アリタソウ  有田草
[英名] Mexican tea , wormwood , worm-seed
[学名] Dysphania ambrosioides (Linnaeus) Mosyakin & Clemants
Chenopodium ambrosioides L.
Ambrina ambrosioides (L.) Spach.
ヒユ科 Amaranthaceae  アリタソウ属
三河の植物観察
アリタソウの花序
アリタソウの雌花
アリタソウの両性花
アリタソウの花被に包まれた果実
アリタソウ茎の毛
アリタソウ
アリタソウ果実
アリタソウ葉表
アリタソウ葉裏
アリタソウ葉裏の腺点
 新分類(APG)ではアカザ科はヒユ科に含まれるようになった。
 1年草又は多年草、高さ30~90㎝、全体に薬のような強い匂いをもつ。茎は直立、多数、分枝し、条線があり、鈍いうねがある。枝は普通、細く、毛があり、関節のある絨毛があり、ときに、類無毛。葉柄は短い。葉身は長さ2~8(~15)㎝、幅0.5~4(~5.5)㎝、長円状披針形~披針形、下面は淡黄色の腺点が散在し、脈の周りはわずかに毛があり、上面は無毛、基部は漸尖、縁は疎らな、不規則な浅くて粗い鋸歯があり、先は鋭形又は尖鋭形。上部の葉は徐々に小さくなり、縁は類全縁。花は上部の葉腋につき、普通、団散花序(glomerule)に3~5個、両性及び雌性。花被片は (3 ~4)5個、普通、果実に接する。雄しべは4~5個、葯は長さ約0.5㎜。花柱は不明瞭。柱頭は3(又は 4)個、糸状、花被から突き出る。胞果は花被に包まれ、扁球形、直径0.8~1㎜。種子は水平又は斜め、黒色又は暗赤褐色、光沢が無く、直径、約0.7(0.6~1)㎜、無毛、縁は鈍形。花期と果期は長期間。
 以前は毛が無いものをアリタソウ ver. ambrosioides 、毛が多いものをケアリタソウ ver. pubescens と分類していたが、毛の量の変化は連続的であり、最近は区別しないのが一般的である。
 アメリカアリタソウは葉の切れ込みが深く、花序が長く、花序枝も長く苞葉が目立たない。
[花期] 8~10月
[高さ] 30~90㎝
[生活型] 1年草(又は短命の多年草)
[生育場所] 道端,、荒地
[分布] 帰化種  アメリカ原産
[撮影] 幡豆町  05.9.13

  アリタソウ属

  family Amaranthaceae - genus Dysphania

 1年草又は短命の多年草、普通、芳香があり、柄のある、腺のある毛状突起や類無柄~無柄の腺や単列の多細胞の毛状突起(uniseriate multicellular trichomes)をもち、ときに無毛になる。茎は分枝し、まれにほとんど1本、直立、斜上、傾伏、平伏。葉は互生、葉身は単葉、縁は全縁~歯状~鋸歯状又は羽状分裂。花序は頂生及び腋生、花が緩くつき、単純又は複合の集散花序、穂状花序状、密な集散花序、又は密な腋生の団散花序(glomerule)。苞は無いが、しばしば、団散花序は基部に小さくなった葉(葉状の苞)をつける。花は両性(まれに、機能的には単性)。花被片は1~5個、普通、基部でだけ統合し、又は分離に近い。ある種では融合して、胞果を取り囲んで袋を形成する。雄しべは1~5本。子房は上位、1室で、胚珠は基部に1個。花柱は1~3個。柱頭は1~3個、糸状。果実は胞果(utricle)[Flora of North Americaでは痩果(achene)]、しばしば花被に包まれる。果皮は膜質、付着(adherent)又は付着しない(nonadherent)。種子は1個、水平又は垂直、類球形~レンズ形、種皮は平滑~しわがあり、胚は環形又は不完全な環形、豊富な胚乳に囲まれる。幼根は下位又は遠心的。
 世界に約30種があり、全世界の熱帯、亜熱帯、温帯にほとんどが分布する。


  アリタソウ属の種と園芸品種

 1  Dysphania ambrosioides (L.) Mosyakin et Clemants  アリタソウ 有田草
   synonym Dysphania chilensis auct. non (Schrad.) Mosyakin et Clemants
   synonym Chenopodium ambrosioides L. var. pubescens (Makino) Makino 
   synonym Chenopodium ambrosioides L. 
 北アメリカ、南アメリカ原産。英名はAmerican wormseed , Jerusalem-tea , Mexican-tea , Spanish-tea , wormseed 。中国名は土荆芥 tu jing jie。
 1年草又は多年草、高さ50~80㎝、強い匂いをもつ。茎は直立、多数、分枝し、条線があり、鈍いうねがある。枝は普通、細く、毛があり、関節のある絨毛があり、ときに、類無毛。葉柄は短い。葉身は長円状披針形~披針形、下面は腺が散在し、脈の周りはわずかに毛があり、上面は無毛、基部は漸尖、縁は疎らな、不規則な粗い鋸歯があり、先は鋭形又は尖鋭形。下部の葉は約、長さ15㎝×幅5㎝。上部の葉は徐々に小さくなり、縁は類全縁。花は上部の葉腋につき、普通、団散花序(glomerule)に3~5個、両性及び雌性。花被片は (3 又は)5個、普通、果実に接する。雄しべは5個、葯は長さ約0.5㎜。花柱は不明瞭。柱頭は3(又は 4)個、糸状、花被から突き出る。胞果は花被に包まれ、扁球形。種子は水平又は斜め、黒色又は暗赤色、光沢が無く、直径、約0.7㎜、無毛、縁は鈍形。花期と果期は長期間を超える。

