オドリコソウ  踊り子草
[中国名] 野芝麻 ye zhi ma
[英名] white dead-nettle
[学名] Lamium album L. var. barbatum (Sieb. et Zucc.) Franch. et Savat.
Lamium barbatum Siebold et Zucc.
シソ科 Lamiaceae (Labiatae) オドリコソウ属
三河の植物観察
オドリコソウの花序
オドリコソウの花
オドリコソウの雄しべ
オドリコソウの雄しべと雌しべも配置
オドリコソウの雄しべの葯と雌しべ
オドリコソウの果実
オドリコソウ葉裏の白毛と腺毛
オドリコソウの葉柄の基部
オドリコソウ
オドリコソウ仮輪
オドリコソウ仮輪2
オドリコソウの葉
オドリコソウのやや未熟な分果
 和名は葉の間から出る花が、笠をかぶった踊り子に似ていることに由来する。漢方薬として利用され、野芝麻(やしま)と呼ばれ、乾燥した根が利用される。
 道端や河川の土手に群生していることが多い。茎は4稜形、中空、しばしば紫褐色を帯び、茎稜には下向きの毛がまばらに生える。葉は十字対生し、長い柄がつき、長さ5~10㎝。葉表に白毛がある。葉裏の脈付近には白色の長毛とごく柄の短い腺毛があり、葉柄に続き、面上にも細かな腺点(小さすぎて柄が見えない)がある。若芽が食用となるが、芳香ではなく、やや不快臭。上部の葉腋に2~3個(まれに1個)の集散花序が集まる仮輪をつけ。花は1個の集散花序に普通、5~7個つく。集散花序の基部には4~5個程度の披針形の不揃いの苞がある。花は長さ3~4㎝の白色~淡紅白色の唇形。花冠の筒部は湾曲し、上唇は曲がって上部は丸くなり、白毛を密生する。下唇の側裂片は小さく、刺状、大きい中央裂片は先が2裂し、裂片には白毛と腺毛がある。萼は10脈があり、5中裂し、裂片は細長く尖り、縁付近に白毛と腺毛が多い。萼筒の根元の下面に黒色の班紋がある。雄しべは4個、外側の2個がやや長く、花糸に短腺毛があり、白毛が散生する。葯は黒色、4個が並び、周囲に白毛が密生し、縦に裂開して黄色の花粉を出す。雌しべの花柱は先端が2裂し、先が尖り、雄しべとほぼ同長、先が雄しべの葯の間にあり、見えにくい。果実は4分果(シソ科の特徴)。分果は長さ3~3.5㎜、3稜があり、種沈がつく。2n=18
[花期] 4~5月
[草丈] 30~50㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 半日陰の山野、道端
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、ロシア
[撮影] 吉良町 07.4.28
TOP Back