コウリンカ  紅輪花
[学名] Tephroseris flammea (Turcz. ex DC.) Holub subsp. glabrifolia (Cufod.) B.Nord.
Senecio flammeus Turcz. ex DC. subsp. glabrifolius (Cufod.) Kitam.
Senecio flammeus Turcz. ex DC. var. glabrifolius Cufod.
キク科 Asteraceae (Compositae)  コウリンカ属
三河の植物観察
コウリンカの花横
コウリンカの花
コウリンカの葉
コウリンカ
 キオン属としてに分類されたことがあるが、現在はコウリンカ属に分類されている。
 茎は分枝せず、直立する。根生葉はさじ形。茎葉は互生し、長さ10~16㎝、広倒披針形、基部はやや茎を抱く。茎頂に直径3~4㎝の頭花を6~13個、散房状につける。舌状花は10~15個つき、舌部は線形、濃赤橙色、はじめ水平に、しだいに垂れ下がり、反り返る。痩果には冠毛がある。
 タカネコウリンギク subsp. flammea は九州(大分県、熊本県)、中国、ロシア に分布し、茎や葉にクモ毛 (密綿毛)が多い。頭花が直径約3㎝、舌状花は橙赤色~暗橙色、反り返る。中国名は红轮狗舌草(hong lun gou she cao)。
[花期] 7~9月
[高さ] 50~60㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の草原
[分布] 在来種 本州、朝鮮
[撮影] 八島ケ原湿原  03.8.7

 コウリンカ属(オカオグルマ属)

  family Asteraceae - genus  Tephroseris

 多年草、直立、まれに匍匐茎、根茎があり、あるいは、ひげ根をもつ2年草又は1年草。茎は葉があり、ときに類花茎状になり、しばしば、若い時には少なくとも。クモ毛状綿毛(arachnoid-tomentose)がある。葉は単葉、葉柄が有又は無、根生葉と茎葉がある。根生葉はロゼットになり、宿存又は花時までに枯れる。葉柄は翼が有又は無、基部は耳状にならない。葉身は広卵形~デルタ形~線状へら形、羽状脈、基部は心形~漸尖形、縁は粗い曲がりくねる鋸歯又は歯状縁~全縁。頭花は普通、少数~かなり多数、頂生の類散形花序状、単純又は複合の、散房花序、集散花序につき、まれに単生し、異性花で放射状頭花(radiate:中心小花は両性、舌状小花は1列又はそれ以上)、ときに同一で中心小花頭花(discoid :筒状小花だけからなる頭花)、花序柄がある。総苞は半球形、鐘形、円筒状鐘形、副咢(calyculate=咢状総苞=小苞 involucellar bractlet)が無く、花托は平ら。総苞片は18~25個、まれに13個、1列、線状披針形~披針形、草質、縁は普通、狭い薄膜質又は膜質。周辺小花は7~15個、普通13個、まれに18個又は20~25個。舌部は黄色、橙色、又は紫赤色、長円形、まれに線形~楕円状長円形、4脈があり、先には普通、3小歯がある。中心小花は多数、花冠は黄色、橙色、又は橙赤色、ときに紫色を帯びる。拡大部は漏斗形、まれに、鐘形、花冠裂片は5個。葯は線状長円形、まれに長円形、基部は普通、鈍形~円形。葯台(antheropodium)は狭円筒形~円筒形、ときに花糸よりやや幅広になり、細胞は均一、内皮細胞壁は厚くなる。痩果は円筒形、うねがあり、無毛又はまばら~密に軟毛がある。冠毛は細管状、均一、白色又はまれに赤くなり、宿存する。
 世界に約50種があり、ユーラシアの温帯と北極地方に分布し、1種が北アメリカに広がっている。日本には約7種がある(キバナコウリンカ、タカネコウリンギク、コウリンカ、オカオグルマ、ミヤマオグルマ、サワオグルマ、タカネコウリンカ)。


 コウリンカ属の主な種

 1  Tephroseris flammea (Turcz. ex DC.) Holub
   synonym Tephroseris flammea subsp. glabrifolia (Cufodontis) B. Nordenstam
 日本、朝鮮、中国、ロシア原産。
1-1 Tephroseris flammea (Turcz. ex DC.) Holub subsp. flammea  タカネコウリンギク 高嶺紅輪菊 
 日本(阿蘇)、中国、ロシア原産。红轮狗舌草 hong lun gou she cao
 多年草。高さ60㎝以下。根生葉は葉に時に枯れる。総苞片は約25個。周辺小花の小舌は線形、暗橙色。中心小花は黄色又は紫色。花期は7~8月。
1-2 Tephroseris flammea (Turcz. ex DC.) Holub subsp. glabrifolia (Cufod.) B.Nord.  コウリンカ 紅輪花
 日本、朝鮮に分布。
 多年草。高さ50~60㎝。茎は分枝せず、直立する。根生葉はさじ形。茎葉は互生し、長さ10~16㎝、広倒披針形、基部はやや茎を抱く。茎頂に直径3~4㎝の頭花を6~13個、散房状につける。総苞は暗紫色、長さ5~8㎜。舌状小花は10~15個つき、舌部は線形、濃赤橙色、はじめ水平に、しだいに垂れ下がり、反り返る。痩果には冠毛がある。花期は7~9月。

