アケボノソウ  曙草
[中国名]

獐牙菜 zhang ya cai

[学名] Swertia bimaculata (Sieb. et Zucc.) Hook. et Thoms.
リンドウ科  Gentianaceae  センブリ属
三河の植物観察
アケボノソウの花序
アケボノソウの蕾
アケボノソウの花
アケボノソウの4弁花
アケボノソウの果実
アケボノソウ
アケボノソウ葉
アケボノソウ種子
 根は黄色、ひげ根。茎は直径2~6㎜、直立し、よく分枝する。根生葉は開花期に枯れる。葉は対生し、茎葉は無柄~短柄。葉身は広卵形~卵状披針形、長さ3.5~9㎝、幅1~4(5)㎝、基部は細くなるか鈍形、先は尖鋭形、脈は3~5本、全縁。花序は集散花序の円錐花序、長さ50㎝以下、緩く枝を広げ、多数花をつける。花は5数性。花柄は長さ0.6~4㎝、丈夫な円柱形。萼筒は長さ1~2㎜、萼裂片は長さ3~6㎜、狭倒披針形~狭楕円形、基部は狭まり、縁はやや外巻き、膜質、先は尖鋭形、3~5脈は不明瞭。花冠は白色(~黄色)、直径2~2.5㎝、筒部は長さ1~2㎜、5深裂し、裂片は長楕円形~惰円形長さ1~1.5㎝、基部は狭くなり、先は尖鋭形~鋭形、先に多数の黒紫色の細かい斑点と、中央付近に黄緑色の大きな円形の蜜腺が2個ある。花冠の4深裂のものが混在することも多い。雄しべは裂片の数と同じ。花糸は長さ5~6.5㎜、葯は惰円形、長さ約2.5㎜。蒴果は長さ1.5~2.3㎝、狭卵形。種子は黒褐色、長さ約1㎜。2n=18,24。
 花冠に黒い斑点のないものはフナシアケボノソウという。
[花期] 8~10月
[草丈] 30~140(200)㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 山地の湿った場所
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、中国、インド、ブータン、ネパール、マレーシア、ミャンマー、ベトナム
[撮影] 面ノ木湿地 06.9.16
TOP Back