アケビ 木通、通草

mark

Flora of Mikawa

アケビ科 Lardizabalaceae アケビ属

中国名 木通 mu tong
英 名 chocolate vine , five-leaf akebia , fiveleaf
学 名 Akebia quinata (Thunb. ex Houtt.) Decne.
アケビの花序
アケビの雌花
アケビの雌花2
アケビの雄花
アケビの雄花2
アケビの果実2
アケビ
アケビ果実
アケビ葉
花 期 4~5月
高 さ つる性
生活型 落葉木
生育場所 山野
分 布 在来種 本州、四国、九州、朝鮮、中国
撮 影 豊田市(旧稲武町) 07.5.12
蒲郡市        15.9.26(果実)
日本に分布するアケビ科にはアケビ、ミツバアケビ、ムベの3種があり、どれもつる性で、実は秋に熟し、甘く食べられる。世界で広く栽培され、帰化している。
 葉は互生し、 (3~)5(~7)小葉の掌状複葉、葉柄は長さ4.5~10㎝。側小葉は長さ2~5㎝、幅1.5~2.5㎝の楕円形、全縁、先が丸い。頂小葉は長さ 2.5~5(7)㎝。雌雄同株。長さ6~12㎝の総状花序に雌花と雄花をつける。雌花がない雄花だけの花序が多く、雌花が少ない株もある。花柄は長さ約2.5㎝、苞は鱗片状。雌花は基部側に1~3個つき、長さ2~4(5) ㎝の
小花柄があり、直径2.5~3㎝、花弁状萼片は3(~5)個つき、暗紫色~緑色~白色のときもあり、長さ 1~2㎝、幅0.8~1.5㎝の広楕円形~類円形、雌しべ4~9個。雄花は先端側に4~8(11)個つき、小花柄は長さ7~10㎜、花弁状萼片3(~5)個つき、長さ6~8㎜、幅4~6㎜の広僧帽状卵形、淡紫色~淡緑色~白色のときもあり、雄しべ6(~7)個。液果は数個集まってつき、長さ5~10㎝、幅3~5㎝の長楕円形~惰円形、秋に紫色に熟し、裂開する。2n=16,32。
 白花品種はシロバナアケビという。
 ミツバアケビの葉は3小葉で、縁に波状の不規則な鋸歯があり、花が小さく、濃紫色。
 5小葉のミツバアケビはゴヨウアケビと呼ばれ、アケビとミツバアケビの自然交雑種とされている。
 ムベは常緑、3~7の小葉で、濃緑色、先が尖る。花が淡黄白色で大きく、果実が裂開しない。

アケビ属

 family Lardizabalaceae -  genus Akebia

 つる性木、落葉又は亜常緑。雌雄同株。茎は絡み付く。冬芽は外側の芽鱗が多数、宿存する。葉は互生、又は短い枝に束生する。葉身は掌状複葉、3~5(~7)小葉。小葉は全縁~曲がりくねる~ゆるやかに波打つ。花序は腋生、総状花序、ときに散形花序状になる。苞は花序の基部を抱き、宿存し、鱗片状。咢片は普通、3(~6)個、紫赤色又は緑白色、類敷石状、花時に後屈する。花弁は無い。雄花は花序の先につく。雄しべは離生。花糸はごく短い。葯は花時に内側に曲がる。退化雌しべは小さい。雌花は花序の基部に1又は2個つき、雄花より大きい。心皮は3~9(~12)個、分離、円筒形。柱頭は頭状。果実は肉質、袋果(follicles)、外側の縫合線に沿って裂開する。種子は多数、果肉の中に数列につき、わずかに扁平、胚は小さい。
 世界に5種あり、日本、朝鮮、中国に分布する。

アケビ属の主な種と園芸品種

1 Akebia longeracemosa Matsum.  ホザキアケビ
 中国、台湾原産。中国名は长序木通 chang xu mu tong
品種) 'Giganteiflora' , 'Victor's Secret'

2 Akebia quinata (Houtt.) Decne.  アケビ 木通
  synonym Akebia quinata (Houtt.) Decne. f. polyphylla (Nakai) Hiyama
 日本、朝鮮、中国原産。中国名は木通 mu tong 。英名はchocolate-vine , fiveleaf , five-leaf akebia
 落葉つる性木。葉は互生し、 (3~)5(~7)小葉の掌状複葉、葉柄は長さ4.5~10㎝。側小葉は長さ2~5㎝、幅1.5~2.5㎝の楕円形、全縁、先が丸い。頂小葉は長さ 2.5~5(7)㎝。雌雄同株。長さ6~12㎝の総状花序に雌花と雄花をつける。雌花がない雄花だけの花序が多く、雌花が少ない株もある。花柄は長さ約2.5㎝、苞は鱗片状。雌花は基部側に1~3個つき、長さ2~4(5) ㎝の小花柄があり、直径2.5~3㎝、花弁状萼片は3(~5)個つき、暗紫色~緑色~白色のときもあり、長さ 1~2㎝、幅0.8~1.5㎝の広楕円形~類円形、雌しべ4~9個。雄花は先端側に4~8(11)個つき、小花柄は長さ7~10㎜、花弁状萼片3(~5)個つき、長さ6~8㎜、幅4~6㎜の広僧帽状卵形、淡紫色~淡緑色~白色のときもあり、雄しべ6(~7)個。液果は数個集まってつき、長さ5~10㎝、幅3~5㎝の長楕円形~惰円形、秋に紫色に熟し、裂開する。2n=16,32。花期は4~5月。
品種) 'Amethyst Glow' , 'Aojiku' , 'Bicolor' , 'Brocade' , 'Brookside Variegated' , 'Cream Form' , 'Fuiri Goyo' , 'Fruitful Combo' , 'Grandes Fleurs' , 'Jardin d'Inuko' , 'Jirisan Pink' , 'Kohin Nishiki' , 'Leucantha' , 'Les Avettes' , 'Mont Rokko' , 'Rosea' , Purple Bouquet™ , Purple Rose™ , 'Shirobana' , 'Silver Bells' ,'Tropaeoliifolium' , 'Variegata' , 'White Chocolate'

