アズキナシ  小豆梨
[別名] ハカリノメ(秤の目)
[中国名] 水榆花楸 shui yu hua qiu
[学名] Sorbus alnifolia (Sieb.et Zucc.) C. Koch.
バラ科 Rosaceae  ナナカマド属
三河の植物観察
アズキナシの花序
アズキナシ花序2
アズキナシの萼
アズキナシの果実
アズキナシの種子
アズキナシの幹
アズキナシ
アズキナシ果期
アズキナシの葉
アズキナシ果実の中
 和名の由来は果実が梨の似て、アズキのように小さいことから。別名は枝の皮目が白色で、秤の目盛りのように見えることから。幹は灰黒褐色、皮目がある。葉は互生し、長さ5~10㎝の卵形~楕円形、鋭尖頭。葉縁は浅い重鋸歯縁、側脈が裏側へ突き出て目立つ。花は直径約1㎝の白色の五弁花。花弁は円形、雄しべは約20個、花柱は2個。果実(梨状果)は長さ約8㎜の楕円形、皮目があり、秋~冬に赤く熟す。
 ウラジロノキは葉の裏に綿毛が密生し、白色。
[花期] 5~6月
[果期] 11~翌1月
[樹高] 10~15m
[生活型] 落葉高木
[生育場所] 日当たりのよい山地の林縁
[分布] 在来種、北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、台湾、ロシア
[撮影] 幸田町   12.5.4
TOP Back