ナナカマド  七竈
[英名] Japanese rowan, Japanese mountain-ash
[学名] Sorbus commixta Hedl.
Sorbus commixta Hedl. var. sachalinensis Koidz.
バラ科 Rosaceae  ナナカマド属
三河の植物観察
ナナカマドの果序2
ナナカマドの葉
ナナカマドの葉2
ナナカマドの幹
ナナカマド
ナナカマドの果序
ナナカマドの小葉
 高さ6~10m、まれに18m以下になる。樹皮は帯褐色~銀灰色、独特の臭気がある。葉は互生し、長さ10~20(30)㎝の奇数羽状複葉、無毛、秋に紅葉する。側小葉は4~8対つき、披針形~長楕円形、長さ4~7㎝×幅1~2.5㎝、先は尖鋭形、基部は円く、左右がやや不揃いになり、鋸歯縁。複散房花序は直径9~15㎝、小さな白色の花を多数つける。花は直径6~10㎜。花弁は5個、円形、白色。雄しべは20個。ナシ状果は球形、直径7~8㎜、熟すと明るい橙赤色~赤色、落葉後も真っ赤な果実が残る。花期は(5)6~7(8)月。果期は10~11月。
品種) 'Serotina' , 'Carmencita' , 'Dodong' , 'Embley' , 'Jermyns' , Olympic Flame , 'Ravensbill' , 'Serotina'
 ナンキンナナカマド Sorbus gracilis は小型で、小葉の数が少なく、花序の基部に大きな托葉がつく。
 高山帯で見られるのはウラジロナナカマド、タカネナナカマド。
[花期] 6~7月
[樹高] 6~10(18)m
[生活型] 落葉高木
[生育場所] 山地
[分布] 在来種  北海道、本州、四国、九州、朝鮮(鬱陵島)、サハリン
[撮影] 吾妻郡嬬恋村 18.10.5

 ナナカマド属

 family Rosaceae- genus Sorbus

 低木又は高木、高さ1~30m。茎は1~8本、直立又は斜上し、樹皮は灰色~褐色~ブロンズ色、普通、平滑、古くなると鱗片状になり、水平の皮目が目立ち、長~短のシュートがあり、刺は無い。小枝は苦いアーモンドの味(シアン配糖体cyanogenic glycosides)があり、無毛又は有毛。葉は落葉性、茎葉、単葉又は奇数羽状(まれに偶数)浅裂又は全裂。托葉は普通、早落性、ときに宿存し、分離又は葉柄に短く合着し、線形~卵形~披針形~扇形、縁は全縁~歯状~不規則な切れ込みがある。葉柄がある。葉身は卵形~長楕円形、長さ5~33㎝、膜質~わずかに革質。小葉は0又は7~17(~19)個、普通、対生し、まれに互生、楕円形~卵形~長楕円形~披針形~倒披針形、縁は平ら、鋭鋸歯~全縁に近く、羽状脈、表面は無毛又は有毛、ときに粉白を帯びる。花序は頂生、花が6~400+個つき、円錐花序~頂部が平ら~丸くなり、無毛~粉白色~有毛。苞はある。小苞は無い。花柄はある。花は葉の展開後に開花し、花被と雄しべ群は子房上又は半子房上。匂いは強く、しばしば、不快又は悪臭と考えられ。花は直径5~17㎜。花托筒は緑色~赤色、倒円錐形、長さ2~6㎜、無毛又は有毛。咢片は5個、直立又は斜上、卵形又は三角形。花弁は5個、白色又はピンク色(赤色)、類円形又は広倒卵形~広卵形、基部に爪部は有又は無、しばしば、±絨毛がある。雄しべは [10~]14~20[~44]個、2~3列につき、普通、花弁よりわずかに長い。心皮は2~5個、分離~部分的に合着~全体に合着し、花托筒の全体又は下部の1/2につき、普通、先に羊毛状の毛がある。花柱は2~5個、頂生、分離又は長さの1/2が合着する。胚珠は2又は3(又は4)個。果実はナシ状果 普通、橙色又は赤色、まれに褐色又は黄色 [緑色、白色又はピンク色]、球形~卵形~倒卵形~楕円形~長楕円形[洋ナシ形]、長さ4~19㎜、平滑又は皮目をもち、光沢があり、ときに粉白色を帯び、有毛又は無毛、果肉は普通、厚膜細胞をもつ。花托筒は宿存する。咢片は普通、宿存し、まれに脱落し、普通、内側に曲がり、肉質。心皮は軟骨質。花柱はしばしば、宿存する。種子は3~5個、褐色~赤褐色~帯黄色、熟すと暗色になり、卵形~披針体、わずかに非対称で扁平。x = 17。
 世界に約130種あり、北アメリカ、ユーラシア、北アフリカ、大西洋諸島、太平洋諸島に分布する。
 英名はmountain ash , rowan。

