ヤマアジサイ  山紫陽花
[別名] サワアジサイ 沢紫陽花
[中国名]  粗齿绣球 cu chi xiu qiu
[英名] mountain hydrangea , tea of heaven
[学名] Hydrangea serrata (Thunb.) Ser. var. serrata
Hydrangea macrophylla (Thunb.) Ser. var. acuminata (Sieb. et Zucc.)Makino
Hydrangea macrophylla (Thunb.) Ser. subsp. serrata (Thunb.) Makino var. acuminata (Sieb. et Zucc.) Makino
Hydrangea serrata (Thunb.) Ser. 広義
アジサイ科 Hydrangeaceae  アジサイ属
三河の植物観察
ヤマアジサイの装飾花
ヤマアジサイの装飾花2
ヤマアジサイの装飾花
ヤマアジサイの両性花
ヤマアジサイ葉の対生
ヤマアジサイ
ヤマアジサイ葉
  山林内のやや湿ったところに群生する。幹は灰褐色、樹皮が薄く剥がれ落ちる。葉は対生し、質が薄く、長さ6~13㎝の広惰円形~長楕円形で、縁にガクアジサイより小さい細鋸歯があり、光沢はない。葉裏に縮毛があり、脈腋に多い。葉柄は長さ1~3㎝。集散花序は直径5~10㎝。花は白色~淡青色。三河地域のものはほとんど白色。装飾花は直径1.5~3㎝、萼片は3~4個、卵形。両性花は花筒が長さ1.5㎜、花弁5個、雄しべ10個。蒴果は長さ3~4㎜の卵形~惰円形。種子は両端に突起状の翼がある。2n=36。
 ベニガク Hydrangea serrata var. japonica は日本で江戸時代から栽培されている栽培種。葉はヤマアジサイに似ている。花は装飾花が白色から次第に紅色に変わり、萼片に鋸歯がある。
 アマチャ Hydrangea serrata var. thunbergii は装飾花の萼片が円形に近く、先が丸く、萼片が重なり合う。
 ガクアジサイ Hydrangea macrophylla form. normalis は葉の幅が広く、厚くて光沢がある。房総半島、三浦半島、伊豆半島などに自生する。アジサイの原種。
 アジサイ Hydrangea macrophylla form. macrophylla はガクアジサイの花が装飾花だけになった栽培種。園芸品種が多数ある。
[花期] 6~7月
[樹高] 0.5~1.0m
[生活型] 落葉低木
[生育場所] 山地
[分布] 在来種 本州(関東地方以西)、四国、九州、沖縄、朝鮮
[撮影] 猿投山  03.7.12
TOP Back