 2  Tephroseris furusei (Kitam.) B.Nord.  キバナコウリンカ 黄花光輪花
 日本固有種(埼玉県、群馬県)。石灰岩地、草地に生える。
 多年草。高さ20~50㎝、草地では高くなる。茎は直立し、分枝せず、クモ毛がある。根生葉は花期に残り、葉柄がある。茎葉はクモ毛があり、倒披針形、長さ約8㎝、縁に粗い鋸歯があり、基部は茎を抱く。頭花は茎頂の花序に約5個つく。頭花は直径2.5~3.5㎝、舌部は黄色、やや反り返る。総苞は長さ5~7㎜。総苞片は1列、花期は6~7月。

 3  Tephroseris integrifolia (L.) Holub
 ユーラシアに広く分布。 
3-1 Tephroseris integrifolia (L.) Holub subsp. integrifolia  キタオグルマ
   synonym Tephroseris campestris (Retz.) Rchb.
 分布はアジア、ヨーロッパなどといわれているがはっきりしない。区別できないともいわれる
3-2 Tephroseris integrifolia (L.) Holub subsp. kirilowii (Turcz. ex DC.) B.Nord.  オカオグルマ 丘小車
   synonym Tephroseris kirilowii (Turcz. ex DC.) Holub [Flora of China]
   synonym Tephroseris integrifolia (L.) Holub var. spathulata (Miq.) H.Ohba
   synonym Tephroseris campestris (Retz.) Rchb. f. spathulata (Miq.) R.Yin et C.Y.Li 
 本州、四国、九州、朝鮮、中国、台湾、ロシア、モンゴル狗舌草 gou she cao
 多年草。高さ20~60㎝。根茎がある。茎は1本、まれに2~3本直立し、類花茎状、密に白色のクモ毛があり、ときにほぼ無毛。根生葉は数個、花期に残り、ロゼット状になり、短柄。葉身は長楕円形~卵状長楕円形、長さ5~10㎝、幅1.5~2.5㎝、両面に密~まばらに、白色のくも毛状の綿毛がある。葉基部は楔形~次第に漸尖し、狭~広翼のある葉柄と続く。葉縁は不規則な先が点状の歯牙状又はほぼ全縁、葉先は鈍形。茎葉は数個、上部では次第に小さくなり、下部の葉は無柄、倒披針形~倒披針状長楕円形、長さ4~8㎝、幅0.5~1.5㎝、基部はほぼ茎を抱き、先は鈍形~鋭形。上部の葉は小さく、苞のようで、披針形、先は鋭形。頭花は直径1.5~2㎝、3~11個が散形花序の形態に並び、先は散房花序。花序柄は長さ1.5~5㎝、密にくも毛状の綿毛があり、黄褐色の腺毛がある。基部に苞があり、無いこともある。総苞は類円筒形~鐘形、長さ6~8㎜、幅6~9㎜、総苞片は1列、18~20個(実測19個)、披針形~線状披針形、幅1~1.5㎜(長さ5~7㎜)、草質、縁は狭い膜質、密~ときにまばらにクモ毛状、ときにほぼ無毛、先は尖鋭形~鋭形、緑色~帯紫色。周辺小花は13~15個、花冠筒部は長さ3~3.5㎜、小舌は黄色、頂楕円形、長さ6.5~7㎜、幅2.5~3㎜、4脈があり、先は3小歯、鈍形。中心小花は多数、花冠は黄色長さ約8㎜、筒部は長さ約4㎜、漏斗状の部分があり、裂片は卵状披針形長さ約1.2㎜、先は尖り、パピラがある。葯は長さ2.2㎜、基部は鈍形、付属体は卵状披針形。花柱は分岐し、枝は長さ約1㎜。痩果は長さ2.5~3.5㎜、微細剛毛で密に覆われ、冠毛がある。冠毛は白色、長さ約6㎜。花期は3~6月。
.
 4  Tephroseris kawakamii (Makino) Holub  ミヤマオグルマ 深山小車
 日本(北海道)、ロシア原産。高山の草地や礫地に生える。
 多年草、高さ15~30㎝。茎や葉に白色のクモ毛状綿毛がある。根生葉は葉柄があり、葉柄に翼がある。葉身は長楕円形、長さ6~10㎝、縁には不揃いな鋸歯がある。茎葉は葉柄が無く、広倒披針形、基部は茎を抱き、縁に粗い鋸歯がある。散房花序に頭花が3~7個つく。頭花は直径2~3㎝。舌状小花は雌性、7~8個、1列につき、舌部は黄色、長さ0.9~1.2㎝。中心小花は両性、黄色~橙色。総苞は緑色。冠毛は白色。

