センブリ  千振
[中国名] 日本當藥 ri ben dang yao
[学名] Swertia japonica (Schult.) Makino
リンドウ科 Gentianaceae  センブリ属
三河の植物観察
センブリの花
センブリの4弁花
センブリの蜜腺と毛
センブリの花裏
センブリ果期
センブリの果実
センブリ
センブリ花
センブリ花後
センブリ種子
 和名の由来は昔から日本の胃薬として利用され、非常に苦く、千回振り出してもまだ苦いということから。中国でも栽培されている。
 全草に苦味がある。茎は4稜形、根元から分枝し、紫色を帯びることが多い。葉は対生し、無柄。葉身は長さ1.5~3㎝の線形~広線形、全縁、しばしば淡紫色を帯びる。上部で分枝した枝先や上部の葉腋に花を(1)3~5個ずつつける。小花柄は長さ0.5~1.5㎝。花冠は5裂まれに4裂し、裂片は長さ10~15㎜、幅2~4㎜、表面が白色で紫色の条線があり、裏面は紫色を帯び、つぼみの時は紫色に見え、果時には閉じて残る。花冠の基部に緑いろの蜜腺が2個ずつあり、蜜腺の縁に長毛がある。萼は5深裂し、萼片は長さ4.5~8.5㎜、幅0.5~1㎜の線形、鋭頭、果時にも残る。雄しべは花冠裂片と同数。花糸は長さ約5㎜、線形。子房は紡錘形、雌しべは短い。蒴果は長さ12~16㎜、幅1.5~2㎜の紡錘形、熟すと乾き、先が3~4㎜ほど2裂開する。種子は長さ0.5~0.7㎜、ほぼ卵状の歪な不定形、暗褐色、表面に微細な凸凹がある。2n=18, 20, 24
 イヌセンブリは湿地に生え、苦味がなく、花冠基部の毛が多い。
 ムラサキセンブリは花が一回り大きく、淡紫色であり、蜜腺が明瞭には見えない。
[花期] 8~11月
[草丈] 10~20㎝
[生活型] 2年草
[生育場所] 日当たりの良い草地
[分布] 在来種  北海道、本州、四国、九州、朝鮮
[撮影] 田原市  06.10.28(花)
蒲郡市  15.12.9(果実)
TOP Back