ヤマハハコ  山母子
[中国名]

珠光香青 zhu guang xiang qing

[英名] western pearly everlasting , pearly everlasting
[学名] Anaphalis margaritacea (L.) Benth. et Hook.f. subsp. margaritacea
Anaphalis margaritacea (L.) Benth. et Hook.f. var. margaritacea
キク科 Asteraceae (Compositae) ヤマハハコ属
三河の植物観察
ヤマハハコの花序
ヤマハハコの雄性頭花
ヤマハハコの雄性頭花
ヤマハハコの葉
ヤマハハコ
ヤマハハコの葉
ヤマハハコの葉
ヤマハハコの葉
ヤマハハコの葉
 標高が高いほど草丈は低く、葉幅が広くなる傾向がある。地下茎を延ばして増え、全体に白色の綿毛で被われる。葉は互生し、長さ3 ~10(15) ㎝の線状披針形、全縁、縁が裏側へ巻き、柄はなく、基部は茎をやや抱く。葉の表面に光沢があることも多く、葉裏は綿毛が密生する。頭花は茎頂に散房状につく。頭花は単性。ときに雄性頭花は周辺にいくつかの雌花をもち、雌性頭花は中央に1~9個の雄花をもつ。雌花は雄しべを欠く。雄花は葯が卵形、花柱の先は切形。総苞は長さ5~7㎜、幅6~8(10)㎜、総苞片が8~12列につき、白い花弁のように見える。外総苞片は卵形、内総苞片はほぼ線形。痩果は長さ0.5~1㎜、2脈があり、長い冠毛がある。2n=28,56。
 変種の西日本型のホソバノヤマハハコはやや小型で、中間では枝分かれせず、葉が細い。
 カワラハハコは茎の中部で枝分かれし、葉が線形。
[花期] 8~10月
[草丈] 30~60㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山野の向陽地
[分布] 在来種 北海道、本州(長野県、石川県以北)、中国、ロシア、インド、ネパール、北アメリカ
[撮影] 長野県  06.8.19
TOP Back