スズメノヤリ  雀の槍
[学名] Luzula capitata (Miq.) Miq. ex Kom.
イグサ科 Juncaceae スズメノヤリ属
三河の植物観察
スズメノヤリ雌性期
スズメノヤリ雄性期
スズメノヤリ果期の初期
スズメノヤリ果期
スズメノヤリ種子を落とした後の裂開した果実
スズメノヤリ葉縁の毛
スズメノヤリ
スズメノヤリ葉
スズメノヤリ種子と種沈
スズメノヤリ種子
 和名は小さな毛槍のように見えることから。葉は縁に白毛が密生し、根生葉は長さ7~14㎝、幅2~3.5㎜。茎葉は2~3個つき、短い。茎頂に頭状花序が普通、1個つく。苞は長さ1~3(5)㎝、幅1~1.5(3)㎜。花被片は長さ3~3.5㎜、長楕円形、赤褐色、縁が白色膜質。開花の初期(雌性期)には、まず柱頭が3つに分かれた白い雌しべが伸び、その後、雄しべ6個の黄色の葯が大きく熟して花粉を出すようになる(雄性期)。葯は長さ(0.9)1.2~1.8㎜。花糸は長さ0.5~0.7㎜。この頃には雌しべは褐色にしなびてしまう。これを「雌しべ先熟花」といい、風媒花で多くみられる。虫媒花では逆に雄しべ先熟になるものが多い。蒴果は長さ2.4~2.8㎜、種子は3個入り、熟すと3裂開する。種子は長さ1.1~1.2㎜、熟すと頭部の方から黒褐色になり、種沈は長さ0.5~0.6(0.7)㎜、種子の約1/2長。2n=12。
[花期] 4~5月
[草丈] 10~45㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 道端、草地
[分布] 在来種   北海道、本州、四国、九州、朝鮮、ロシア
[撮影] 蒲郡市形原町   02.3.9
TOP Back