オオアブラススキ  大油薄
[中国名] 大油芒 da you mang
[学名] Spodiopogon sibiricus Trin.
イネ科  Poaceae  オオアブラススキ属
三河の植物観察
オオアブラススキ花序
オオアブラススキ花序枝
オオアブラススキキ小穂2
オオアブラススキの下部の葉基部
オオアブラススキ茎断面
オオアブラススキ Eccoilopus cotulifer
オオアブラススキ葉
オオアブラススキキ小穂
オオアブラススキキ果実
 和名は油質を帯びているアブラススキに似て、大型であることから。アブラススキよりやや小さいものも多い。
 根茎が長く、横に匍匐し、密に鱗片葉をつける。茎は直立、叢生し、直径2~4㎜、無毛。葉は長さ(10)20~40㎝、幅0.8~2㎝、葉表に短毛があり、長い葉柄がない。葉舌は膜質、長さ1~2㎜。葉鞘は無毛。円錐花序は直立し、長さ10~20㎝、紫褐色。花序枝は長さ2~6㎝、斜上して垂れ下がらず、分枝は少なく、節ごとに小枝が2~3本つき、平滑、7~9個の小穂をつける。下部の小穂は雄性。枝先に有梗と無梗の小穂が対となってつき、先端には有梗の小穂が対につく。小梗は長さ2.5~5㎜、長さ1.5~2㎜の毛がある。小穂は長さ4.5~6㎜。苞穎は第1、第2ほぼ同長、長さ1.5~2.5㎜の毛があり、先は2裂しない。護穎は膜質、先が2裂し、裂片の間から太い芒が出る。芒は長さ10~15㎜、捩じれ、途中で屈曲する。果実は長さ2~2.7㎜の長楕円形、紫褐色を帯び、光沢はない。2n=40。
 ミヤマアブラススキ(コアブラススキ)Spodiopogon depauperatus は本州(北部~中部)に分布する日本固有種。オオアブラススキに似ていて全体に小型。根茎は短い。葉は長さ7~20㎝、幅4~15㎜。円錐花序は長さ約10㎝、小穂がまばらにつく。小穂は長さ4~5㎜、毛がまばら。第1苞頴の先が2裂し、第2苞頴の先に短い芒がある。護頴の芒は長さ7~8㎜。
 アブラススキ Eccoilopus cotulifer は葉の基部に長毛が生え、下部の葉には長い柄がある。長さ約30㎝の円錐花序は先が弓状に曲がり、花序の枝は糸状、茎から放射状に出て下垂する。小穂は長さ5~6㎜、基部に短毛がある。苞穎には長毛が散生し、第1、第2ともに先が短芒状になる。護頴の芒は長さ12~18㎜。
 ヒメアブラススキは全体にやや小さく、花序が数回分枝し、小穂が数個、固まって小花序になり、小穂も芒のあるものと無いものがある。
[花期] 7~8月
[草丈] 70~150(200)㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 日当たりのよい山野
[分布] 在来種  北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、ロシア
[撮影] 豊橋市  14.8.24
TOP Back