トキワススキ  常盤薄
[別名] カンススキ、アリワラススキ
[中国名] 五节芒 wu jie mang
[英名] giant Chinese silver grass, Pacific island silvergrass, Japanese silver grass
[学名] Miscanthus floridulus (Labill.) Warb. ex K. Schum. et Lauterb.
イネ科 Poaceae  ススキ属
三河の植物観察
トキワススキの若い穂
トキワススキの小穂
トキワススキの葉
トキワススキの茎
トキワススキ
トキワススキ花序
トキワススキ葉表
トキワススキ葉裏
 ススキに比べ、花期が早く、全体に大きくなる。葉は幅1.5~3㎝で縁がざらつく。葉舌は長さ約2㎜。花序は長さ30~50㎝、中軸が先まで伸びるのが特徴である。花序枝の基部には毛がある。小穂はススキより小さく、長さ3~3.5㎜。基毛は小穂より長く、長さ4~6㎜。葯と柱頭は紫色であり、開花初期は花序が紫色を帯び、次第に褐色に変わる。第2小花の護頴の芒は長さ8~10㎜。
[花期] 7~9月
[草丈] 100~250㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 暖地の海岸近く、堤防、丘陵
[分布] 在来種  関東地方以西、中国、台湾、インドネシア、マレーシア、フィリピン、フィジー、ポリネシア
[撮影] 蒲郡市柏原町  09.7.10
TOP Back