シロニガナ  白苦菜
[学名] Ixeridium dentatum (Thunb.) Tzvelev subsp. dentatum
Ixeris dentata (Thunb.) Nakai form. albida Kitam.
キク科 Asteraceae (Compositae)  ニガナ属
三河の植物観察
シロニガナ舌状花6個
シロニガナ舌状花5個半
シロニガナ舌状花5個
シロニガナ
 ニガナの白花。ニガナ属をIxeridiumとする最近の分類ではニガナに含め、品種に分けることをしない。シロニガナもニガナの別名とされている。頭花は白色の舌状花5~7個だけからなる。
 ハナニガナの白花はシロバナニガナという。全体の形はシロニガナによく似ており、やや大きくなる。頭花には8~10個の舌状花がつく。
[花期] 5~8月
[草丈] 20~50㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 日当たりのよい場所
[分布] 在来種  日本全土、朝鮮、中国、ロシア
[撮影] 志賀高原  05.7.31
TOP Back