 ナナカマド属の主な種と園芸品種

 1  Sorbus alnifolia (Siebold et Zucc.) K.Koch アズキナシ 広義
   synonym 
 日本、朝鮮、中国、台湾、ロシア原産。中国名は水榆花楸 shui yu hua qiu 。英名はalder-leafed whitebeam , Korean whitebeam , Korean mountain ash。アズキナシ属 Ariaに分類する説もある。
 高木、高さ20m以下。小枝は若い時、暗赤褐色、付録なると暗灰褐色、円柱形、若いときに微軟毛があり、古くなると無毛になり、白色の皮目がある。芽卵形、長さ4~7㎜、先は鋭形、芽鱗は数個、暗赤褐色、無毛。葉は単葉、葉柄は長さ1.5~3㎝。無毛又はわずかに微軟毛がある。葉身は卵形~楕円状卵形~類円形、長さ5~10㎝×幅3~6㎝、側脈は6~10(~14)対、平行に近く、縁の歯の中で達し、下面に盛り上がる。葉の両面が無毛又は下面の歯脈に微軟毛があり、基部は広楔形~円形、縁は不規則な鋭い重鋸歯又は浅裂、先は短い尖鋭形。複合の散房花序は頂生し、直径4~8㎝、疎に花が6~25個つき、花軸や花柄にはまばらに短毛がある。花柄は長さ6~12㎜。花は直径1~1.4(~1.8)㎝。花托筒は鐘形、外側は無毛。咢片は三角形又は三角状卵形、先は鋭形。花弁は白色、類円形~長楕円状卵形、長さ5~7㎜×幅3.5~6㎜、基部に爪部があり、先は鈍形。雄しべは20個、花糸は白色、花弁の長さよりわずかに短い。子房は2室。花柱は2個、雄しべより突き出ず、無毛、基部で合着する。果実は赤色、長楕円形~卵状長楕円形~球形、長さ1~1.4㎝×幅7~10㎜、少数の皮目が無又は有。咢片は早落性、小さな環状の傷が残る。種子は淡褐橙色、線状長楕円形。花期は4~5月。果黄は8~9月。
品種) 'Red Bird' , 'Skyline'
1-1 Sorbus alnifolia var. alnifolia  アズキナシ(ハカリノメ)
 日本、朝鮮、中国、台湾原産。中国名は水榆花楸 shui yu hua qiu 。
 葉身は卵形~楕円状卵形、縁は普通、分裂せず、不規則な鋭い重鋸歯。果実は長楕円形~卵状長楕円形、まれに類球形。
1-2 Sorbus alnifolia var. lobulata Rehder  裂叶水榆花楸 lie ye shui yu hua qiu
 朝鮮原産。
 葉身は円状卵形~類円形、縁は普通、分裂し、重鋸歯縁。果実は卵状長楕円形、まれに類球形。
1-3 Sorbus alnifolia var. angulata S. B. Liang 棱果花楸 leng guo hua qiu
 中国原産。
 葉身は類円形、縁はしばしば分裂し、重鋸歯縁。果実は球形、5本の溝があり、両端が押しつけられる。

 2  Sorbus americana Marshall  アメリカナナカマド
 USA、カナダ原産。英名はAmerican mountain ash , mountain-ash
 低木又は高木、高さ4~10m。茎は1~4+本。樹皮は暗灰色~ブロンズ色。冬芽は緑色~紫色、光沢があり、卵形~円錐形、長さ7~20㎜、 粘着性があり、無毛又は鱗片の縁と先が有毛、毛は主に赤褐色。亜は羽状複葉。托葉は早落性、赤褐色の縁毛があり、縁にときに腺がある。葉身は下面が淡色、上面は鈍い緑色~黄緑色。小葉は11~17個つき、対生、披針形~長楕円状披針形、長さ5~10㎝×幅1~2.5㎝、長さ/幅の比は3.4~5、縁は細鋸歯~鋸歯、少なくとも先の1/2にあり、しばしばほとんど基部まであり、先は尖鋭形~長い尖鋭形。葉の表面は無毛又は花時に無毛になり、たまに、下面の中脈に毛が残る。小葉の軸と葉柄の基部は無毛又は上面に赤褐色や帯白色の毛がある。円錐花序は花が125~400+個つき、頭部が平ら又は丸く、直径6~15㎝。花序柄は無毛又はまばらに絨毛がある。花柄は無毛又はまばらに絨毛がある。花は直径5~7.5(~8.5)㎜。花托筒は無毛、花托筒に咢片を加えて長さ2~2.5㎜。咢片は長さ0.5~1㎜、全縁、しばしば少数の太い腺がある。花弁は白色、円形~倒卵形、長さ(2~)2.5~3.5(~4)㎜。雄しべは14~20個。心皮は花托筒に半分つく、先は円錐形。花柱は3又は4個、長さ1.5~2㎜。花序は無毛又はまばらに絨毛がある。ナシ状果は明るい赤色~橙赤色、球形~類球形、直径4~7㎜、光沢があり、粉白色を帯びない。咢片は目立たず、内側に曲がる。種子は褐色新鮮又は未熟なときに帯黄色、卵形~卵状披針形、長さ2.5~3.3㎜×幅1.5~2㎜、非対称、わずかに扁平。 2n = 34
品種) 'Belmonte' , 'Lafayette'

