ヌカボシソウ  糠星草
[中国名] 羽毛地杨梅 yu mao di yang mei
[学名] Luzula plumosa E.Mey. subsp. plumosa
Luzula plumosa E. Mey. var. macrocarpa (Buchen.) Ohwi
イグサ科 Juncaceae スズメノヤリ属
三河の植物観察
ヌカボシソウの花序
ヌカボシソウの雌性期の花
ヌカボシソウの雄性期の花
ヌカボシソウの未熟な果実拡大
ヌカボシソウの果実の中
ヌカボシソウ裂開した果実
ヌカボシソウ花柄の基部
ヌカボシソウ
ヌカボシソウ2
ヌカボシソウ未熟な種子
ヌカボシソウ熟した種子
ヌカボシソウ葉
 根茎は細い。根出葉は長さ8~18㎝、幅1.5~5㎜の広線形、葉の縁にまばらに白い毛が生える。茎葉は根生葉より小さい。茎は細く、直立し、先端の集散花序に単生花をつける。花被片は内花被片3個と外花被片3個の計6個、同長で、長さ3~4㎜の披針形。小苞2個が花被片の外側に接してつく。雄しべ6個。葯は長さ0.6~1.2㎜、葯/花糸の比は0.6~1.2。雌しべ1個。蒴果は長さ3~4㎜、緑褐色、丸みを帯びた三角垂形、種子が3個入る。種子は長さ1~1.6㎜の広楕円形、種沈が上側に伸びてつく。種沈は長さ0.3~1.7㎜、種子の長さの1/0.9~1/2.2。2n=46。
 ヤマスズメノヒエは花が多数集まって頭状につく。
[花期] 4~5月
[草丈] 12~25㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 林内、道端
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、台湾、インド、ブータン、ネパール
[撮影] 豊田市(足助町) 12.4.25
TOP Back