ヒメガマ 姫蒲

mark

Flora of Mikawa

ガマ科 Typhaceae ガマ属

中国名 长苞香蒲 chang bao xiang pu
英 名 southern cattail, cattail, lesser reed-mace
学 名 Typha domingensis Pers.
Typha angustifolia L. var. angustata (Bory et Chaub.) Jord.
Typha angustifolia auct. non L.
ヒメガマの穂
ヒメガマの果穂
ヒメガマのカルポディウム
ヒメガマの種子
ヒメガマ葉鞘の先端
ヒメガマ葉鞘の内面の粘液腺
ヒメガマ茎断面
ヒメガマ
ヒメガマ果実
ヒメガマ果実2
ヒメガマ花粉
花 期 6~8月
高 さ 0.7~2.5(4)m
生活型 多年草
生育場所 池、沼、湿地、川
分 布 在来種 日本全土、朝鮮、中国、台湾、モンゴル、ロシア、アジア、アフリカ、オーストラリア、南北アメリカ
撮 影 豊川市  12.7.4
世界の熱帯、亜熱帯、温帯に広く分布する。海岸の造成地のやや湿った場所に生えていた。
 雄花穂と雌花穂が離れ、間の緑色の軸が見えるのが特徴。粉白を帯びない。花をつけるシュートは幅1~2㎝、茎は花穂近くで幅3~4㎜。葉鞘の側面は膜質、縁は広く明瞭、膜質の葉耳があり、頂部は次第に細くなり、葉身へと続く。葉身の基部の1~10㎝と全縁の葉鞘の内面に短い線状の橙褐色の粘液腺(mucilage gland)があり、粘る。葉は長さ40~150㎝、幅3~8㎜、シュートの最も広い葉身の幅は新鮮なとき6~18㎜、乾くと5~15㎜。葉身の先は花序とほぼ同じ高さになる。雄花穂は雌花穂と離れ、軸が (0~)1~8㎝見える。雄花穂は雌花穂の長さの約1.4倍(長さ7~30㎝)、花時の幅約1㎝、1~2個の苞がつき、苞は長さ35㎝以下。雄鱗片はわら色~ほとんど明橙褐色、同じ花穂でも変化し、線形~楔形、しばしば先が不規則に切れ込み、長さ3~4㎜、幅0.3㎜。花時の雌花穂は新鮮なとき明かるいシナモンブラウン色、帯白色の斑(乾くと帯褐色)があり、後に橙色~褐色になるが。果時には通常、柱頭と同じように淡色になり、しばしば、小苞が落ちてなくなる。雌花穂は長さ5~23(35)㎝、花時に幅5~6㎜、果時に幅15~25㎜、基部に1個の苞があり、多数の雌花が小苞と不稔の雌花(カルポディウム carpodium)の間に散在する。雌花はcompound pedicelの上につき、compound pedicelは止めくぎ似ており、果時に長さ約0.6~0.9㎜。雌花の基部に雌小苞があり、開花前に花穂の表面を形成し、後にわずかに柱頭が突き出て、わずかに毛(pistil hair)が突き出る。雌小苞の色はわら色~明るいオレンジブラウン、柱頭と同色かより淡色、不規則な狭へら形~広へら形~披針形、長さ0.8㎜、幅0.1~0.3㎜、大部分が柱頭より幅が広く、先は同じ花序や異なる株で変化し、鋭形~尖鋭形。雄花は長さ約5㎜、雄しべ3個、まれに2個。葯は長さ(1.4)2~2.5㎜、葯室は黄色、先は明るいオレンジブラウン、花粉粒は単粒。雌花は花時に長さ約2㎜、果時に長さ8~9㎜(長さ3~6㎜の細い柄を含む。)、長毛がある。長毛(pistil-hair)は集まるとわら色~オレンジブラウン、頂端下に1個の明るいオレンジブラウンのたいてい大きくなった細胞をもつ。花柱は長さ05~1.5㎜。柱頭はしばしば果時に脱落し、花時には直立し、長くなり、曲がって表面のマットを形成する。花時の新鮮なときは白色、後に明るいオレンジブラウン、狭線形~披針形、長さ0.8~1..5㎜幅約0.1㎜、普通、花柱より太い。カルポディウム(carpodium)は毛からわずかに突き出し、普通、果時の花穂の表面で明瞭、わら色、オレンジ色の斑点があり、先は広く丸い。果実は細長い柄のある小さな堅果状の紡錘形の袋果(follicle)、柄の基部に長毛がある。果皮は透明で、水中で縦に割れて1個の種子を放出する。種子は長さ約1㎜。2n=30
 ホソバガマ Typha angustifolia L.はヒメガマに似て粘液腺がない。学名は従来ヒメガマに使われていた。ホソバヒメガマはユーラシア大陸原産であるが、北アメリカにも分布が広がっており、カリフォルニアではヒメガマ×ホソバヒメガマ×ガマの3種交雑体が普通であるという。
 ガマの雌花穂は果期に長さ5~25㎝、幅24~36㎜、円柱形。葉の幅も幅10~23(29)㎜。花粉は4粒が合着する4集粒。
 コガマはガマに似て、雄花穂と雌花穂が接している。ガマより小さく、葉は幅.4~9㎜。雌花穂は果期に4.5~15㎝、幅10~20㎜、上端がやや幅広い円柱形、濃褐色。花粉が単粒。