キュウリグサ  胡瓜草
[別名] タビラコ
[中国名] 附地菜 fu di cai
[英名] cucumber herb
[学名] Trigonotis peduncularis (Trevis.) Benth. ex Baker et S. Moore
ムラサキ科 Boraginaceae  キュウリグサ属
三河の植物観察
キュウリグサの花
キュウリグサの花
キュウリグサの苞葉
キュウリグサの果実
キュウリグサの分果
キュウリグサ
キュウリグサの葉表
キュウリグサの葉裏
 葉をもむとキュウリのような臭いがする。下部の葉は長さ1~3㎝の卵円形で、基部が細くなって柄となり、上部の葉には柄がない。茎の先に花序の先端が巻いているサソリ形の花序を出す。花後に花序は伸びる。花は淡青色で、直径は約2㎜。萼は果期になっても長くならない。苞葉は葉と同形で、花序の下部の2~3個の花だけにつく。果実は4分果。分果は四面体形。
 オニタビラコも別名タビラコといわれる。
 特徴的な花序がないときは淡青色のハナイバナと混同しやすい。花序があれば、ハナイバナは花1個ごとに必ず苞葉がつくことで簡単に見分けられる。
[花期] 3~11月
[草丈] 15~30㎝
[生活型] 越年草
[生育場所] 道端、土手
[分布] 在来種 日本全土、アジアの温帯、東ヨーロッパ原産
[撮影] 蒲郡市  06.3.26
TOP Back