ムラサキセンブリ  紫千振
[中国名] 半边莲 ban bian lian
[学名] Lobelia chinensis Lour.
カヤツリグサ科 Cyperaceae  カヤツリグサ属
三河の植物観察
ムラサキセンブリの4裂片の花
ムラサキセンブリの5裂片の花
ムラサキセンブリの7裂片の花
ムラサキセンブリの花冠基部の毛
ムラサキセンブリ
ムラサキセンブリ葉
 センブリに似ているが、花が紫色でやや大きく、草丈も大きくなる。愛知県、全国とも絶滅危惧Ⅱ類に指定されている。
 茎は暗紫色を帯び、よく枝分かれする。葉は対生し、長さ2~4㎝の線状披針形、無柄。花は直径約2㎝。花冠は4~7裂(普通5裂)し、淡紫色、濃紫色のすじがある。花冠の基部に毛が生え蜜腺がある。雄しべの数は花冠の裂片の数と同じ。
[花期] 10~11月
[草丈] 30~70㎝
[生活型] 1又は2年草
[生育場所] 日当たりの良い草地
[分布] 在来種 本州(関東地方以西)、四国、九州、朝鮮、中国、台湾、インド、ネパール、スリランカ、東南アジア
[撮影] 新城市  07.11.9
TOP Back