 3  Sorbus aria (L.) Crantz  ホワイトビーム
   synonym Sorbus rupicola (Syme) Hedl.
ヨーロッパ、北アフリカ、アルメニア、ジョージア原産。英名はchess-apple , common whitebeam , whitebeam。
 成長の遅い小~中型の落葉高木又は低木、高さ5~15m、まれに、20mで幹が直径40㎝にもなる。しばしば、多数の細い幹をもつこともある。幹の樹皮は平滑~浅い亀裂を生じ、黄灰色、古くなると灰黒色で縦の割れ目をもつ。若いシュートは光沢のあるオリーブ色~黄褐色~赤褐色、普通、密に綿毛があり、頂芽は1、2個つき、大きく目立ち、有毛。葉は春に薄緑色、夏に暗緑色、秋に黄色に変わる。葉は互生、単葉、形は様々で、卵形~楕円形~円形、縁は重鋸歯、ときにギザギザに浅裂し、長さ6~12㎝×幅4~8㎝、下面には普通、密に白色の毛があり、側脈を約10~15対もつ。雌雄同株(monoceous)、雌雄両全性(hermaphrodite)。花序は散房花序、直径5~10㎝。花は直径約1.5㎝、白色、2倍体では虫媒花、自家不和合性。典型的な寿命は100~200年で、果実をつけるまでに10~20年かかる。花期は5~6月。1個の花は約1週間、咲く。果実はナシ状果、橙色~緋色、球形、直径8~15㎜、多数の皮目がある。ほとんどが鳥に食べられ、散布される。果実は9~10月に熟し、しばしば、冬の間、枝に残る。
品種) 'Aurea' , 'Chrysophylla' , 'Cyclophylla' , 'Decaisneana' , 'Gigantea' , 'Glasnevin Gold' , 'Lutescens' , 'Magnifica' , 'Majestica' , 'Mitchellii' , 'Orange Parade' , 'Ottery' , 'Pendula' , 'Quercoides' ,  'Salicifolia' , 'Stangerii'
 4  Sorbus aucuparia L.  オウシュウナナカマド
  朝鮮、中国、ロシア、モンゴル、コーカサス、トルコ、ヨーロッパ原産。英名はEuropean rowan , European mountain ash , quickbeam , rowan-berry 。
 高木、高さ6~15m。茎は1~3(~4)本。樹皮は灰色~ブロンズ色。冬芽は紫色、卵形~卵状円錐形、長さ5~15㎜、光沢が無く、粘らず、普通、密に絨毛がある。毛は帯白色、まれに赤褐色。外側の芽鱗にはときに、縁毛だけがある。葉は羽状複葉。托葉は脱落性又は宿存性、帯白色の絨毛があるか又は無毛。葉身は下面が淡色又はしばしば帯白色になり、上面は光沢のない緑色~青緑色。小葉は11~17(~19)個つき、対生、長楕円形~長楕円状披針形~倒披針形、長さ(2.5~)3~6(~7.5)㎝×幅1.5~2㎝、長さ/幅の比は2.4~3.7、縁は少なくとも先の1/2に鋸歯があり、しばしば、ほとんど基部まであり、先は鋭形~鈍形、下面は花時に白色の綿毛~絨毛があり、毛はしばしば少なくとも中脈、小葉の軸、葉柄の基部に宿存し、毛は普通、帯白色、ときに赤褐色。円錐花序は花が75~200+個つき、頭部が平ら又は丸く、直径6~18㎝。花序柄には ±白色の絨毛がある。花柄には密に白色の絨毛がある。花は直径8~11㎜。花托筒には密に帯白色の絨毛があり、花托筒に咢片を加えて長さ2.9~3.2㎜。咢片は長さ0.5~1㎜、縁にしばしば腺がある。花弁は白色、円形、長さ(3~)4~5㎜。雄しべは15~20個。心皮は花托筒に1/2がつき、先は円錐形。花柱は3又は4個、長さ1.5~3㎜。花序は無毛又は密に絨毛がある。ナシ状果は黄色~橙赤色~赤色、球形~類球形、直径8~12㎜、光沢が有又は無、わずかに粉白色を帯びるか又は帯びない。咢片は目立たず、内側に曲がる。種子は褐色、卵形~卵状披針形、長さ3~4.5㎜×幅1.5~2㎜、非対称、わずかに扁平。2n = 34。
品種) 'Aspleniifolia' , 'Aurea' , 'Beauty of Banff' , 'Beissneri' , Cardinal Royal = 'Michred' , 'Cloth of Gold' , 'Creme Lace' , 'Desertnaya Michurina' , 'Dirkenii' , 'Fastigiata' , 'Fingerprint' (PBR) , 'Flanrock' (PBR) , 'Fructu Luteo' , 'Hilling's Spire' , 'Jackman's Crimson' , 'Kewensis' , 'Lanuginosa' , 'Michred' , 'Pendula' , 'Pendula Variegata' (v) , 'Red Marbles' , 'Rossica Major' , 'Scarlet King' , 'Sheerwater Seedling' , 'Streetwise' , 'Wettra' , 'Winterdown' , 'Xanthocarpa'
4-1 Sorbus aucuparia var. edulis
品種) 'Rabina' (F) , 'Rosina' (F) , 'Rossica'

