アブラススキ  油薄
[中国名] 油芒 you mang
[学名] Eccoilopus cotulifer (Thunb.)A.Camus
Spodiopogon cotulifer (Thunb.) Hack.
イネ科  Poaceae  アブラススキ属
三河の植物観察
アブラススキ穂の葯
アブラススキ対の小穂
アブラススキ茎
アブラススキの葉
アブラススキの葉裏
アブラススキの果実
アブラススキの護頴
アブラススキ Eccoilopus cotulifer
アブラススキ小穂と小花
アブラススキ熟した小穂
アブラススキ基部の長い葉柄
 茎や花の軸からカメムシのようないやな臭いの粘液を出し、油のような光沢があり、これが和名の由来である。
 茎は直立し、直径3~8㎜。葉舌は長さ2~3㎜。葉は長さ15~60㎝、幅0.8~2㎝、葉の基部には長毛が生える。下部の葉には長い柄があるのが特徴である。長さ約30㎝の円錐花序は先が弓状に曲がり、花序の枝は糸状、茎から放射状に出て下垂する。小穂は柄が長さ約5㎜の長いもの(長梗)と長さ約3㎜の短いもの(短梗)が対になってつき、長さ5~6㎜、基部に短毛がある。苞穎には長毛が散生し、第1、第2ともに先が短芒状になる。護穎と内穎はともに膜質、護頴に長さ12~18㎜の芒がつく。葯は長さ2.5~3㎜、初めは紫色で、褐色に変わる。果実(頴果)は形がススキに似て、長さ約3㎜と大きく、褐色、表面の細かい縦しわはほとんどない。2n=40
 ヒメアブラススキは全体にやや小さく、花序が数回分岐し、小穂が数個、固まって小花序になり、小穂も芒のあるものと無いものがある。2n=40。
 オオアブラススキは根茎が長く、葉の表面に短毛があり、長い葉柄がなく、葉の基部に毛がなく、花序の枝が垂れ下がらない。また、小穂に毛が密生し、対の小穂の1個が無梗。
[花期] 8~10月
[草丈] 90~120㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山野
[分布] 在来種  日本全土、朝鮮、中国、インド
[撮影] 新城市  13.9.25
TOP Back