ハタガヤ  畑茅
[中国名] 球柱草 qiu zhu cao
[学名] Bulbostylis barbata (Rottboll) C. B. Clarke
カヤツリグサ科 Cyperaceae  ハタガヤ属
三河の植物観察
ハタガヤ穂
ハタガヤ穂
ハタガヤ穂
ハタガヤ果実
ハタガヤ
ハタガヤ小穂
ハタガヤ果実
 南北アメリカに帰化している。
 茎は直線の糸状、放射状に叢生し、葉も糸状である。茎頂に花序より長い苞葉を1 ~3 個付けた頭状花序を付ける。花序には淡褐色の無柄の小穂が5 ~15個つく。小穂は長さ3 ~7 ㎜の披針形。小穂の鱗片は螺旋状に並び、鱗片の先は芒状に尖る。花柱の基部は肥厚して小さな球形になる。果実は乳白色の広卵形、断面は3稜形。柱頭は3岐。2n=10
 よく似たイトテンツキは苞葉が短い。
 イトハナビテンツキも茎や葉が糸状であるが、花序枝があり、頭状花序にならない。
[花期] 8~10月
[高さ] 10~40㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 畑、荒地、道端
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、台湾、東南アジア、北アフリカ、オーストラリア
[撮影] 蒲郡市形原町 03.8.3

 ハタガヤ属

  family Cyperaceae - genus Bulbostylis

 1年草(又は多年草)。稈は叢生、非常に細い。葉は葉身があり、又はまれに葉身の無い鞘になり、口部に緩く白色の毛をもつ。葉身は糸状~線形、縁はしばしば内巻する。苞葉(総苞片)は葉状又は剛毛状。花序は頂生の単純又は複合のイグサ形花序(anthela)又は頭状花序、ときに1個の小穂に減ずる。小穂は卵形~楕円形、多数の花をもつ。苞穎は螺旋状につき又はまれに2列につき、草質又は膜質、脱落性、1個の花を抱くが、基部の1~2個は空。花は両性。花被の剛毛(指針状花被片)は無い。雄しべは(1~)2(~ 3)本。花柱は糸状、基部は太く球根状になり、果時に宿存する。柱頭は3個。小堅果は倒卵形~倒ナシ形、3面がある。
 世界に約100種あり、世界中の熱帯~温帯に分布し、熱帯アフリカと熱帯アメリカの分布密度が高い。

 ハタガヤ属の主な種

 1  Bulbostylis barbata (Rottb.) Kunth  ハタガヤ 畑茅
 日本、朝鮮、中国、台湾、インド、ブータン、ネパール、パキスタン、タイ、インドネシア、マレーシア、フィリピン、パプアニューギニア、アフリカ、オーストラリア原産。中国名は球柱草 qiu zhu cao 。英名はwatergrass 。南北アメリカに帰化。
 1年草、高さ10~40㎝。茎は直線の糸状、放射状に叢生し、葉も糸状である。茎頂に花序より長い苞葉を1 ~3 個付けた頭状花序を付ける。花序には淡褐色の無柄の小穂が5 ~15個つく。小穂は長さ3 ~7 ㎜の披針形。小穂の鱗片は螺旋状に並び、鱗片の先は芒状に尖る。花柱の基部は肥厚して小さな球形になる。果実は乳白色の広卵形、断面は3稜形。柱頭は3岐。2n=10。花期は8~10月。

 2  Bulbostylis densa (Wall.) Hand.-Mazz.  イトハナビテンツキ 糸花火点突
   synonym Bulbostylis capillaris auct. non (L.) Nees
   synonym Bulbostylis capillaris (L.) Nees var. trifida (Nees) C.B.Clarke
   synonym Bulbostylis capillaris (L.) Nees subsp. trifida (Nees) T.Koyama
 日本(北海道、本州、四国、九州、沖縄)、朝鮮、中国、台湾、ロシア、東南アジア、オーストラリア、アフリカ原産。丝叶球柱草 si ye qiu zhu cao 海岸の砂地、湿地に生える。
 1年草、高さ10~20㎝。根茎はなく、茎は直立し、硬く、平滑。葉は長さ5~10㎝、幅約0.6㎜と細い。花序は1~2回、分岐する。小穂は長さ3~6㎜×幅約1.5㎜の楕円状卵形、小花は5~18個。鱗片は褐色、長さ1.5~2㎜、基部は円く、中肋は緑色、先の芒は短く、ほとんど突き出ない。雄しべ2個。果実は長さ約0.8㎜×幅0.5~0.6㎜、3稜形、柱基が膨らみ、先を押しつぶしたような倒卵形、断面は3稜形。柱頭は3岐。2n=64。花期と果期は8~9月(Flora of China:4~12月)。
2-1 Bulbostylis densa (Wall.) Hand.-Mazz. var. capitata (Miq.) Ohwi  イトテンツキ
   synonym Bulbostylis capillaris (L.) C.B.Clarke var. capitata (Miq.) Makino
   synonym Bulbostylis capillaris (L.) C.B.Clarke subsp. capitata (Miq.) T.Koyama 
 日本(本州、四国、九州、沖縄)、イン ドネシアに分布。低地~低山地の原野、平地の日当たりのよい畑地や荒地、芝生、道端などに生える。
 イトハナビテンツキに似るが、小穂が濃褐色で、鱗片の先が芒とならず反曲しない。
 1年草。茎は叢生し、糸状、高さ8~40㎝。小穂は2~数個が頭状に集まり頭状の花序を頂生する。小穂は大部分が無柄、卵状楕円形、長さ3~5㎜×幅1.5㎜。痩果は倒卵円形~広倒卵形、3稜形、表面には微細な皺状の点がある。柱基は宿存。柱頭は3岐。雄しべは2個。花期と果期は8~10月頃。

 3  Bulbostylis puberula Kunth  オオハタガヤ 大畑茅
 中国、香港、インド、スリランカ、カンボジア、ラオス、ミャンマー、タイ、ベトナム、インドネシア、熱帯アフリカ、インド洋諸島、マダガスカル原産。中国名は毛鳞球柱草 mao lin qiu zhu cao


 参考

1) Flora of Cnina
  Bulbostylis
 http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=104829
2) GRIN
  Bulbostylis
 https://npgsweb.ars-grin.gov/gringlobal/taxonomygenus.aspx?id=1787
3)Flora of North America
  Bulbostylis
 http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=1&taxon_id=104829
4)Plants of the World Online | Kewscience
 Bulbostylis
 http://www.plantsoftheworldonline.org/taxon/urn:lsid:ipni.org:names:331160-2
5)レッドデータブックとちぎ - 栃木県
  イトテンツキ
 http://www.pref.tochigi.lg.jp/shizen/sonota/rdb/detail/05/0224.html
6) 愛媛県レッドデータブック
 イトテンツキ
 https://www.pref.ehime.jp/reddatabook2014/detail/09_08_011020_0.html
7)京都府レッドデータブック2015
 イトテンツキ
 https://www.pref.kyoto.jp/kankyo/rdb/bio/db/flo0177.html

TOP Back