 5  Sorbus commixta Hedl.  ナナカマド
   synonym Sorbus commixta Hedl. var. sachalinensis Koidz
   synonym Sorbus americana Marshall subsp. japonica (Maxim.) Kitam.
 日本、朝鮮、ロシア原産。英名はJapanese rowan , Japanese mountainash。中国名は七灶花楸。
 落葉高木、高さ6~10m、まれに18m以下になる。樹皮は帯褐色~銀灰色、独特の臭気がある。葉は互生し、長さ10~20(30)㎝の奇数羽状複葉、無毛、秋に紅葉する。側小葉は4~8対つき、披針形~長楕円形、長さ4~7㎝×幅1~2.5㎝、先は尖鋭形、基部は円く、左右がやや不揃いになり、鋸歯縁。複散房花序は直径9~15㎝、小さな白色の花を多数つける。花は直径6~10㎜。花弁は5個、円形、白色。雄しべは20個。ナシ状果は球形、直径7~8㎜、熟すと明るい橙赤色~赤色、落葉後も真っ赤な果実が残る。花期は(5)6~7(8)月。果期は10~11月。
品種) 'Serotina' , 'Carmencita' , 'Dodong' , 'Embley' , 'Jermyns' , Olympic Flame , 'Ravensbill' , 'Serotina'
5-1 Sorbus commixta Hedl. var. rufoferruginea C.K.Schneid.  サビバナナカマド
   synonym Sorbus americana Marshall subsp. japonica (Maxim.) Kitam. var. rufoferruginea (C.K.Schneid.) Kitam.
   synonym Sorbus rufoferruginea (C. K. Schneid.) C. K. Schneid.
 日本、朝鮮原産。
 小葉の下面に赤褐色の軟毛が密生する。萼や花柄にも赤褐色の毛がある。
品種)  'Longwood Sunset'
5-2 Sorbus commixta Hedl. var. wilfordii (Koehne) Sugim.  ツシマナナカマド

 6  Sorbus cuspidata (Spach) Hedlund
   synonym Sorbus vestita (Wall. ex G. Don) Lodd.
 中国、インド、ネパール、ブータン、ミャンマー原産。中国名は白叶花楸 bai ye hua qiu
品種) 'Sessilifolia'

 7  Sorbus decora (Sarg.) C. K. Schneid.
 USA、カナダ原産。英名はnorthern mountain-ash , showy mountain-ash
品種) 'Gaspe' , 'Grootendorst'

 8  Sorbus esserteauana Koehne
   synonym Sorbus conradinae Koehne
 中国原産。中国名は麻叶花楸 ma ye hua qiu。
品種) 'Flava'
 9  Sorbus folgneri (C. K. Schneid.) Rehder
 中国原産。中国名は石灰花楸 shi hui hua qiu。
品種)  'Emiel' , 'Lemon Drop'
 10  Sorbus foliolosa (Wall.) Spach
   synonym Sorbus foliosa Wenz.
   synonym Sorbus himalaica Gabrieljan

