シラハギ  白萩
[学名] Lespedeza nipponica Nakai 'Japonica'
Lespedeza japonica L.H.Bailey 'Japonica'
Lespedeza thunbergii(DC.)Nakai subsp. thunbergii form. albiflora(C.K.Schneid.) H.Ohashi、
Lespedeza japonica L.H. Bailey 'Albiflora'
マメ科 Fabaceae ハギ属
三河の植物観察
シラハギ花
シラハギの花横
シラハギ花下
シラハギ葉
シラハギ果実
シラハギ茎
シラハギ
シラハギの小葉の表裏
 ニシキノハギの白花品種はシラハギという。学名は諸説あり、統一されていない。ニシキハギをミヤギノハギの別種とする説と同種の品種とする説もあり、変種としている場合もある。
 別種とする説 Lespedeza nipponica Nakai'Japonica'
          Lespedeza japonica L.H.Bailey 'Japonica'
 同種とする説 Lespedeza thunbergii (DC.) Nakai
           subsp. thunbergii
           form. albiflora (C.K.Schneid.) H.Ohashi
          Lespedeza thunbergii (DC.) Nakai
            var. albiflora (C.K.Schneid.) Ohwi
 ミヤギノハギは葉先が尖る。ニシキハギと同じように萼歯が萼筒より長いが、萼歯の脈が目立つのは1本だけであり、翼弁が、開花時に斜上する。
[花期] 8~10月
[樹高] 1~2m
[生活型] 落葉低木
[生育場所] 道端、草地、林縁
[分布] 栽培品種 【ビッチュウヤマハギ:本州(中部以西)、四国、九州、朝鮮、中国】
[撮影] 新城市  09.9.3
TOP Back