見かけられる。茎は細くてしなやかで、短い毛が生える。葉にも短い毛が生え、1年目の枝には長さ1.5~3㎝、幅0.7~1㎝の卵形の葉を互生し、頭花が1個だけ先端につく。葉には小さな突起状の鋸歯が5対以上つき、3脈が見える。2年目以後の茎には細長く鋸歯がある長さ4~6.5㎝、幅1.5~2.5㎝の葉を数個、束生し、花はつかない。総苞は長さ約1.5㎝、幅0.8㎝の筒状。総苞片は約7列。両性花のみで、花冠は先が5深裂し、裂片は線状惰円形。秋になると冠毛のついた果実(痩果)をつける。冠毛は不同長、長さ8~11㎜、白色ときに淡紅色を帯びる。痩果は長さ約7㎜、縦肋があり、白毛が密生する。冬に果実が飛んで開いた総苞が残る。
 類似のナガバノコウヤボウキの方が花がやや早く咲き始める。ナガバノコウヤボウキは三河では分布が少なく、まれにしかみられない。ナガバノコウヤボウキは1年目の枝には花がつかず、2年目の枝に花がつく。
 タイワンタマボウキ Pertya shimozawae は台湾に自生する。中国名は台湾帚菊 (tai wan zhou ju)。葉は互生し、葉身は卵形。頭花は枝先に単生し、総苞は長さ1.4~1.7㎝の鐘形、総苞片は約7列。痩果は長さ約5.5㎜の倒円錐形、冠毛は長さ11~12㎜。

コウヤボウキ属

  family Asteraceae - genus  Pertya

 低木、亜低木、多年草、まれに攀縁性の低木。葉は互生し、小枝の上に集まる。葉身は線形、錐形、披針形、長円形、又は卵形、縁は全縁~歯状~小歯状。頭花はほぼ無柄、又は花序柄があり、団散花序、散房花序、又は円錐花序の合成花序につき、又は単生し、中心小花頭花(discoid:筒状小花だけからなる頭花)、同性。総苞は鐘形又は円筒形。総苞片は多数、3列~多列、覆瓦状、不等長、草質又は革質。花托は平ら、ハチの巣状又はハチの巣状でなく、無毛又は周りに絨毛があり、パレアは無い(epaleate)。小花は少数、両性、まれに単性、筒形、花冠は5深裂し、規則的又はわずかに不規則、まれに明瞭に不規則に分裂する。裂片は線形、外巻き。葯は基部が長い尾状になり、先に付属体がある。花柱は先が浅裂し、花柱の枝はごく短く、外側に短毛又はパピラをもち、先は鈍形。痩果は円柱形、倒卵形、又は倒円錐形、10うねがある。冠毛は剛毛、多数。 2n = 24, 26, 28。
 世界に約25種あり、日本、中国、アフガニスタン、タイに分布する。

コウヤボウキ属の主な種

1 Pertya glabrescens Sch.Bip. ex Nakai  ナガバノコウヤボウキ 長葉の高野箒
  synonym Pertya scandens sensu Sch.Bip., excl. basion.
 日本(本州、四国、九州)原産。
 落葉小低木。高さ60~90㎝。葉に毛がほとんど無く、葉脈が目立たない。1年目の枝は花がつかず、葉は互生し、卵形~広卵形、基部が広楔形~円形~切形、小さな突起状鋸歯縁。2年目の枝の葉は輪生状に3~6個が束生し、長さ3~4.5㎝、幅1~1.5㎝の長楕円形~楕円形、基部が楔形、鋸歯がやや大きく明瞭、無柄の頭花が葉の束生した中央につく。総苞は筒形、長さ11~12㎜、幅3~4㎜。総苞片は約4列。頭花は筒状花だけが約10個つく。筒状花は長さ約15㎜、花冠の先が5裂する。雄しべ5個。雌しべ1個。痩果は褐色、長さ6~7㎜、縦肋があり、短毛が散生する。冠毛は褐色~赤褐色を帯び、不同長、長さ8~10㎜程度。痩果が熟してくると総苞片が開き、やがて総苞片が開出し、冠毛が球形に開いて痩果が飛散する。花期は8~9月。

2 Pertya rigidula (Miq.) Makino  クルマバハグマ 車葉白熊
 日本固有種(本州の近畿地方以北)
 多年草。高さ50~80㎝。和名の由来は葉が車状につくことから。葉は茎の中央部に7~8個が輪生状につく。葉は長さ約20㎝、先が尖り、基部は楔形、無柄。茎頂の円錐花序にまばらに頭花がつく。頭花は直径約1㎝、10個ほどの両性の筒状花をつける。花冠の先は5裂し、カールして反り返える。総苞片は硬く、鱗状に規則正しく並び、果実が熟すと開出する。痩果は長さ約8㎜、断面が円く。縦肋がありまばらに微毛がある。冠毛は褐色を帯び、長さ10㎜内外。花期は8~9月。