 中国、インド、ネパール、ブータン、ミャンマー原産。中国名は尼泊尔花楸 ni po er hua qiu
品種) 'Gabrielian' , 'Lowndes'

 11  Sorbus gracilis (Siebold et Zucc.) K.Koch  ナンキンナナカマド(コバノナナカマド)
 日本固有種。
 高さ1~3m。ナナカマドより小形で、幹は細く、疎に分枝し、樹皮は暗灰色。冬芽は長楕円形、長さ約10㎜、芽鱗は紅色。花序の下につく葉の托葉は大きい扇形、下部の托葉は扇形~小さな楕円形、対につき、歯牙縁、残存性又は脱落性。葉は互生し、奇数羽状複葉、長さ7~16㎝、小葉は3~5対つき、基部のものほど小さい。頂小葉は楕円形~長楕円形、長さ2~6㎝×幅1~2.5㎝、小葉柄は長さ0.5~1㎝、側小葉の小葉柄はごく短く、上半部にごく浅い前向きに湾曲した鋸歯があり、先は円形又は鈍形、基部は非対称の広楔形、上面は淡緑色~緑色、下面は粉白色を帯び、脈上に淡褐色の毛がある。葉は初め、両面に帯白色の長軟毛があり、葉軸や脈上に多い。雌雄同株。 葉腋から出る複散房状花序を葉の上に出し、花を密につける。花は直径約10㎜、帯黄白色~黄緑色、花弁5個。ナシ状果は球形~広楕円形、直径6~8(10)㎜、赤色に熟し、先端に萼片が残る。種子は褐色、卵状楕円形、長さ約4㎜。花期は5~6月。果期は9~10月。

 12  Sorbus hemsleyi (C.K.Schneid.) Rehder
   synonym Pyrus henryi (Rehder) Cardot
 中国原産。中国名は江南花楸 jiang nan hua qiu 。
品種) 'Emei Shan' , 'John Bond'

 13  Sorbus hupehensis C. K. Schneid.
   synonym Sorbus hupehensis var. obtusa C. K.
   synonym Sorbus carmesina McAll.  果実がピンク色の栽培種
   synonym Sorbus pseudohupehensis McAll
 中国原産。中国名は湖北花楸 hu bei hua qiu。 英名はhupeh rowan 。
 高木、高さ5~10m。小枝は紫褐色~灰褐色、円柱形、まばらに楕円形の皮目があり、若いときに、わずかに白色の綿毛があり、無毛になる。芽は長楕円状卵形、長さ6~9㎜、先は鋭形又は短い尖鋭形。芽鱗は数個、赤褐色、無毛。葉は奇数羽状複葉、葉軸は長さ10~15㎝。葉柄は長さ1.5~3.5㎝。托葉は早落性又は宿存するものもあり、線状披針形、長さ4~7㎜、膜質又は葉質に近く、縁は全縁又は先が2裂し、葉軸の上面に溝があり、初め、綿毛があり、無毛になる。小葉は(3 ~)4~8対つき、頂小葉と基部の小葉は中間の小葉より小さく、間隔は0.5~1.5㎝。小葉の葉身は長楕円形~長楕円状披針形~卵状披針形、長さ3~5㎝×幅1~1.8(~3)㎝、側脈は7~16対、わずかにアーチ状の網状になり、下面は中脈に白色の綿毛があり、無毛になる。上面は無毛、基部は楔形、縁は全縁又は基部が類全縁、先が凹形の鋸歯状、葉先は鋭形又は短い尖鋭形、まれに鈍形。花序は長さ(4~)5~8㎝×幅6~10㎝、多数、花がつき、花序軸と花柄は無毛又はまばらに白色の短毛がある。苞は線状披針形、長さ3~6㎜、膜質、縁は普通、全縁、無毛。花柄は長さ 3~5(~7) ㎜。花は直径5~7㎜。花托筒は鐘形、外側は無毛。咢片は三角形、長さ1.5~2.5㎜、外側は無毛又は縁にだけ、微毛があり、先は鋭形。花弁は白色、卵形、長さ3~4㎜×幅2~3㎜、無毛、基部に短い爪部があり、先は鈍形。雄しべは20個、花弁の長さの約1/2。花柱は4又は5個、雄しべの長さよりわずかに短いか又はほぼ同長、基部に灰色の短毛があり、無毛になる。果実は白色、ときに、赤色を帯び、球形、直径5~8㎜、無毛。咢片は宿存する。花期は5~7月。果期は8~9月。
品種) Sorbus carmesina'Emberglow' , ''November Pink' , 'Pink Pagoda' , 'Rosea' , 'Rufus'