 5  Tephroseris palustris (L.) Rchb.  ミズオグルマ 水小車
   synonym Senecio arcticus Rupr.
 北半球に広く分布。中国名は湿生狗舌草 shi sheng gou she cao
 2年草又は1年草。高さ20~60㎝。総苞片は18~20個。頭花は淡黄色。痩果の冠毛が花時の長さ3~3.5㎜から、果時に12~13㎜と長くなる。花期 6~8月。

 6  Tephroseris phaeantha (Nakai) C.Jeffery et Y.L.Chen  イワオグルマ 岩小車
 朝鮮、中国原産。中国名は长白狗舌草 chang bai gou she cao
  高さ13~45㎝。茎葉や花序柄は密にクモ毛と黄褐色の軟毛がある。根生葉は卵形~卵状長楕円形、、基部は心形又は切形。葉柄は翼が無い。頭花は直径1.8~2.5㎝。総苞片は18~20個。痩果はまばらに軟毛がある。花期 7~8月。

 7  Tephroseris pierotii (Miq.) Holub  サワオグルマ 沢小車
 日本(本州、四国、九州、沖縄)、中国原産。中国名浙江狗舌草 zhe jiang gou she cao 。日当たりのよい湿地に生える。
 多年草。高さ50~80㎝。茎は直立し、中空。全体にまばらにくも毛がある。茎葉は長さ10~20㎝、幅3~5㎝の卵状披針形、基部は茎を抱き、先が尖る。根生葉はへら状披針形、長柄がある。頭花は直径3~5㎝、茎頂に散房状に多数つく。総苞は長さ7~8.5㎜、幅10~14㎜の鐘形。総苞片は20~22個、幅約1㎜。舌状花は20~25個つき、筒状花は多数。痩果は長さ2.5~3㎜、円柱形、無毛。冠毛は長さ7~9㎜、白色。花期は4~6月(6~7月)。

 8  Tephroseris subdentata (Bunge) Holub  カワラオグルマ 河原小車
   synonym Senecio pierotii Miq. subsp. subdentatus (Bunge) Kitag.
 朝鮮、中国、ロシア原産。中国名は尖齿狗舌草 jian chi gou she cao
 高さ20~60㎝。葉柄が長さ2~13㎝。葉はへら形~線状へら形~倒披針形、縁は全縁~ほぼ全縁。総苞片は18~20個、無毛。頭花は直径1.5~2㎝、黄色。周辺小花の小舌は長さ6~7㎜。花期6~7月。

 9  Tephroseris taitoensis (Hayata) Holub  シマコウリンカ
 台湾原産。中国名は台东狗舌草 tai dong gou she cao 。

 10  Tephroseris takedana (Kitam.) Holub  タカネコウリンカ 高峰紅輪花
   synonym Senecio takedanus Kitam
 日本固有種(中部地方の高山)。礫地や草地に生える。
 多年草、高さ20~40㎝。全体が薄くクモ毛で被われる。根生葉は長い葉柄があり、卵状へら形、長さ2.5~6㎝、先は鈍形、縁には細かい鋸歯がある。茎葉は互生し、長楕円形、縁に細かい鋸歯があり、基部は茎を抱く。茎の上部の散房花序に頭花が4~10個、密につく。頭花は直径2~2.5㎝。舌状小花は雌性、10数個つき、1列、舌部は橙黄色、短く長さ約1㎝、普通、頭花に垂直に近い角度につき、開出しない。中心小花は筒状、両性、橙赤色、外側から中心に向かって咲く。総苞は暗紫色~黒紫色、筒形、長さ0.7~1㎝。総苞の基部に線状の長い小苞が1個ある[小苞とすると属の解説に合わない]。 痩果は円筒形、長さ約4㎜、縦にうねがある。


 参考

1) Flora of China
  Tephroseris
  http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=132452
2) GRIN
  Tephroseris
  https://npgsweb.ars-grin.gov/gringlobal/taxonomygenus.aspx?id=18814
3)Flora of Nort America
  Tephroseris
  http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=1&taxon_id=113620
4) Kewscience
 Tephroseris
 http://www.plantsoftheworldonline.org/taxon/urn:lsid:ipni.org:names:11255-1
5)植物学研究雑誌 72(2): 125-125(1997)
 キオン属を細分する場合の学名
 http://www.jjbotany.com/pdf/JJB_072_125_125.pdf
TOP Back