ススキ  薄
[別名] オバナ、カヤ(茅)
[中国名] 芒 mang
[英名] Japanese silver grass, miscanthus, eulalia, maiden grass
[学名] Miscanthus sinensis Anderss.
イネ科 Poaceae  ススキ属
三河の植物観察
ススキの花序
ススキの小穂
ススキの葯と柱頭
ススキの白色の葯
ススキ稈の断面
ススキ
ススキ葉表
ススキ葉裏
 昔はススキの茎が茅葺屋根の材料として使われていた。茎は叢生し、ケイ酸が多く、硬くて耐久力があり、冬に茎が立って残る。茎(稈)の断面は円形、内部にスポンジ状の髄があって中実又は中空。葉は幅0.7~2㎝、中央脈が白く、縁には堅くて鋭い刺歯があり、葉裏には毛が少しある。葉の基部、葉鞘、節には軟毛が生える。花序は長さ15~20㎝、白銀色。小穂は長さ約5㎜、基部に小穂よりやや長い程度の白毛が密生する。2小花だが、第1小花は退化し護頴だけになり、、第2小花の護穎に途中で曲がった長い芒(のぎ)が1本ある。葯は黄色。柱頭は褐色~暗紫色、まれに白色のものもある。果実(頴果)は長さ約2㎜の倒披針状惰円形、光沢があり、暗赤褐色。2n=38。(小穂と果実の詳細参照
 ススキは分布が広く変異も多い。また、栽培されて品種も多い。イトススキ forma gracillimus は小穂の芒がよじれ、途中で曲がらない。ムラサキススキ forma purpurascens は小穂の基部の毛が紫色を帯びて、長い。観賞用によく栽培されているタカノハススキ forma zebrinus は葉に淡黄色の斑が入る。
 ススキは株立ちするが、湿地に生えるオギは根茎で広がり、株立ちしない。花序はススキの方が小さい。トキワススキは全体にやや大型で、花期が早く、中軸が先まで伸びる。海岸に生えるハチジョウススキは茎が太く、葉の幅も広い。また、葉縁の刺もやや鋭さを欠く。
[花期] 8~10月
[草丈] 100~200㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山野に普通
[分布] 在来種 日本全土、朝鮮、中国
[撮影] 吉良町  00.10.11
TOP Back