 14  Sorbus japonica (Decne.) Hedl ウラジロノキ
   synonym Aria japonica Decne.
 日本固有種 
 15  Sorbus koehneana C. K. Schneider
   synonym Sorbus fruticosa Crantz 'Koehneana'
 中国原産。中国名は陕甘花楸 sha gan hua qiu
品種) 'Koehneana'
 16  Sorbus latifolia (Lam.) Pers.
   synonym Sorbus devoniensis E. F. Warb.
 ヨーロッパ原産。英名はbroadleaf whitebeam
品種) 'Devon Beauty' , 'Henk Vink' , 'Maliformis' , 'Pyriformis' , 'Rosie'

 17  Sorbus matsumurana (Makino) Koehne  ウラジロナナカマド
 日本固有種。
17-1 Sorbus matsumurana (Makino) Koehne f. pseudogracilis (Koidz.) Ohwi  ナンキンナナカマドモドキ

 18  Sorbus moravica M.Lepší et P.Lepší
 チェコ原産
品種) 'Laciniata'
 19  Sorbus pallescens Rehder
 中国原産。中国名は灰叶花楸 hui ye hua qiu
品種) 'White House Farm'

 20  Sorbus pohuashanensis (Hance) Hedl  トウナナカマド (Flora of China)
   synonym .Sorbus aucuparia L. subsp. pohuashanensis (Hance) McAll.  トウナナカマド 
   synonym Sorbus amurensis Koehne
   synonym Sorbus amurensis Koehne var. lanata Nakai  シラゲナナカマド 異分類
   synonym  Sorbus manshuriensis Kitag トウナナカマド synonym
   synonym  Sorbus pohuashanensis (Hance) Hedl. var. manshuriensis (Kitag.) Y.C.Zhu 
   synonym  Sorbus amurensis Koehne var. rufa Nakai  コゲチャナナカマド 異分類
   synonym Sorbus pohuashanensis (Hance) Hedl. var. amurensis (Koehne) Y.L.Chou et S.L.Tung
 朝鮮、中国、ロシア原産。英名はAmur mountain-ash 。中国名は花楸树 hua qiu shu 。
 高木、高さ8m以下。小枝は褐色~紫褐色~灰褐色、若い時に綿毛状絨毛があり、次第に無毛になり、小さな灰白色の皮目がある。芽は長楕円状卵形、長さ0.8~1.2㎝×幅5~7㎜、先は尖鋭形。芽鱗は数個、赤褐色、密に灰色の綿毛状絨毛がある。葉は奇数羽状複葉、葉軸は長さ10~20㎝。葉柄は長さ2.5~5㎝。托葉は広卵形又は半円形、長さ5~10㎜×幅5~12㎜、縁は粗い、鋭い鋸歯状、軸にわずかに翼があり、溝があり、綿毛状絨毛、古くなると類無毛になる。小葉は5~7対つき、間隔は1~2.5㎝、頂小葉と基部の小葉は普通、他の小葉より小さく、卵状披針形~楕円状披針形、長さ3~5㎝×幅1.4~1.8㎝、側脈は9~16対、わずかに縁でアーチ状の網状になり、下面は淡色、若いときに綿毛状絨毛があり、古くなると、類無毛又は中脈だけに綿毛状絨毛がある。上面はまばらに綿毛状絨毛があるか又は無毛、葉の基部は斜めに円く、縁は小さく、鋭い鋸歯状、基部は全縁に近く、先は鋭形又は短い尖鋭形。花序は頂生、名があ8~12㎝×幅10~15㎝、花が密につく。花序軸や花柄は綿毛状絨毛があり、古くなると類無毛~無毛になる。苞は卵形、托葉より小さく、鋭い鋸歯があり、まれに全縁。花柄は長さ3~4㎜。花は直径5~8㎜。花托筒は鐘形、外側は綿毛状絨毛があるか又は類無毛。咢片は三角形、長さ1.5~2.5㎜×幅1~2㎜、無毛又は類無毛、先は鋭形。花弁は白色、広卵形又は類円形、長さ3.5~5㎜×幅3~4㎜、上面は微軟毛があり、先は鈍形。雄しべは20個、花弁とほぼ同長。花柱は3(又は4)個、雄しべより突き出ず、基部に短毛がある。果実は赤色~橙赤色、直径6~8㎜、熟すと無毛。咢片は宿存する。花期は6月。果期は9~10月。2n = 34。

