サワオトギリ  沢弟切
[学名] Hypericum pseudopetiolatum R. Keller
オトギリソウ科 Clusiaceae (Guttiferae) オトギリソウ属
三河の植物観察
サワオトギリの花
サワオトギリの花柱
サワオトギリの花弁
サワオトギリの萼片
サワオトギリの葉表の黒点
サワオトギリの葉裏の黒点
サワオトギリ
サワオトギリ葉表
サワオトギリ葉裏
 茎はやや曲がりながら、直立し、上部で分枝する。葉は対生し、長さ2~4㎝、幅6~12㎜の倒卵形~長楕円形、全縁、先は円頭、基部は広い楔形、縁には黒点があり、内部に明点が多数あり黒点はない。花の直径は約1㎝。花弁は4~6(普通5)個、長さ4~6㎜、明線があり、縁に黒点がある。雄しべは5~7個が束になり3束ある。雌しべ1個、花柱3個、長さ1.3~2㎜。萼片は花弁と同数、長さ3.5~5.5㎜、大きさが不揃い、明点が多数あり、縁の黒点に有柄のものがある。蒴果は長さ5~8㎜の広卵形、熟すと先が3裂し、種子を落とす。種子は07~0.8㎜の長楕円形。
 ナガサキオトギリはサワオトギリから独立種 Hypericum kiusianum Koidz. var. kiusianum とされたものである。ソハヤキ型であり、太平洋側の箱根を北限とし、本州(富士、箱根、伊豆、紀伊半島)、四国、九州に分布する。葉が長さ15~20㎜の倒卵形、幅がやや狭い。萼片は長さ約2㎜、縁の黒点が有柄であることはない。
 三河地域のサワオトギリ(新城市内に自生)と思われるものの萼片の黒点を確認したところ、無柄の黒点がほとんどであるが、萼片に2個の有柄の黒点があった。葉や萼片も大きく、サワオトギリであり、茶臼山周辺のものも同様と考えられる。
 オトギリソウは大きく、葉の黒点が縁だけでなく、葉全面に多い。
 コケオトギリヒメオトギリには黒点がなく、明点だけである。
[花期] 7~8月
[草丈] 10~40㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の水辺、湿地
[分布] 在来種(日本固有種) 北海道、本州、四国、九州(主に日本海側)
[撮影] 長野県白馬  10.8.27
TOP Back