カワラハハコ  河原母子
[学名] Anaphalis margaritacea (L.) Benth. et Hook.f. subsp. yedoensis (Franch. et Sav.) Kitam.
Anaphalis margaritacea (L.) Benth. et Hook.f. var. yedoensis (Franch. et Sav.) Ohwi
キク科 Asteraceae (Compositae)  ヤマハハコ属
カワラハハコ花
カワラハハコ葉
カワラハハコ
 茎は下部から多数出て叢生し、中部で多数、分枝して団塊状になる。全体に細かい毛が生え、白く見える。葉は互生し、長さ3 ~6㎝、幅1~2㎜の線形、縁は裏面に巻く。小さな頭花が茎頂に散房状に多数つく。総苞は鐘球形。総苞片は白色、膜質で、光沢がある。痩果は長楕円形、冠毛は1列。
 ヤマハハコ subsp. margaritacea (var. angustior)は普通、茎の中部では分枝しない。葉幅が広い。
[花期] 8~10月
[草丈] 30~50㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山野の向陽地
[分布] 在来種(日本固有亜種) 北海道、本州、四国、九州
[撮影] 北海道  01.8.26
TOP Back