 20  Sorbus randaiensis (Hayata) Koidz.  タカサゴナナカマド
 台湾原産。中国名は台湾花楸 tai wan hua qiu 。
 21  Sorbus rosea McAll.
 Sorbus cashmiriana Hedl. の品種とされていたが、果実がピンク色で大きい。
品種) ''Rosiness'

 22  Sorbus sambucifolia (Cham. et Schltdl.) M.Roem.  タカネナナカマド
 日本、朝鮮、ロシア、アラスカ原産
 低木、高さ1~2m。若枝には淡褐色の皮目があり、白色の軟毛が散生する。托葉は早落性。葉は互生し、奇数羽状複葉、葉柄を含めて長さ9~20㎝、葉柄は長さ2~3㎝。小葉は7~11個つき、狭卵形、長さ4~6㎝×幅1~2.5㎝、先は鋭形、基部は広楔形、縁は全体に粗い鋭鋸歯又は重鋸歯がある。葉の上面には光沢があり、下面は淡緑色、側脈が目立ち、側脈は縁の鋸歯に達する。葉柄と葉軸には褐色の長毛と白い縮毛が散生する。複散房花序は頂生、花は10数個つき、斜上又は下向きにやや垂れる。花は白色、やや紅色を帯びる。萼は杯形、萼筒は長さ3~4.5㎜。花弁は5個、長さ4~6㎜、類円形、開出せず、斜開する。雄しべは15~20個。花柱は5個。子房は中部以下で合着する。ナシ状果は楕円形、長さ12~20㎜×幅10~16㎜、皮目は無く、赤色に熟し、下垂する。種子は卵状楕円形、長さ4~5㎜×幅約2㎜。 花期は6~7月。果期は9~10月。

22-1 Sorbus sambucifolia (Cham. et Schltdl.) M.Roem. var. pseudogracilis C.K.Schneid.  ミヤマナナカマド
   synonym Sorbus pseudogracilis (C.K.Schneid.) Koehne
 日本、朝鮮原産
 、亜高山~高山帯に生え、小型。小葉は7~9個つく。花は白色、垂れず、果実も垂れない。、
品種) 'Pink Pagoda'
 23  Sorbus setschwanensis (C. K. Schneid.) Koehne
 中国原産。中国名は四川花楸 si chuan hua qiu 。
品種) 'Signalman'
 24  Sorbus thibetica (Cardot) Hand.-Mazz.
 中国、ブータン、ミャンマー原産。中国名は康藏花楸 kang zang hua qiu。 英名はTibetan whitebeam
品種) 'John Mitchell'[AGM]
 25  Sorbus ulleungensis Chin S.Chang
 韓国鬱陵島固有種
品種) 'Dodong' , 'Olympic Flame'

 26  Sorbus vilmorinii C. K. Schneid.
 中国原産。中国名は川滇花楸 chuan dian hua qiu 。英名はVilmorin's rowan 。
品種) 'Pendula' ,'Pink Charm' , 'Robusta'

 27  ハイブリッド
(1) Sorbus × arnoldiana Rehder
 Sorbus aucuparia と Sorbus discolorの交雑種
品種) 'Apricot Queen' , 'Cerise Queen' , 'Coral Beauty' , 'Golden Wonder' , 'Kristen Pink' , 'Red Tip' , 'Schouten'
(2) Sorbus x hybrida L. oakleaf mountain ash
   synonym Sorbus fennica (Kalm) Fr.
 英名はoakleaf mountain ash , Swedish service-tree , Finnish whitebeam
 S. aucuparia と S. intermediaの交雑種
(3) Sorbus × intermedia (Ehrh.) Pers
.   synonym Sorbus intermedia (Ehrh.) Pers
 スウェーデン、デンマーク、フィンランド、エストニア、ラトビア、ポーランドに分布。英名はSwedish whitebeam。
 S. aucuparia , S. torminalis , S. aria 又はその系統の3種のハイブリッド
品種) 'Brouwers'
(4) Sorbus x kawashiroi Koji Ito ex Murata  カワシロナナカマド
 アズキナシとナナカマドの自然交雑種