2-1 Akebia quinata (Houtt.) Decne. f. diplochlamys (Makino) T.Shimizu  フタエアケビ
2-2 Akebia quinata (Houtt.) Decne. f. viridiflora Makino  アオアケビ

3 Akebia trifoliata (Thunb.) Koidz.  ミツバアケビ 三葉木通
  synonym Akebia trifoliata (Thunb.) Koidz. var. litoralis Konta et Katsuy.
 日本、中国、台湾原産。中国名は三叶木通 san ye mu tong。英名はchocolate-vine
 落葉つる性木。葉は互生し、3小葉の掌状複葉、柄は長さ7~11㎝。 小葉は長さ3~8㎝、幅2~6㎝、卵形~広卵形、縁に不規則な波状の鋸歯がある。雌雄同株。長さ6~16㎝の総状花序に雌花1~3個と総状に小さな雄花を10数個つける。花弁はなく、花弁状萼片が3個つく。雌花は直径約1.5㎝、萼片は長さ1~1.2㎝、幅約1㎝の類円形、紫褐色、雌しべも同色、3~6個つく。雄花は直径4~5㎜、小花柄が長さ2~5㎜、萼片が淡紫色、広惰円形~惰円形、長さ2.5~3㎜。雄花の雄しべは長さ2.5~3㎜、萼片とほぼ同長。果実は数個集まってつき、長さ6~10㎝、幅2~5㎝の長惰円形、秋に淡紫色に熟し、裂開する。種子は長さ5~7㎜の卵形。花期は4~5月。
品種) 'Amethyst' , 'Argentea' , 'Big Fruit' , Deep Purple™ , 'Hanten' , Purple Haze™ , Purple Kimono™ , 'Shiromi' , 'Shiro Sunago' , 'Shunjitsu' , 'Tropaeoliifolium'

3-1 Akebia trifoliata (Thunb.) Koidz. subsp. australis (Diels) T.Shimizu  ナンゴクミツバアケビ
  synonym Akebia chingshuiensis T.Shimizu 
 中国、台湾原産。中国名は白木通 bai mu tong。
 葉は3小葉、小葉は卵状長円形~卵形、長さ4~7㎝×幅1.5~3(~5)㎝、革質、基部は円く、広楔形~切形~心形、縁は普通、全縁、ごくまれに不規則に波状になり、先は狭い円形、わずかに凹形、急尖 形。総状花序は短枝に腋生。雄花は咢片が3個、紫色、広楕円形~楕円形、長さ2~3㎜。雄しべは新鮮なときに赤色~紫赤色、乾くと褐色~淡褐色、長さ約2.5㎜。雌花は咢片が暗紫色、長さ9~12㎜×幅7~10㎜。心皮は5~7個、紫色。果実は熟すと黄褐色、長さ6~8㎝×幅3~5㎝。種子は黒褐色、卵形。花期は4~5月。果期は6~9月。

4 ハイブリッド
(1) Akebia x pentaphylla (Makino) Makino  ゴヨウアケビ 五葉木通
 日本に分布。アケビとミツバアケビの自然交雑種。英名はfive-leaf akebia。
 つる性木、落葉。葉は互生し、柄のある5小葉の掌状複葉、小葉は長さ3~6㎝の惰円形、縁に波状の不規則な鋸歯がある。雌雄同株。花はミツバアケビに似て暗紫色。花の大きさには変異があり、花序の形もアケビに似て短いものやミツバアケビのように長いものもある。液果は長さ5~10㎝の惰円形、秋に紫色に熟し、裂開する。果実ができないものもある。種子は長さ約5㎜、黒色。花期は4~5月。
(2) Akebia x pentaphylla (Makino) Makino var. integrifolia Y.Kimura  クワゾメアケビ
 長野県(軽井沢)に分布。
 葉は5小葉、小葉が全縁、アケビに似る。 花はミツバアケビに似るが色が薄くやや大きい。 雌花の花柄はゴヨウアケビより短い。
(3) その他
品種) 'Pikapika' , Purple Incense™

参考

1) Flora of China
 Akebia  
http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=100921
2)Kew Science
 Akebia  
http://www.plantsoftheworldonline.org/taxon/urn:lsid:ipni.org:names:3933-1
3)GRIN
 Akebia  
https://npgsweb.ars-grin.gov/gringlobal/taxonomygenus.aspx?id=345