3 Pertya robusta (Maxim.) Makino  カシワバハグマ 柏葉白熊
 日本固有種(本州、四国、九州)。山地の木陰に生える。
 落葉小低木。高さ30~70㎝。葉は茎の中部に集まってつき、長柄がある。葉身は長さ10~20㎝の卵状長楕円形、粗い歯牙状の鋸歯があり、カシワの葉に似ている。下部の葉には柄がある。長い穂状花序に頭花を3~18個つけ、数個が固まってつくことも多い。頭花は直径約1㎝、筒状花が約10個つき、頂部を除いてほぼ無柄。総苞は長さ17~27㎜、円柱形。総苞片は約8列、外片は扁円形~広卵形、鱗状に規則正しく並び、内片は狭長楕円形。花冠は白色、先が5裂し、先がカールする。痩果は長さ10~11㎜、冠毛は不同長、帯褐色になる。2n=24。花期は9~11月。
3-1 Pertya robusta (Maxim.) Makino var. kiushiana Kitam.  ツクシカシワバハグマ

4 Pertya scandens (Thunb.) Sch.Bip.  コウヤボウキ 高野箒
  synonym Pertya ovata Maxim.
 日本(本州の関東地方以西、四国、九州)、中国原産。中国名は长花帚菊 chang hua zhou ju 。
 三河の山には多く、普通に見かけられる。
 落葉小低木。高さ60~100㎝。茎は細くてしなやかで、短い毛が生える。葉にも短い毛が生え、1年目の枝には長さ1.5~3㎝、幅0.7~1㎝の卵形の葉を互生し、頭花が1個だけ先端につく。葉には小さな突起状の鋸歯が5対以上つき、3脈が見える。2年目以後の茎には細長く鋸歯がある長さ4~6.5㎝、幅1.5~2.5㎝の葉を数個、束生し、花はつかない。総苞は長さ約1.5㎝、幅0.8㎝の筒状。総苞片は約7列。両性花のみで、花冠は先が5深裂し、裂片は線状惰円形。秋になると冠毛のついた果実(痩果)をつける。冠毛は不同長、長さ8~11㎜、白色ときに淡紅色を帯びる。痩果は長さ約7㎜、縦肋があり、白毛が密生する。冬に果実が飛んで開いた総苞が残る。花期は9~10月。

5 Pertya shimozawae Masam.  タイワンタマボウキ
  synonym Pertya scandens (Thunb.) Sch.Bip. var. shimozawae (Masam.) Kitam.
 台湾原産。中国名は台湾帚菊 tai wan zhou ju 。

6 Pertya trilobata (Makino) Makino  オヤリハグマ 御槍白熊
 日本固有種(東北地方~関東北部)。山地の林内に生える。
 多年草、高さ45~85㎝。茎には短毛がある。茎の中部の葉が最も大きく、長さ10~13㎝×幅7~13㎝、先が3中裂し、縁は粗い歯牙状鋸歯縁。長い葉柄がある。上部の葉は小さく、分裂しない。 茎頂の円錐花序に頭花が多数つく。頭花に筒状花が1個だけつく。総苞は細い筒形、長さ14~17㎜。総苞片は7列、外片ほど短い。花冠は白色、長さ1.7~1.8㎝、先が5裂し、裂片は線形で緩く螺旋状に巻く。花期は9~10月。

7 Pertya yakushimensis H.Koyama et Nagam.  シマコウヤボウキ
 日本固有種(屋久島)
 ナガバノコヤボウキ類似種。ナガバノコヤボクキとの区別点は次のとおり。
 ①葉がほとんど無毛である。②総苞の基部に鱗片状小葉を有する。③痩果の上部に腺毛が著しく、冠毛の下部までに現れる。④痩果の毛がほとんどない。⑤短枝上の葉が5~9枚と多い。

8 ハイブリッッド
(1) Pertya x hybrida Makino  カコマハグマ 
  synonym x Macropertya hybrida (Makino) Honda
  synonym Pertya macrophylla Nakai 
カシワバハグマ×コウヤボウキ

(2) Pertya x koribana (Nakai) Makino et Nemoto  センダイハグマ
  synonym Pertya triloba Makino var. koribana (Nakai) Makino 
カシワバハグマ×オヤリハグマ

(3) Pertya x suzukii Kitam.  イワキハグマ
クルマバハグマ×オヤリハグマ

(4) Pertya x suzukii Kitam. var. yamizoanum Mas.Suzuki  ヤミゾハグマ

参考

1) Flora of China
  Pertya
  http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=124636
2) GRIN
  Pertya
  https://npgsweb.ars-grin.gov/gringlobal/taxonomygenus.aspx?id=18814
3)Flora of Nort America
  Tephroseris
  http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=1&taxon_id=113620
4) Kewscience
 Pertya
 http://www.plantsoftheworldonline.org/taxon/urn:lsid:ipni.org:names:11255-1
5)Acta Phytotaxa. Geobot. 1988 Volume 39 Nos. 1-3 Pages 67-70
 屋久島産新種シマコウヤボウキ
   https://www.jstage.jst.go.jp/article/bunruichiri/39/1-3/39_KJ00002594214/_pdf/-char/en