(5) Sorbus meinichii (Hartm.) Hedl.
 ノルウェー原産。4倍体
 Sorbus hybrida( Finnish whitebeam) と Sorbus aucupariaの交雑種
(6) Sorbus x rikuchuensis Makino  リクチュウナナカマド
   synonym Ariosorbus x uzenensis (Koidz.) Koidz. デワノナナカマド
   synonym Ariosorbus x tangoensis (Koidz.) Koidz. ヨサノハゴロモナナカマド
   synonym Sorbus x uzenensis Koidz. デワノナナカマド
   synonym Sorbus x tangoensis Koidz. ヨサノハゴロモナナカマド
 ナナカマドとウラジロノキの自然交雑種
(7) Sorbus × thuringiaca
   synonym Sorbus x semipinnata
   synonym Sorbus x hybrida
 Sorbus aria と Sorbus. aucuparia の交雑種
品種) 'Decurrens' , 'Fastigiata' , 'Gibbsii'[AGM] , 'Neuillyensis' , 'Scarlet King'

(8) Sorbus viminalis Koidz.(S. commixta x S. gracilis)  タチナンキンナナカマド
 京都府立るり渓自然公園(南丹市)内にみられる。
 ナナカマドとナンキンナナカマドの自然交雑種と推定されている。
(9) Sorbus x yokouchii M.Mizush. ex T.Shimizu  オンタケナナカマド
 ウラジロナナカマドとタカネナナカマドの自然交雑種

(10) Aronia × Sorbus, 'Burka'
 Sorbus aucuparia x (Sorbus aria x Aronia arbutifolia).


 4  ハイブリッド
品種) 'Albast' , 'Amber Light' , 'Apricot' , 'Apricot Lady' , 'Apricot Queen' , 'Autumn Fire' , 'Autumn Glow' , Autumn Spire = 'Flanrock' , 'Bellona' , 'Birgitta' , 'Bissetii Pearls' , 'Boyne Bay' , 'Brilliant Yellow' , 'Burka' , 'Carpet of Gold' , 'Chamois Glow' , 'Chamois Glowing Pink' , 'Chinese Lace' , 'Columbia Queen' , 'Copper Glow' , 'Copper Kettle' , 'Coral Beauty' , 'Covert Gold' , 'Croft Coral' , 'Croft Coral' , 'Eastern Promise' , 'Edwin Hillier' , 'Erik' (PBR) , 'Ethel's Gold' , 'Fastigiata' , 'Flanrock' , 'Ghose' , 'Glendoick Gleam' , 'Glendoick Glory' , 'Glendoick Ivory' , 'Glendoick Pearl' , 'Glendoick Ruby' , 'Glendoick Spire' , 'Glendoick White Baby' , 'Glowing Pink' , 'Golden Drops' , 'Golden Wonder' , 'Gresgarth' , 'Guardsman' , 'Harvest Moon' , 'Hillings Spire' , 'Ivory' , 'Joseph Rock' , 'Keith Rushforth' , 'Kirsten Pink' , 'Kirsten Pink' , 'Kukula' , 'Leonard Messel' , 'Leonard Springer' , 'Likjornaja' , 'Lombarts Golden Wonder' , 'Maidenblush' , 'Maiden's Blush' , 'Matthew Ridley' , 'Molly Sanderson' , 'Nevezhinskaja' , 'Old Pink' , 'Pagoda Red' , 'Peaches and Cream' , 'Peachi-ness' , 'Peachy-ness' , 'Pearly King' , 'Pink Pearl' , 'Pink Veil' , 'Pink-ness' , 'Red Copper Glow' , 'Red Robin' , 'Red Tip' , 'Rose Marie' , 'Rose Queen' , 'Rowancroft' , 'Rowancroft Coral Pink' , 'Salmon Queen' , 'Savill Orange' , 'Savill Orange' , 'Savill Orange' , 'September Cheer' , 'Showa' , 'Signalman' , 'Sunshine' , 'Titan' , 'Tundra' , 'White Glow' , 'White Profusion' , 'White Swan' , 'White Wax' , 'White-ness' , 'Wilfred Fox' , 'Wilfrid Fox' , 'Windsor Gold' , 'Winter Cheer' , 'Wisley Gold'


 参考

1) Flora of China
  Sorbus
   http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=130718
 ROSACEAE
   http://foc.bio-mirror.cn/mss/volume09/Rosaceae.PDF
2) Flora of North America
 Sorbus
 http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=1&taxon_id=130718
3) GRIN
 Sorbus
 https://npgsweb.ars-grin.gov/gringlobal/taxonomygenus.aspx?id=11300
4) Sorbus aria - Forest 
 Sorbus aria
 Sorbus_aria.pdf
5) Sorbus pseudohupehensis 'Pink Pagoda' - Ortosemplice.it
 Sorbus pseudohupehensis 'Pink Pagoda'
 http://www.ortosemplice.it/piante/sorbus-pseudohupehensis-pink-pagoda/

TOP Back