 2  Dysphania anthelmintica (L.) Mosyakin et Clemants  アメリカアリタソウ
   synonym Chenopodium ambrosioides L. var. anthelminticum (L.) A.Gray
 USA、メキシコ、西インド諸島原産。英名はwormseed。
 1年草、茎は直立~斜上、分枝し、高さ37~75(~100)㎝、±腺毛、微軟毛があり、又はほぼ無毛。葉は悪臭があり、上部の葉は無柄。葉柄は長さ1.4㎜。葉身は狭卵形~披針形、長さ5~7㎝×幅1.5~3㎝、基部は楔形、縁には歯があり、歯は大きく、間隔が広く開き、葉先は鋭形、腺点がある(まれにほとんど無毛)。花序は頂生と側部の穂状花序又は円錐花序、長さ3~8㎝。団散花序(glomerule)は球形、直径2.5~3.3㎜。苞は無又は葉状、線形、長さ2.2㎜以下、先は鋭形。花は花被片が5個、長さの約1/2が合着し、分離部分は卵形、長さ約0.7㎜、先は鈍形、外面は丸く、無毛羽、熟した果実を被う。雄しべは5本。柱頭は3個。痩果は卵形、果皮は付着せず、平滑、腺がある。種子は水平又は垂直、赤褐色、卵形、長さ0.6~0.8㎜×幅0.8~1㎜。種皮は平滑。果期は夏~秋。

 3  Dysphania pumilio (R.Br.) Mosyakin et Clemants ゴウシュウアリタソウ 豪州有田草
   synonym Chenopodium pumilio R.Br.
   synonym Chenopodium carinatum auct. non R.Br.
 オーストラリア原産。英名はclammy goosefoot, small crumbweed。
 茎は平伏~ほぼ直立、多数、分枝~ほぼ1本、高さ10~45㎝、軟毛があり、分割された毛(単列の毛)と無柄又は有柄の腺毛をもつ。葉は悪臭がある。葉柄は長さ0.3~1.5㎝。葉身は狭楕円形~広楕円形~卵形、長さ0.5~2.7㎝×幅0.3~1.5㎝、花序ではやや小さくなり、基部は楔形、先は鈍形、腺のある軟毛がある。花序は横向きの集散花序(lateral cymes)又は団散花序(glomerule)。団散花序はほぼ球形、直径1.2~2.5㎜。苞は葉状、長さ3~4.5㎜、楕円形、縁は円鋸歯~歯状、先は鈍形。花被片は5個、 基部近くまで離れ、分離部分は狭楕円形~狭長円形、長さ0.6~0.7㎜×幅0.2~0.3㎜、先は鋭形、外面は普通に丸く、普通、腺のある微長軟毛があり、果時に皮殻質で白色になる。雄しべは無いか又は1本。柱頭は2個。痩果は卵形、果皮は付着し、膜質、わずかにしわがある。種子は赤褐色、卵形、長さ0.5~0.7㎜×幅0.5~0.6㎜、 縁には竜骨があるか又は丸くなる。種皮は平滑。果期は晩夏~秋。

 4  Dysphania schraderiana (Roem. et Schult.) Mosyakin et Clemants  キクバアリタソウ 菊葉有田草
   synonym Chenopodium schraderianum Roem. et Schult. 
   synonym Chenopodium foetidum Schrad.
 アフリカ、サウジアラビア、イエメン原産。中国名は菊叶香藜 ju ye xiang li 。
 1年草、高さ20~60㎝、強い匂いがあり、関節のある腺毛と無柄(まれに類無柄)の腺に覆われる。茎は直立、緑色の条線があり、普通、分枝する。葉柄は長さ2~10㎜。葉身は長円形、長さ2~6㎝×幅1.5~3.5㎝、下面は無毛又は若い時にわずかに毛があり、上面は毛があり、関節のある毛と黄色の粒状の腺をもち、まれにほとんど無毛になり、葉の基部は漸尖形、縁は羽状に浅裂~深裂、先は鈍形又は尖鋭形、ときに微突形。複合の二出集散花序が腋生。花は両性。花被は直径1~1.5㎜。花被片は5個、果時に広がり、卵形~狭卵形、外面に縦の竜骨又は鶏冠があり(crested)、毛があり、無柄の腺をもち、縁は狭く膜質。雄しべは5本。花糸は扁平になり、葯は類球形。胞果は扁球形。果皮は膜質。種子は水平、赤褐色又は黒色、 光沢が無く、直径0.5~0.8㎜、細かい線条があり、辺縁は鈍形。胚は半環形、胚乳を取り囲む。花期は7~9月。果期は9~10月。.



 参考

1) Flora of China
 Dysphania
 http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=111141
2) Flora of North America
 Dysphania
 http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=1&taxon_id=111141&key_no=2
3) GRIN
 Dysphania
 https://npgsweb.ars-grin.gov/gringlobal/taxonomygenus.aspx?id=4070

TOP Back